取引ツール

ビットコイン始め方

ビットコイン始め方
一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの(※)

ビットコイン・仮想通貨の始め方を初心者にわかりやすく解説します

ビットコイン・仮想通貨の始め方を初心者にわかりやすく解説します

※3 期間:2022年4月1日(金)~2022年5月31日(火)まで / 実施時間:土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始。WEBサイトに掲載しているマーケットレポートの中で、その日に取り上げた暗号資産銘柄とBTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPYのいずれかの銘柄一つについて、スプレッドを縮小。

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

  • 大手にないが魅力的でマイナーなアルトコインを多く取り扱う
  • 各種手数料が無料
  • 新規口座開設でお得なキャンペーンを実施中

BITPOINT(ビットポイント)は、2017年9月に金融庁の認可を受けた 東証2部上場の株式会社リミックスポイントの子会社 が運営する取引所です。

BITPOINTでは、コインチェックやbitFlyerなどの 大手にはないアルトコイン が取引できるのが最大の特徴です。

BITPOINTの基本情報

bitFlyer

bitFlyer

  • ビットコイン取引量国内6年連続No.1 ※1
  • 15種類のアルトコインを取引可能
  • 各種取引手数料が無料
  • 1円から仮想通貨を購入できる
  • 7年以上ハッキング0

bitFlyerは 「 株式会社bitFlyer」 によって2014年にサービスが開始された仮想通貨取引所です。ビットコインの取り扱い量は仮想通貨業界でトップをひた走っており、 「ビットコイン取引量国内6年連続No.1」 ※1 となっています。

bitFlyerでは 1円から仮想通貨を購入することが可能 です。少額取引可能な仮想通貨取引所でも最低取引金額は500〜1,000円というところが多いので、これは破格の数字と言えるでしょう。

またbitFlyerはセキュリティ対策も万全で、 7年間1度もハッキング被害に遭っていません。 利用者が安心して取引できるようなサポート体制も充実しています。

bitFlyerの基本情報

bitFlyerキャンペーン情報

  • 毎日最大 10 名様に 1,000 円が当たる!アプリ限定ログインボーナスプログラム ビットコイン始め方 ※1

※1 2020 年 7 月 1 日(水)午前 00 時 00 分~ 終了期間未定

GMOコイン

GMOコイン

  • 取扱銘柄数国内No.1 ※1
  • 500円から積立投資を行える「つみたて仮想通貨」
  • 現物の売買からレバレッジ取引まで、1つのアプリでできる
  • 信頼と実績の「GMOインターネットグループ」が運営
  • 各種手数料が無料

GMOコインは 「GMOインターネットグループ」 によって運営されている仮想通貨取引所です。

GMOコインの特徴は取り扱い通貨の豊富さ。現在20種類の仮想通貨を取り扱っており、 取扱銘柄数は国内No.1 ※1 となっています。

また、GMOコインでは仮想通貨取引初心者でも手軽に投資できる 「 つみたて仮想通貨」 を提供しています。

つみたて仮想通貨は 毎月自動的に一定額を仮想通貨に投資してくれる ので、普段忙しくてチャートを気にしていられない人や、仮想通貨の知識があまりない人でも安心です。

GMOコインの基本情報

GMOコイン キャンペーン情報

  • 暗号資産(仮想通貨)の購入で毎日10人に1,000円が当たる!※1
  • 暗号資産FXで毎日1人に1万円が当たる※1

※1 JVCEA 「取扱仮想通貨及び仮想通貨概要説明書」をもとに算出

仮想通貨の代表ビットコインとは何か?特徴を解説!

ビットコインは仮想通貨の代表的な銘柄で、時価総額も全銘柄の中でトップとなっています。この章ではそんな仮想通貨の代表 ビットコインの特徴 について解説していきます。

  • 世界で初めて生まれた仮想通貨
  • 発行の上限枚数が存在する
  • 管理者がいない

世界で初めて生まれた仮想通貨

ビットコインとは何か?特徴を解説!

現在世界には7000種類を超える仮想通貨が存在しますが、その中でも 初めて生み出されたのがビットコイン です。

発行の上限枚数が存在する

ビットコインとは何か?特徴を解説!

ビットコインには 明確な発行上限枚数が存在 します。2100万枚が上限に設定されており、これ以上に枚数が増えることはありません。

管理者がいない

ビットコインとは何か?特徴を解説!

中央管理者がいない ビットコイン始め方 のも、ビットコインの大きな特徴と言えます。通常、通貨というのは中央銀行や政府が発行しています。

仮想通貨やビットコイン初心者におすすめの勉強方法

この章では 仮想通貨初心者におすすめの勉強方法 について解説していきます。以下のような学習方法を試してみてください。

    ビットコイン始め方
  • 実際に取引をしながら学ぶ
  • 書籍で学ぶ
  • YouTubeで学ぶ

実際に取引をしながら学ぶ

実際に取引をしながら、仮想通貨の取引がどのようなものか学ぶというのは非常に有効な方法です。実際に取引をしてみることによって、書籍やサイトに書いてあることを 体感で理解する ことができます。

書籍で学ぶ

書籍で学ぶ場合は難しすぎると挫折するため、 自分にとってわかりやすく書かれている書籍 を購入すると良いでしょう。

YouTubeで学ぶ

しかしYouTubeにアップされている動画の中には 信憑性が欠けるものも多い ので、ご注意ください。

初心者が気になる仮想通貨の使い道は?

初心者の中には「仮想通貨って結局何に使えるの?」と疑問に感じている方も多いでしょう。この章では 初心者が気になる仮想通貨の使い道 について解説していきます。仮想通貨の使い道としては以下のようなものが挙げられます。

  • 買い物での決済
  • 送金手段
  • 寄付
  • 資金調達
  • アプリ開発などのプラットフォーム

買い物での決済

仮想通貨で決済が可能なお店としては ビックカメラやHIS、メガネスーパー などが有名です。国内で仮想通貨決済に対応している店舗はまだまだ少ないですが、着実に増えていくことでしょう。

仮想通貨で送金すれば、 即時に着金し、手数料もかなり抑えられる ので、非常に便利です。

  • 寄付金の使い道がわからない。
  • 無事に必要な人の手元に届いているのかわからない。
  • 手数料が高い

その点、仮想通貨を利用して寄付すれば、 これらの問題を一斉に解決 できます。実際、本格導入に期待されている状態です。NPO法人や赤十字では既に、ビットコインを利用した寄付を受け付けているという事例もあります。

しかし仮想通貨が登場すると、 企業が独自のトークンを発行し、投資家が仮想通貨を用いてそのトークンを買うという構図 になりました。

アプリ開発などのプラットフォーム

仮想通貨は新たな技術を使用して作られているので、その 技術を応用することによって、アプリやシステムなどを作る ビットコイン始め方 ことができるのです。

仮想通貨は今から始めても大丈夫?

仮想通貨(ビットコイン)は今から始めても大丈夫?

未来のことなので断言はできませんが、仮想通貨投資は、 今からでも十分儲かる可能性がある でしょう。儲かると考えられる理由は以下の通りです。

  • ビットコインの価格は上昇し続けている
  • 売りから入る取引もできる
  • ビットコイン以外にも様々な仮想通貨が存在する

ビットコインの価格は上昇し続けている

現に、ビットコインの価格が上昇し続けているというのが、最初の理由です。 2021年下半期、1BTC=750万円前後 。時間の問題で、1BTC=1000万円に到達しそうな勢いです

売りから入る取引もできる

仮想通貨(ビットコイン)は今から始めても大丈夫?

しかし、ビットコイン投資で稼ぐ方法はこれだけではありません。 売りから入り、価格下落後に利益確定する方法 もあるのです。

fa-arrow-circle-o-right 表は右にスクロールできます。

15通貨
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
ETC(イーサリアムクラシック) ビットコイン始め方
XRP(リップル)
BCH(ビットコインキャッシュ)
LTC(ライトコイン)
XLM(ステラルーメン)
XEM(ネム)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
QTUM(クアンタム)
OMG(オーエムジー)
MONA(モナコイン)
XTZ(テゾス)
ENJ(エンジンコイン)
XYM(シンボル)

10通貨
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
BCH(ビットコインキャッシュ)
LTC(ライトコイン)
XRP(リップル)
XEM(ネム)
XLM(ステラルーメン)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
XTZ(テゾス)
OMG(オーエムジー)

ビットコイン以外にも様々な仮想通貨が存在する

仮想通貨(ビットコイン)は今から始めても大丈夫?

最近仮想通貨に興味を持った方の多くは、「仮想通貨=ビットコイン」という認識をしています。しかし、実際には 2021年現在7000以上の種類 が存在します。

仮想通貨の始め方に関するよくある質問

仮想通貨の価格は これからさらに伸びる可能性が十分にあり 、売りから入るトレードもできるので今から投資を始めても十分に稼ぐチャンスがあるでしょう。

しかしリスクがあることは十分理解しておきましょう 。今回の記事を参考にまずは少額からビットコインを購入してみるのもいいでしょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

【初心者向け】暗号資産(仮想通貨)取引の始め方

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの(※)

暗号資産(仮想通貨)の種類

ビットコイン(BTC)

イーサリアム(ETH)

リップル(XRP)

ライトコイン(LTC)

ビットコインキャッシュ(BCH)

ネム(XEM)

ステラルーメン(XLM)

ステラルーメン(XLM)は2022年5月18日時点で時価総額第26位の暗号資産(仮想通貨)です。Stellar Development Foundation(SDF)と呼ばれる非営利団体によって開発・運営が行われています。

ベーシックアテンショントークン(BAT)

オーエムジー(OMG)

テゾス(XTZ)

クアンタム(QTUM)

エンジンコイン(ENJ)

ポルカドット(DOT)

ポルカドットは、イーサリアムの共同創設者でイーサリアム財団(Ethereum Foundation)の元CTOであるGavin Wood氏らが率いるWeb3 Foundationによって考案されたプロジェクトおよびエコシステムの名称です。またポルカドットのエコシステムで流通するネイティブトークンを「DOT」と言います。

コスモス(ATOM)

コスモスは「Internet of Blockchains」の実現を目標としたプロジェクトおよびエコシステムの名称です。またブロックチェーン「コスモスハブ」で流通するネイティブトークンを「ATOM」と言います。

シンボル(XYM)

モナコイン(MONA)

カルダノ(ADA)

メイカー(MKR)

ダイ(DAI)

チェーンリンク(LINK)

FCRコイン(FCR)

FCRコイン(FCR)は、FCRコイン(FCR)はサッカーJ2リーグ所属のFC琉球により発行された暗号資産です。資金調達および同社が提供するプラットフォーム「FC RYUKYU SOCIO」を通じて利用することを目的として発行されました。

暗号資産(仮想通貨)取引の始め方①:口座開設

GMOコインで口座を開設する

①「かんたん本人確認」
「かんたん本人確認」はスマートフォン限定のサービスです。以下6点の本人確認書類のうち、いずれか1点を事前に用意する必要があります。
運転免許証
個人番号カード
在留カード
住民基本台帳カード(顔写真あり)
運転経歴証明書 ビットコイン始め方
特別永住者証明書
「かんたん本人確認」を希望する場合は、スマートフォンから会員ホームにログインし、【本人確認の手続き】-「かんたん本人確認」の[選択する]をタップします。

②「画像アップロード」
「画像アップロード」は、以下10点の本人確認書類のうちいずれか2点を事前に用意する必要があります。
運転免許証
各種健康保険証
パスポート
個人番号カード
住民票の写し
住民基本台帳カード(顔写真あり)
住民票記載事項証明書
印鑑登録証明書
在留カード
特別永住者証明書
「画像アップロード」を希望する場合は、会員ホームの【本人確認の手続き】-「画像アップロード」の[選択する]をタップします。

メールまたは書類を受け取りましたら、口座開設コードを入力します。
口座開設コードの入力は、会員ページまたは『GMOコイン 暗号資産ウォレット』から行います。

暗号資産(仮想通貨)取引の始め方②:日本円入金

「即時入金」は、お客さまの口座へすぐに入金ができるサービスです(※)。「即時入金」ではGMOコインが提携している下記の金融機関のインターネットバンキングをご利用いただけます。
GMOあおぞらネット銀行
楽天銀行
住信SBIネット銀行
PayPay銀行 ビットコイン始め方
Pay-easy(ペイジー)入金(Pay-easyについてはこちら)

※Pay-easy(ペイジー)でのご入金は下記金融機関のネットバンキングのみご利用可能です。
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
それでは、「即時入金」の手順をみていきましょう。
(※)お客さまのご利用環境や即時入金の手続き状況により、入金反映に時間がかかる場合があります

ビットコインキャッシュ投資の始め方!初心者向けに購入方法・買い方を説明

2017年以前、ビットコインの処理速度にシステム的な限界が存在するため、手数料が高騰するなどといった問題が発生しておりました。
処理速度が向上しない問題(スケーラビリティ問題と呼びます)を解決するために、1度に取引できるデータ量を8倍にしました。(正確にはビットコインキャッシュは「Big Block」というシステムで、ブロックサイズを1MBから8MBにまで拡張しています)
その後ビットコインキャッシュは、ブロックサイズをさらに32MBにまで拡張し、ビットコインよりもシステム的な差別化を進めています。

ビットコインとの共通点

ビットコインキャッシュの買い方/購入の流れ

1:ビットコインキャッシュを購入するための口座開設
2:日本円の入金
3:購入したい金額または数量を指定して購入する

始め方① ビットコインキャッシュを購入するための口座開設

  1. BITPOINTの公式サイトにアクセスし、「口座開設はこちら(無料)」のボタンをクリック
  2. メールアドレスと携帯電話番号を登録する
  3. BITPOINTからのメール・SMSを受け取り、「認証コード」を使ってログイン用のパスワードを設定する
    ⇨ パスワードは8文字以上16文字以下で設定し、半角英字、数字、記号から2種類以上を使う必要があります。
  4. パスワードを使用してログイン
  5. 「口座開設の申込みに進む」をクリック
  6. 本人情報の登録を行う
  7. 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、在留カードのうち1点)をスマホのカメラで撮影して添付
  8. BITPOINTによる審査後、口座開設

始め方② 日本円の入金を行う

即時入金は、リアルタイムで口座に入金が反映される方法です。
入金が24時間(毎日16:00〜16:10は除く)いつでも可能で、さらに入金手数料がかかりません。 BITPOINTでは、「PayPay銀行」「住信SBIネット銀行」「イオン銀行」の、3つの銀行が即時入金に対応しています。お得な入金方法なのでこちらを検討してみてはいかがでしょうか。

始め方③:ビットコインキャッシュの数量を指定して購入

BITPOINTは日本円で500円以上から購入することが可能です。
(数量指定の場合は「0.00000001BCH」から買い注文が可能です)
BITPOINT PROの場合は、「0.0001BCH」から取引が可能です。
※BITPOINTとBITPOINT PROについては、次項でそれぞれ紹介します。

ビットコインキャッシュの3つの買い方 / 購入方法

ビットコインキャッシュの購入方法は、「BITPOINT公式アプリ」「BITPOINT」「BITPOINT PRO」の3つから選択できます。
それぞれの詳細を、以下で解説します。

アプリでの買い方

ビットコイン始め方

BITPOINTでの買い方

BITPOINTの公式サイトからログインして、「コインを買う」画面から購入金額か数量を選択します。
※画面赤枠参照。「円」の右にある▼を押すことで、数量指定で購入することも可能です。
金額・数量指定後に「確認画面へ」をクリックして6秒以内に確定を押せば、ビットコインキャッシュの購入が完了します。
複雑な操作などは省略されているので、暗号資産(仮想通貨)を取引するのが初めてという方は、BITPOINTから購入を進めることも検討されると良いでしょう。

BITPOINT PROでの買い方

BITPOINT PROとは、板形式でビットコインキャッシュの売買ができる取引サービスです。
「成行」「指値」「逆指値」といった注文方法が選べたり、チャートを分析するのに役立つツールが利用できたりといったメリットがあります。
BITPOINT PROにログインして、「現物」の取引からビットコインキャッシュを選択し、注文方法を決めることで購入の確定が行えます。

ビットコインキャッシュ投資に関連する出来事

ビットコインキャッシュを基軸の通貨とする取引所の登場

海外の一部の暗号資産取引所は、ビットコインキャッシュを基軸通貨として採用しています。 将来的には、ビットコインキャッシュが現在のビットコインのような立場になることも視野に入れているのでしょう。
多くの暗号資産取引所の基軸通貨となれば、流通量と取引を行うユーザー数が増えて、価値が高まる可能性も考えられるのではないでしょうか。

2020年のビットコインキャッシュにおけるハードフォーク

ビットコインキャッシュは、2020年11月にハードフォークを行いました。
新しくビットコインキャッシュノードとビットコインキャッシュABCに分かれることとなりました。ハードフォークの発端は、マイニング報酬の8%を開発資金として徴収するかしないかです。
ビットコインキャッシュノードはこの8%の徴収を行わないとしています。そのため、ハードフォーク前にビットコインキャッシュをマイニングしていた多くのマイナーがこちらのサポートをすると表明しています。大手の暗号資産取引所もビットコインキャッシュノードをサポートすると発表しており、今後はBCHの表記も継承するとしています。

注意事項
こちらのページは、情報提供のみを目的としており、仮想通貨取引等の勧誘を目的としたものではございません。
売買はご自身の判断にて行ってください。
また、お客さまがこの情報をご利用されたことによる行動の一切について責任を負うものではありません。
当社は情報提供のためコンテンツを掲載しておりますが、この情報の正確性・完全性を保証するものではありません。

仮想通貨(ビットコイン)の始め方は?初心者向けに口座開設手順・注意点を解説!

仮想通貨投資の始め方

ビットコイン価格推移

出典:CoinMarketCap|Bitcoin

そして 2021年11月には価格がさらに上昇し、750万円と最高値を更新しています。

あわせて読みたい


仮想通貨は少額からでも投資可能

ただ、仮想通貨は小数点単位で取引可能です。

以上のように仮想通貨の購入単位は自分で設定できるので、1,000円からでも10万円からでも投資できます

小額投資なら仮想通貨積立がおすすめ

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

仮想通貨投資の注意点【必読】

注意点

  • 値動きが荒い
  • 詐欺コインもある
  • 取引所にはハッキングリスクがある

①値動きが荒い

前日比で20~30%もの値動きを見せるケースも珍しくない ビットコイン始め方 ため、これから仮想通貨を始める初心者の方は少額からスタートするようにしましょう。

ただ、値動きの大きな仮想通貨でのレバレッジ取引はリスクが高いため、現物取引から始めるのをおススメします。

②詐欺コインもある

仮想通貨はブロックチェーンの技術を利用することで誰でも作れますが、発行者が悪意ある人物だった場合、 投資したお金を持ち逃げされる可能性 もあります。

③取引所にはハッキングリスクがある

ハッキングのリスクを回避するには、購入した仮想通貨を自分のウォレットに保管すると良いでしょう。

あわせて読みたい

【まとめ】仮想通貨投資のやり方

まとめ

  • ビットコインは10年間で0円から200万円へと値上がりした仮想通貨
  • 様々な仮想通貨取引所でビットコインを買えるが、取引所には選ぶポイントがある
  • 初心者でもスマホアプリで簡単に操作できる取引所「コインチェック」がおすすめ

\2,500円相当のBTCがもらえる/

今なら口座開設&入金で、全員に2,500円相当のビットコインをプレゼント!
6月30日までの期間限定キャンペーンなので、口座開設はお早めに。

あわせて読みたい

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

投資信託の手数料

信託報酬の目安/平均は?投資信託の手数料は高い?抑えるコツを解説

セゾンカード

【厳選5選】セゾンカードのおすすめ徹底比較!作り方もご紹介【永久不滅ポイント】

アクセスランキング

限定キャンペーン

New Posts

おすすめネット証券

投資初心者

VAW アイキャッチ

Podcast更新情報

マイメイト(アイキャッチ)

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。
(株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

経験者が語る あの「ビットコインバブル」

左からAさん(36歳)、Bさん(35歳)、Cさん(36歳)。3名とも都内の企業に勤める会社員

ビットコインではなく、他のコインにも投資

――当時、どんな暗号資産に投資していましたか?

Aさん: ビットコインの価格が8万円くらいだったときに、およそ250万円分のビットコインを購入しました。その後、アルトコインと呼ばれるリップル、イーサリウムやその他のマイナーな草コインにも投資していましたね。投資額は全部で700〜800万円くらいだったと思います。

Bさん: 私は2017年12月ごろに暗号資産への投資をはじめました。価格がだいぶ上がってしまっていたビットコインには手を出さず、リップルに500万円くらい投資しました。その他にはトロンなど。ロシアの取引所にも登録して、そこでしか扱っていないような怪しげなコインも買っていました。すべて合わせたら700万円くらい。

Aさん: ビットコインが100万円を越えたくらいのころだよね。

Bさん: リップルなんて最初に投資したときは80円だった。250万円分くらい買ったら、価格が一気に上がったので、もう250万円くらい追加したんですよ。取得単価の平均は100円〜120円くらい。それが300円くらいまで上がって「おーっ」となっていたら…。まぁ…。いまに至る…。

Cさん: 僕も2017年の12月の頭くらい。その時にネムとイーサリアムを買いました。バイナンス(※海外の暗号資産取引所。世界有数の規模を誇る)で扱っているコインのアルファベットの語呂を見て「これ上がりそうだな」と10銘柄くらいを10万円ずつ買って、一発を狙いにいきました。あと2018年の年明けにイーサリアムの価格が安定していたので、さらに技術的な部分も一応調べて、そこに500万円くらい入れました。合計の投資額は1000万円くらいですかね。

Aさん・Bさん: フルスイングしてるなぁ(笑)

暴落後、資産価値はどれくらいに?

――みなさん、暴落後はそのまま塩漬け状態だそうですが、価値はどれくらいになったんですか?

Aさん: ネム、リップル、草コインは放置。全体で当初の投資額の10分の1くらいになったと思います。

Bさん: なんか、空気がどんよりしてきた…。私は500万円分あったリップルが、いまは150万円分くらいになっていると思います。他のコインに投資した100万円くらいは、まあなくっているんじゃないかな…。もはや、取引所のIDとパスワードですら覚えていない。

Cさん: IDとパスワード忘れるのはやばいよ。

Bさん: ほらスマホを変えると、認証が必要で、取引所に問い合わせをしなければいけないんだけど、それすらもめんどくさくてやっていない。もう思い出したくない…。

Cさん: 僕は当初の投資額の3分の1くらいになっていますかね。イーサリアムは5年とか10年保有してもいいかなと思っています。技術面や基軸通貨で使われていたりするので、それなりに実用化に向けた何かがあるんじゃないかと。

寝ても覚めてもスマホを見ていたあの頃

――壮絶な下落を経験されているんですね…。つらいかもしれませんが、2017年末から2018年はじめのあの頃を思い出していただけますか?

Cさん: 正直、売りどきがわからなくなっていました。当時の暗号資産はすぐに何倍にもなった。自分で、「損切り」も利益を確定させるポイントも決めていなかったので。

Aさん: 当時ってやっぱり、寝ても覚めてもスマホの画面を見ていたんですよ。起きて最初にみるのも、暗号資産の価格なんです。寝ている間に1.5倍とか2倍とかになったり、目が覚めたら100万円プラスになっていたりということがあったので、ずっと見ちゃう。当時を振り返れば、元本だけでも抜ければよかったと思いますね。残りは寝かせておけばいいんだから。

Bさん: でも、あの上がり方を見ていたら抜けないよね…。

Aさん: 僕、堅実派だから、僕ひとりだったら抜くんですけど、まわりがみんな投資していて、儲かっていたから、自分だけ損しちゃうかなと思って抜けなかった。

Bさん: それ堅実派とは言わないから(笑)

Cさん: 振り返れば、損を出さずに済んだポイントがいくつもありました。損する人がいて儲かる人がいるわけだから、どこかで何か(暴落)が起こるぞみたいな予感はあった。

Aさん: そんな話はしていたね。そもそもバブルのときって、僕もこの二人に情報操作されていた。二人は強気なんですよ。「大丈夫、大丈夫」って(笑)。

Cさん: お前結構心配してたよな。

Aさん: バブルがはじける1週間くらい前に、急激に落ちて急激に上がった時があったよね。僕はその時に一回売っているんです。でも二人は「大丈夫」って売らなかった。せっかく元本割れしないように売ったのに、その数時間後にまた上がってるじゃないですか。僕は震えながらお風呂場でスマホの画面を見てました。その後、もう一回買い直して、そのまま持ち続けたんですけど、今度は下落が止まらず…。この3人のなかでは一番損していると思います。

みんなが儲かることはない

――みなさんがある種の熱狂の中にいたんだと思います。結構な額をつぎ込んでいる印象があります。

Aさん: 最初は自分のなかで無くなってもいい額を投資していたんです。自分の資産の1割未満とか。それを突っ込んだときに3日間とか4日間で2倍になったら、もうちょっとお金を入れたくなりますよね。

Bさん: そういうことだよね。あとは、儲けたい額からの逆算ですよね。たぶんその時は5億円くらいほしかったんでしょうね(笑)。5億あったら引退できそうだし。

Cさん: 多分、今までにはない金額が見えてしまったんだと思います。この上がり方でいったらどこまでいくの?あっという間に億万長者になれるかも!という感じで。

Aさん: バブルの前半、ビットコイン価格が高騰した1カ月で運用を終わらせたら儲かったはずなんです。でも、周りがみんな儲かると言っているときに、自分だけ全部売ってしまうのは難しい。

――改めて、当時を振り返って学んだことはありますか?

Cさん: 全員が儲かることはない、ということを改めて学びました。ほかの人と違う視点をいかにもつか。あとは、自分が何のために買っているかを考え、いくらで損切りするかといったルールを設けているか。改めて投資をするのに大切なことを教えられました。

Bさん: 何かしらの優位性がないと厳しいなと思いました。早く暗号資産投資を始めたひとは、早く始めたこと自体が優位性だと思います。安いときに買ったとか。それがないとただのギャンブルになってしまう。

Aさん: 人生に一度あるかないかのチャンスだったと思うんです。なので、やるかやらないかで言ったらやってよかったかなと。

Bさん: ビットコイン始め方 すごく前向きだな!

Aさん: だって、あの高揚感はすごかったよ、やっぱり。

宝くじを買う感覚で

――ちなみに、これから暗号資産投資を始める人にアドバイスはありますか?

Aさん: 自分の資産のうちでできる範囲内なら良いと思います。それと、どんな投資も元本だけは回収しようということですかね。元本を回収できれば、余裕が生まれる気がしますし。運用って、結局余裕がある人が勝つのかなと思っていて。

Bさん: 宝くじ買う感覚でやったほうが良いかもしれないですね。宝くじに500万円突っ込むかといったら突っ込まないですよね。何も見通しが立たないじゃないですか。上がるのか、下がるのかわからない。

Cさん: 宝くじよりはわかるんじゃない?

Bさん: 倍率の話ね。感覚的には上がるか下がるかは半々でどっちにもいく可能性があるので、暗号資産に関しては宝くじに近い感じがしている。いまから買うのなら、資産の多くを注ぎ込むようなフルスイングはおすすめしません。

Cさん: あとその仮想通貨がどのような目的で作られているのかを理解し、投資の価値があると思って買うべき。それでダメでも納得がいくと思うんです。自分なりの知識や確信をもって投資するのが大切だなと感じています。

Bさん: お金持ちになりたいと意志をもって行動し続けるのはすごく大事。だけど、すぐに成功できるとかはないなと思っていて、この投資だったら投資の道で勝つにはそれなりの経験と努力が必要だなと思っています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる