デイトレード

海外投資家の先物売買に変化の兆し

海外投資家の先物売買に変化の兆し

【記者会見要旨】安達審議委員(札幌、6月2日分)


北海道経済は、二番目のご質問にもありますのでここでは簡単に申し上げますと、オミクロン株のまん延で 1~3 月期に思い切り落ちたところから回復を見せている、というのが概ねの状況だと思います。ただ、足許のウクライナ情勢や原材料価格の高騰、円安等もあって、先行きに対しては懸念を持っている企業の数が足許増えているとの印象を受けました。より長期の話として、北海道は、食、農業・漁業などの第一次産業が非常に強い地域だと思いますが、その中で、高齢化や人口減少社会を迎える中、例えばDXを利用するとか、そういう形で北海道経済の持つ強みを長期的により活かすにはどうすればよいか、といった課題に、財界の方々および個別企業の方々が熱心に取り組んでいらっしゃる様子が窺われました。金融面では、感染症対策ということで金融機関が尽力され、融資を実行して企業の資金繰りを支えることを行ってこられたわけです。その結果、足許総じて企業の資金繰り悪化はみられないものの、足 2許の原材料価格の高騰等で今後収益環境が悪化すれば、資金繰りにも何らかの問題が生じるかもしれないという懸念があるというご説明を頂きました。


二番目の金融経済情勢は、先ほど話をさせて頂いたところもありますが、足許どうかというと、特に 1~3 月期は、北海道経済は個人消費のウエイトが高い中、オミクロン株の影響でサービス消費等を中心にかなり強い下押し圧力がかかりましたが、4 月以降、回復を見せているところです。特にゴールデンウイーク辺りは、人流の回復も相応にみられて、持ち直しから横ばい圏内に入ってきている状況です。ただし、先行きについては、既に申し上げた通り、原材料価格の高騰、円安、そしてウクライナ情勢の影響によって懸念を持つ企業が増えている印象です。これは北海道経済の特徴でもありますが、特に国内サービス産業が多いので、円安についてはどちらかというとマイナスと意識している企業が多いとの印象を受けました。


(答) 基本的に想定していた持ち直しの動きの一つの側面としては、輸出が比較的堅調であり、そして輸出の裏にある生産もそこそこ堅調でした。しかし、ごく足許で、やや懸念が高まっているというのは、ご指摘のように、生産が落ちているというところで現れていますので、下振れリスクが比較的大きくなっている印象があります。一方で、もう一つ、2月、3月辺りから懸念していたことは、各種値上げの動きが個人消費に大きな下押し圧力をかけるのではないかということでしたが、私がみる限り、色々なミクロデータを含めて意外と底堅い印象があります。また、景気ウォッチャー調査をみても、家計はやはり先行きに懸念を持っていますが、実際には、1~3 月期のオミクロン株のまん延から底打ちして、比較的堅調というか、底堅いのかなと思っています。また、家計の値上げ許容度も比較的上昇しているというか許容しているので、そこは良い意味で期待を裏切っているところがあります。このため、総合評価ではプラス・マイナスゼロになっているという認識です。


(問) 賃金上昇についてお尋ねしたいと思います。輸出産業では業績が好調で、賃金上昇の波というか兆しが出てきているのかなと思いますけれども、その点について、現時点でどうご覧になっていますでしょうか。 もう一点は、今回の講演の中で、日本の雇用形態について言及されているかと思いますが、この雇用形態の変化といったものが、今後の賃金に関して、どういった影響を与えているのか、その辺りの話を伺えますでしょうか。


(答) まず、今年度につきましては、まだ絶対水準というか、デフレが解消するほどの賃上げ圧力はみられていないのが現状ですが、それでも、特に業績の良い大企業中心に、賃上げの動きは予想したよりも強かったように思います。 4また、6 月、7 月辺りに支払われる賞与に関しても、見通しとしてはそれほど暗くはない状況かと思います。その理由は基本的にははっきりしていて、昨年度の売り上げや収益が相対的に良かったところがあると思います。ただ、持続性については、価格転嫁の状況に依存するところもあるとは思いますが、まだ予断なくというか、どちらかというと慎重に見る必要があると思っています。来年度、どれくらいの賃上げ等が今年度に引き続いて行われるかというところが、デフレ解消に向けては非常に重要な要因になると思っています。

(答) まず一点目のインバウンド復活の兆しというか可能性については、今回北海道の財界の方々と色々な話をさせて頂く機会がありましたが、基本的には皆さま非常に歓迎していました。ただ、まだ制限付きということで、急に復 活するわけではありませんので、幾分慎重な見方をされていたかと思います。 ただ、方向性としては、やはりインバウンドが戻ってくることで、今までのコ ロナ禍から少し一歩踏み出す良い機会になるのではないかと期待しています。 一方で、北海道に限らないとは思いますが、コロナ禍の状況で廃業される方も 結構いらっしゃいます。これまではあまり表に出てこなかったサプライサイド、 つまりサービスを提供する方の供給というのも非常に重要です。今回お話しさ せて頂いた方の中にも、果たして供給が追い付いていけるのかということを心 配されている方もおられましたので、注意する必要があると思います。 二点目の米国については、可能性はどれくらいかを具体的に数字でお 示しすることはできないのですが、今の米国のインフレの状況をみると、これ は原材料価格の高騰ももちろんありますが、それは一部であって、基本的には 海外投資家の先物売買に変化の兆し 賃金上昇圧力の高さや住宅価格の上昇に伴う住居費関連の上昇が非常に大き いと思っており、講演でもそういう話をさせて頂きました。逆に言うと、そこ が解消しないと米国のインフレも解消しませんので、住宅価格の上昇が相応に 減速するとか、株価の調整が進むということがないと、米国のインフレの減速 はみられない可能性もあります。そういう意味では、現在円安は進んでいます が、米国の景気減速によって逆の方向に進むリスクも、十分意識しておく必要 があるのではないかと思っています。

(問) 一点目は、午前の講演で、金融引き締めが時期尚早であり、その理由 として企業や家計の借入負担の増大を指摘されておられました。これは、ある 意味常に存在する問題だと思いますが、今回あえて言及されておられるのは、 やはりより慎重に対応するべき局面にあるということを強調されたいという ことでしょうか。 二点目は、先ほど家計の値上げ許容度が上がっているとおっしゃいま したが、インフレ期待、実際のインフレ見通しが上振れる可能性、既に上振れ る見通しの方が強いのか、この辺の見通しをお伺いします。

(答) 金融政策の観点から申し上げると、現状、目先の円安について、金融 政策で対処してほしいという要望が比較的寄せられます。しかし、今回の場合、 コロナ禍からようやく立ち直るという言い方まではいきませんが、ウィズコロ ナであっても経済活動をこれから本格化していくという状況です。しかも、そ れ以前のコロナ禍の状況において、かなりの金融的な支援を受けて何とか存続 してきた企業が、今度は資金を返済しないといけない中、資金の返済を含めた 企業金融面の話は、コロナ禍からの正常化を迎えるにあたって、おそらく従来 にも増して非常に重要な要因だと思っています。ですので、正常化について必 ずしも慎重化しないといけないという意味合いは含んでいないのですが、円安 による物価上昇、コスト高に対応しなければならないという比較的一方的な話 が進んでいたので、実際の経済の運営の観点からは必ずしもそうではない、と いうことを指摘させて頂いたつもりです。 二点目の値上げ許容度につきましては、生活必需品に近い食品などの 価格が上がっている割には消費が大きく下がっていないという状況で、高まっ ているというより底堅いという感じだと思います。インフレ期待については、 コロナ禍の前半にかなり落ちたところからは大きく上がってきています。しか し、家計が全体としてインフレを意識するほど上がっているか、言い換えると、 食料品等を中心に起こっている現状のインフレが、どんどん他の財にも波及し ていき、全体としてインフレが中長期的に続くと予想され始めているか、と言 われると、そこまでは至っていないのではないかと思います。

(問) 一点目は、午前の挨拶で、委員は現時点では金融政策の引き締め方向 への修正は時期尚早として、いくつかの点を挙げて強調されましたけれども、 それではどういう条件が整えば、また、いつになったら金融政策の修正の議論 が可能になるのかというところをお聞かせ頂きたいと思います。 二点目ですが、同じく挨拶では、アメリカ・中国の景気の下振れリス クということを強調されていましたが、委員としては、現時点で追加緩和の是 非についてはどのようにお考えでしょうか。

(答) 金融政策の正常化については、基本に立ち返ると、まずは 2%の「物価安定の目標」を達成するということだと思います。現状の金融政策運営上、 フォワードガイダンスもありますので、原油価格など──私は生鮮食品価格も 同様だと思いますが──の短期的な変動を均したうえで、いわゆる実力ベース での 2%近傍の物価上昇をまずは実現する。そして、1 年程度とも言われてい ますが、安定してから、という話ですので、基本的にはそれに準ずるべきだと 思っています。ただ、状況は色々変化しますので、期間について、例えばきっ ちり 1 年でなければだめなのか、などといった話はもう少しフレキシブルでも よいかもしれません。基本的には従来からの基準に準ずるべきであって、かつ、 いつまでになどの期間は定めない方がよいと思っています。 二番目の追加緩和についてですが、これはなかなか難しい議論です。 というのは、コロナで状況が複雑化しています。例えば、コロナ関連の融資の 継続如何にもよりますが、そのような形で金融機関の尽力がコロナ禍では非常 に大きかったと思っています。例えば、コロナ禍で特にサービス産業の需要が 壊滅的になくなった状況のもとでも、廃業がたくさん出るとか、企業倒産がた くさん出るというような状況がなんとか少なく済んだのは、基本的には企業金 融面の支援がうまくできたからだと思っています。そこで単純に追加緩和をす ることになると、金融機関の収益に対する悪影響を想定しないといけない状況 になっているというのが一般論だと思います。本当の状況を精査しなければな らないのは事実ですが、あえて追加緩和をして、なおかつマクロ環境の大きな 下振れに対するプラス効果が出るのかどうか未知数です。もし、そのマイナス の影響を相殺して余りあるプラスの効果があるのであれば当然果敢に実施す べきです。しかし、その辺については、現状では非常に大きな視点に立って、 世界経済の変調の中で追加緩和をすべきだというような見方に関しては、基本 線ではそうだと思いますが、もう少ししっかりとみておく必要があると考えて います。

(問) 午前中の挨拶の中で、2%の物価目標を実現するために、企業の価格引 き上げが 2%の物価安定の目標の大きなカタリストになると言われていました けれども、これはどれほど実現する可能性があるのか、ということを教えてく ださい。

(答) 具体的な数字、パーセンテージで話をすることはできませんが、確か に、一部商品ではあるものの今回の価格転嫁の拡がりがりについては、コスト プッシュの影響が大きいのは事実です。もっとも、例えば日銀短観の販売価格 判断DIを色々な業種でみると、次の四半期に販売価格を引き上げたい、と答 えている企業の比率は、驚くほど上がってきていると私は思います。それは、 コストプッシュの影響であるとはいえ、価格転嫁をしても、それなりに需要は ついてくるというご判断をされている企業の経営者の方が多いのだと思って います。ですので、先ほどのご質問にありましたように、講演では米国・中国 の下押し圧力の話を強調しましたが、逆に価格転嫁が進むことによって、 ひょっとしたらインフレ率が実力ベースでも 2%に近づく可能性も実はあると いうことです。そういう意味では、両極端のシナリオが想定しようと思えば想 定できるという、かなり不確実性が上下に大きい状況かと考えています。

外国人投資家の動きは何故大事?その動きを利用した投資戦略とは!?

次に2について。
私自身、以前証券会社の自己勘定部門において国内外の顧客からの注文を受けていた経験がありますが、外国人投資家の注文は国内の機関投資家の注文とは異なる傾向がありました。
国内の機関投資家は一般的に、市場にインパクトを与えないように、買いたい(売りたい)目標金額を数日に分けて分散注文してくることが多いです。また注文の仕方も、成行注文などは極力使わずに、VWAP-G取引やVWAP-T取引などを使い、株価へのインパクトを極力抑えようとします。 海外投資家の先物売買に変化の兆し 海外投資家の先物売買に変化の兆し
他方、外国人投資家は、買いたい(売りたい)目標金額が、1日の平均売買代金の〇〇%、或いは〇倍を占めていても、インパクトをあまり気にせずに注文してきます。例えば、買い方ひとつ見ても、下の指値でじっと待つのではなく、どんどん売り指値をとっていくような買い方をしてくることもあります。
従って、外国人の売買動向が市場に方向性を与える大きな要因になり得ると言えるでしょう。


外国人投資家の売買動向を投資戦略に活かすには!?

株価の動きと売買動向の動きが綺麗に連動しているように見えませんか?
つまり、「外人が売り越しだ、買い越しだ!」などを議論するのではなく、その売買動向のトレンドを見ることが大事だということになります。

赤丸で囲った部分がゴールデンクロス、デッドクロスが起こった場所になります。
これを見る限り、コロナショックの下落をいち早く察知し、またその後の株価反発もしっかり的中できています。
唯一、1番目の赤丸で起こったデッドクロスが騙しのケースになりますが、これを回避する手法として、更に売買動向の金額がマイナスかプラスかも見るようにしていただければと思います。

  • » 売買動向の数値がマイナス圏で起こったゴールデンクロス
  • » 売買動向の数値がプラス圏で起こったデッドクロス


今後の展望は?

足元の株式市場は、日経平均株価が3万円の大台をうかがう展開となっており、非常に強い上昇トレンドとなっております。しかし相場のトレンドはいずれは潮目が変わるもの。それが一体いつなのか?と知りたくなるところですが、外国人投資家の動向に注目するならば、次にプラス圏でデッドクロスが起こった時になります。
図を見る限り、13週と26週の移動平均との間に、まだ少し乖離がありますから、今すぐに起きるとは言えません。しかし、このまま時間が経てば、26週が13週に追いついてくることは必然ですので、その時が要注意かもしれません。

このサイトについて

eワラントジャーナルは、投資、経済、金融に関する情報を配信するメディアです。「投資をもっとお手軽に、もっと面白くする」カイカ証券が運営しています。
©2021 CAICA Securities Inc.
※eワラント証券株式会社は、カイカ証券株式会社の旧商号です。

関連リンク

zaif_pr

イーワラントとは?

eワラントは大きな値動きが特長の金融商品です。小額で、損失限定なのに、レバレッジをかけて相場の上昇局面、下落局面のいずれでも利益を狙えます。
eワラントのお取引をはじめるには、お取引口座の開設が必要です。カイカ証券では新規口座の開設を承っております。取引委託手数料は無料(0円)です。
商品解説資料「マンガでわかるeワラントの始め方」は、こちら からダウンロードできます(無料)。

Pick Up

サイト内検索

eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式(上場投資信託等を含む)・株価指数、預託証券、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)、暗号資産先物(リンク債)、暗号資産先物インデックスリンク債の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、 一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。 また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。 海外投資家の先物売買に変化の兆し ニアピン(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。 また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。 同一満期日を持つ全ての種類のニアピンを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。 トラッカー(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)、暗号資産先物(リンク債)、暗号資産先物インデックスリンク債の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。 このため、投資元本の保証がなく、損失が生じるおそれがあります。トラッカーの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。 また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーの価格も影響を受けます。 なお、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。
商号等/カイカ証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2526号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
取引委託手数料は無料(0円)です。また、お客様の購入価格と売却価格には価格差(売買スプレッド)があります。トラッカーの購入価格には年率で計算された管理コストが予め含まれています。また、暗号資産先物インデックス(リンク債)を対象とするトラッカーでは、原資産価格に管理コストが織り込まれていきます、これは保有期間に応じて投資家が負担する間接的なコストとなります。管理コストは、計算時点におけるマーケット・メーカーのヘッジコスト(金利水準、ヘッジ対象の流動性、資金調達コスト等を含む)の予想に基づいて設定され、銘柄および購入時点によって異なる可能性があります。

【免責事項】1.「日経平均株価」は、株式会社日本経済新聞社によって独自に開発された手法によって、算出される著作物であり、株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」自体及び「日経平均株価」を算定する手法に対して、著作権その他一切の知的財産権を有している。2.「日経」及び「日経平均株価」を示す標章に関する商標権その他の知的財産権は、全て株式会社日本経済新聞社に帰属している。3.「本件カバードワラント」は、乙の責任のもとで運用されるものであり、株式会社日本経済新聞社は、その運用及び「本件カバードワラント」の取引に関して、一切の責任を負わない。4.株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」を継続的に公表する義務を負うものではなく、公表の誤謬、遅延又は中断に関して、責任を負わない。5.株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」の構成銘柄、計算方法、その他「日経平均株価」の内容を変える権利及び公表を停止する権利を有している。
©2021- CAICA 海外投資家の先物売買に変化の兆し Securities Inc.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる