株取引

ワンタップでビットコインが買える取引所

ワンタップでビットコインが買える取引所

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリのおすすめ5選|選び方やメリットを説明

暗号資産,仮想通貨,取引所,アプリ

Binanceは24時間365日サポートを受けられる、世界最大規模の取引所です。英語ではありますが、Binanceユーザー向けにブログで情報発信もしています。またBinanceではコミュニティに参加することもできます。単に取引をするだけではなく、世界中のBinanceユーザーとつながることもできるので、モチベーションを上げるのに効果的です。手数料はメイカー:-0.1%、テイカー:0.1%で、30日の取引量に応じて手数料が下がります。

アプリの特徴

・暗号資産の売買 ・チャート機能 ・ライブチャット機能(24時間対応)

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリのおすすめ5選|選び方やメリットを説明

FTXは公式サイトが日本語対応していませんが、アプリでは日本語版が存在します。FTX Payでの支払いやNFT取引など幅広いマーケットに対応している取引所です。

アプリの特徴

MXC(MEXC)

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリのおすすめ5選|選び方やメリットを説明

MXC(MEXC)は海外取引所の中でも多言語に対応しているのが特徴です。日本語にも対応しているため、スムーズに利用できます。

アプリの特徴

BaseFEX

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリのおすすめ5選|選び方やメリットを説明

BaseFEX は、ビットコインなどの先物取引ができる海外取引所です。BaseFEX では最大100倍までのレバレッジ取引が可能です。手数料はメイカー0.02%、テイカー0.06%で、30日間の取引量によって手数料が下がっていきます。また入出金手数料はかかりません。

アプリの特徴

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリを利用するメリット

取引所アプリのメリット

  • どこでも取引できる
  • プッシュ通知機能を利用できる
  • ウィジェット機能を利用できる

メリット①どこでも取引できる

取引所アプリを利用すれば、スマホ1台でどこでも取引が可能です。相場の動きを細かくチェックして、自分のタイミングで売買できるので、利益の最大化を狙えます。一方でパソコンの場合、持ち運び可能なノートパソコンでも場所によっては使えませんし、使えてもモバイルWi-Fiが必要です。

このように取引所アプリはどこでも取引できるので、パソコンでの取引よりも利便性が高くなっています。

メリット②プッシュ通知機能を利用できる

プッシュ通知は様々な設定のもと、一定の条件で自動的に通知を送るサービスです。たとえば取引所アプリの「bitFliyer」は、会社の定める価格変動率を超えた場合にプッシュ通知を送ります。また「DMM Bitcoin」はキャンペーン等のプッシュ通知を設定可能です。

このようなプッシュ通知を自分からリサーチしなくても情報を入手できるので、情報収集の時間を減らせます。取引所アプリにはこのようなサポート機能もあるので、確認してみてください。

メリット③ウィジェット機能を利用できる

アプリを開かなくても、内部の情報を確認できる機能をウィジェット機能と言います。ウィジェットを設定することで、いちいちアプリを開く手間が省けるだけでなく、簡単に必要な関連情報を得られるのです。価格の確認もできるので取引の判断もスピードアップできます。

ビットコインキャッシュ投資の始め方!初心者向けに購入方法・買い方を説明

2017年以前、ビットコインの処理速度にシステム的な限界が存在するため、手数料が高騰するなどといった問題が発生しておりました。
処理速度が向上しない問題(スケーラビリティ問題と呼びます)を解決するために、1度に取引できるデータ量を8倍にしました。(正確にはビットコインキャッシュは「Big Block」というシステムで、ブロックサイズを1MBから8MBにまで拡張しています)
その後ビットコインキャッシュは、ブロックサイズをさらに32MBにまで拡張し、ビットコインよりもシステム的な差別化を進めています。

ビットコインとの共通点

ビットコインキャッシュの買い方/購入の流れ

1:ビットコインキャッシュを購入するための口座開設
2:日本円の入金
3:購入したい金額または数量を指定して購入する

始め方① ビットコインキャッシュを購入するための口座開設

  1. BITPOINTの公式サイトにアクセスし、「口座開設はこちら(無料)」のボタンをクリック
  2. メールアドレスと携帯電話番号を登録する
  3. BITPOINTからのメール・SMSを受け取り、「認証コード」を使ってログイン用のパスワードを設定する
    ⇨ パスワードは8文字以上16文字以下で設定し、半角英字、数字、記号から2種類以上を使う必要があります。
  4. パスワードを使用してログイン
  5. 「口座開設の申込みに進む」をクリック
  6. 本人情報の登録を行う
  7. 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、在留カードのうち1点)をスマホのカメラで撮影して添付
  8. ワンタップでビットコインが買える取引所
  9. BITPOINTによる審査後、口座開設

始め方② 日本円の入金を行う

即時入金は、リアルタイムで口座に入金が反映される方法です。
入金が24時間(毎日16:00〜16:10は除く)いつでも可能で、さらに入金手数料がかかりません。 BITPOINTでは、「PayPay銀行」「住信SBIネット銀行」「イオン銀行」の、3つの銀行が即時入金に対応しています。お得な入金方法なのでこちらを検討してみてはいかがでしょうか。

始め方③:ビットコインキャッシュの数量を指定して購入

BITPOINTは日本円で500円以上から購入することが可能です。
(数量指定の場合は「0.00000001BCH」から買い注文が可能です)
BITPOINT PROの場合は、「0.0001BCH」から取引が可能です。
※BITPOINTとBITPOINT PROについては、次項でそれぞれ紹介します。

ビットコインキャッシュの3つの買い方 / 購入方法

ビットコインキャッシュの購入方法は、「BITPOINT公式アプリ」「BITPOINT」「BITPOINT PRO」の3つから選択できます。
それぞれの詳細を、以下で解説します。

アプリでの買い方

BITPOINTでの買い方

BITPOINTの公式サイトからログインして、「コインを買う」画面から購入金額か数量を選択します。
※画面赤枠参照。「円」の右にある▼を押すことで、数量指定で購入することも可能です。
金額・数量指定後に「確認画面へ」をクリックして6秒以内に確定を押せば、ビットコインキャッシュの購入が完了します。
複雑な操作などは省略されているので、暗号資産(仮想通貨)を取引するのが初めてという方は、BITPOINTから購入を進めることも検討されると良いでしょう。

BITPOINT PROでの買い方

BITPOINT PROとは、板形式でビットコインキャッシュの売買ができる取引サービスです。
「成行」「指値」「逆指値」といった注文方法が選べたり、チャートを分析するのに役立つツールが利用できたりといったメリットがあります。
BITPOINT PROにログインして、「現物」の取引からビットコインキャッシュを選択し、注文方法を決めることで購入の確定が行えます。

ビットコインキャッシュ投資に関連する出来事

ビットコインキャッシュを基軸の通貨とする取引所の登場

海外の一部の暗号資産取引所は、ビットコインキャッシュを基軸通貨として採用しています。 将来的には、ビットコインキャッシュが現在のビットコインのような立場になることも視野に入れているのでしょう。
多くの暗号資産取引所の基軸通貨となれば、流通量と取引を行うユーザー数が増えて、価値が高まる可能性も考えられるのではないでしょうか。

2020年のビットコインキャッシュにおけるハードフォーク

ビットコインキャッシュは、2020年11月にハードフォークを行いました。
新しくビットコインキャッシュノードとビットコインキャッシュABCに分かれることとなりました。ハードフォークの発端は、マイニング報酬の8%を開発資金として徴収するかしないかです。
ビットコインキャッシュノードはこの8%の徴収を行わないとしています。そのため、ハードフォーク前にビットコインキャッシュをマイニングしていた多くのマイナーがこちらのサポートをすると表明しています。大手の暗号資産取引所もビットコインキャッシュノードをサポートすると発表しており、今後はBCHの表記も継承するとしています。

注意事項
こちらのページは、情報提供のみを目的としており、仮想通貨取引等の勧誘を目的としたものではございません。
売買はご自身の判断にて行ってください。
また、お客さまがこの情報をご利用されたことによる行動の一切について責任を負うものではありません。
当社は情報提供のためコンテンツを掲載しておりますが、この情報の正確性・完全性を保証するものではありません。

ワンタップでビットコインが買える取引所

LINE株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤剛、以下「LINE」)のグループ会社であり、LINEの仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役:高永受、以下「LVC」)は、仮想通貨取引サービス「BITMAX」を、本日より提供開始 *1 いたしましたので、お知らせいたします。

「BITMAX」は、国内で月間8,100万人以上が利用する「LINE」上の「LINEウォレット」タブからアクセスでき、仮想通貨取引が未経験の方でもセキュアで簡単にご利用いただける仮想通貨取引サービスです。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の計5種類の仮想通貨を取り扱い、安心・安全にお取引いただくことを最優先にサービスを構築しております。なお、先行してスタートしている日米を除くグローバルで展開している仮想通貨取引所「BITBOX」 *2 とは別サービスとなります。

LINEは、世界中の人とお金の距離をもっと身近にしていくため、LINEならではの様々な金融サービスを開発・提供しており、LINEのグループ会社LINE TECH PLUS PTE. LTD.(所在地:シンガポール、代表取締役:高永受)は、2018年7月より、日米を除くグローバルの仮想通貨取引所「BITBOX」をオープンしております。そして、この度、LVCにおいては、資金決済法に基づく仮想通貨交換業者の登録を受け、日本国内における仮想通貨取引サービス「BITMAX」をオープンいたしました。

■提供開始の背景

LINEは「CLOSING THE DISTANCE」をコーポレートミッションとして掲げ、「LINE」を入り口に、人や情報/コンテンツなどが、いつでも、どこでも、オンライン・オフライン問わず、最適な距離でシームレスに繋がるスマートポータル構想を通して、より良い価値を創造していくことを目指しています。Fintechの領域においても、人とお金が最適な距離で繋がり、安心・安全で利便性の高いユーザー体験を提供していくべく、決済、投資、証券、保険、家計簿、ローン等の領域でチャレンジを続けております。

昨今、国内においてもキャッシュレス化が進むと同時に、テクノロジーの発展によって様々なFintechサービスが誕生し、お金のあり方自体が変化を迎えようとしています。その中で仮想通貨は、Fintechにおける新たなユーザーニーズ、そして技術的な次世代パラダイムの可能性を持つ分野です。また、仮想通貨に用いられるブロックチェーンは、多方面にて実証実験が進み、今後のエコシステムや経済システムを変える可能性を秘めており、LINEでは、独自に開発したブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」を基盤としてエコシステムを構築し、サービス提供者とユーザーの共創関係の構築を目指すトークンエコノミー構想 *3 を発表しております。

*3:「LINE Token Economy」構想を発表。独自のブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」を基盤とした「LINKエコシステム」及び、汎用コイン「LINK Point」と「LINK」を公開 ワンタップでビットコインが買える取引所 https://linefinancialcorp.com/ja/pr/news/2018/13

■「BITMAX」の特徴

1. 安心・安全のセキュリティ対策を講じ、セキュアで安定的なサービスを提供
LINEでは、サービス開始の2011年より、多くのユーザーのコミュニケーションを円滑にするためにセキュリティを最優先に様々なサービスを提供してまいりました。LINEプラットフォームを設計、構築、運用してきた実績のあるチームが、「BITMAX」のセキュリティ環境を構築しています。 仮想通貨においては、世界最高水準の技術を提供するBitGo Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO & Co-founder:Mike Belshe)のウォレットを採用し、万全の態勢を敷いております *4 また、「BITMAX」では、お客様の資産と当社の資産とを明確に分別して管理することとし、取り扱う仮想通貨に対してコールドウォレットによる管理を導入しています。ウォレットの管理については、体制強化のための専門チームを設け、安心・安全を最優先にサービスを提供してまいります。

2. モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」との連携
「LINE Pay」との連携で、スピーディな日本円の入出金が可能となります。さらに、「LINE ワンタップでビットコインが買える取引所 Pay」ですでに本人確認がお済みの方であれば、「BITMAX」での本人確認手続きを短縮することができます。なお、日本円の入金は、「LINE Pay」からの入金、もしくは、「LINE Pay」に登録している銀行口座からの入金の2通りからお選びいただけます。

3. LINEアプリから簡単にアクセス、少額から購入可能
「BITMAX」は、「LINE」上の「LINEウォレット」タブからアクセスでき、仮想通貨取引が未経験の方、初心者の方にもわかりやすいシンプルなUI/UXで、簡単にご利用いただけます。また、1,000円以下からお取引が可能なため、仮想通貨取引を試してみたい方、少額でお取引したい方なども、お使いの「LINE」上から簡単にアクセス、お取引いただけます。

*4:2021年3月24日より、BitGo Inc.のウォレットからLINE Biz Corporationが開発するELIウォレットに移行いたしました。BITMAXのウォレットの管理体制については以下よりご確認いただけます。
ウォレットの管理体制
https://terms2.line.me/lvc_walletmanagement

■「BITMAX」のサービス概要

・対象者:BITMAXアカウント開設のお申し込みにあたっては、下記の要件を満たしている必要があります。
- LINEアカウントをお持ちの方
- 満20歳以上かつ満75歳未満の方
- 日本国内に居住している方

■LINE株式会社の概要
(1) 名称:LINE株式会社
(2) 所在地:東京都新宿区新宿四丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー23階
(3) 代表者:代表取締役社長 CEO 出澤 剛
(4) 事業内容:コミュニケーションアプリ「LINE」およびLINEプラットフォーム上で展開するコンテンツ・サービス、その他ウェブサービス事業、AI事業の提供、運営
(5) 資本金:96,448百万円(2019年6月末時点)
(6) 設立年月日:2000年9月4日

■LVC株式会社の概要
(1) 名称:LVC株式会社
(2) 所在地:東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
(3) 代表者:代表取締役 高 永受/KO YOUNGSU
(4) 事業内容:仮想通貨販売所の運営、およびブロックチェーン関連事業のホールディングス会社
(5) 資本金:4,060百万円
(6) 設立年月日:2018年1月31日
(7) 登録番号:仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00017号

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる