テクニカル分析

インサイダー リスクの管理

インサイダー リスクの管理
マツザキ:私は中古マンションを買って、自分の好きなようにリノベできたらな……と思っているんですが、中古マンションの買い方にコツってあるんでしょうか? 佐藤:そうですね、最近は新築を買う人よりも中古を買う人の方が圧倒的に増えたのですが、「中古がいいな」と思っていても築浅を狙う人がけっこう多いんです。でも「築浅がベストではない」ということは知っておくといいと思います。 むしろ大切なのは、建物の管理状況。マンションはコンクリートでできていて、国土交通省が物理的に100年以上もつという推定を出しています。ただ、人間と同じくメンテナンス次第で寿命が伸びたり縮んだりすると言われてるんです。

平均給与の4倍になることも! ロシア軍、高額報酬を約束し、兵士の補充を急ぐ

ウクライナでの戦争が続く中、ロシア軍は契約金を払って兵士を補充しようとしている。 都市によっては、3カ月の契約に署名した新兵に支払われる金額が現地の平均給与の4倍になることもあるという。 この戦争でロシア軍の兵士2万人以上が死亡したと、イギリスの国防担当閣外大臣は話している。 兵士が不足しているロシア軍は、契約金を払って補充しようとしていると、モスクワ・タイムズが報じた。 首都モスクワから南に200キロほど離れたトゥーラでは、3カ月の兵役契約に署名した新兵には月17万ルーブル(約38万円)以上の手当が支払われるという ── これはこの地域の平均給与の約4倍にあたると、モスクワ・タイムズが現地の広告とロシア連邦統計局のデータを引用して報じた。 チェチェンのリクルーターも、最初の月の給与として30万ルーブル(約67万円)を提示していると、モスクワ・タイムズはラジオ・フリー・ヨーロッパが所有するロシアのニュースメディア『Sever.Realii』を引用して伝えている。 モスクワ・タイムズによると、採用を強化するために各地に仮設の事務所も設置されているという。 ロシア軍は約70%を契約軍人が占めていて、あとは徴集兵だ。ワシントン・ポストによると、契約軍人は3年間、月の報酬約1100ドル(約14万円)の契約を結ぶのが一般的だという。 ロシア軍はウクライナで苦戦を強いられている。『イブニング・スタンダード』によると、イギリスのジェームズ・ヒーピー国防担当閣外大臣は5月18日、ウクライナでの戦争でロシア軍の兵士2万人以上が死亡したと語った。 ロシア大統領府は3月25日、これまでに1351人のロシア兵が死亡したと明かした。その後、死亡者数は更新されていない。 ウクライナのゼレンスキー大統領は4月中旬、ロシアによる侵攻が始まって以来、ウクライナ側は2500~3000人の兵士を失ったとCNNに語っていた。 [原文:Russia's military is offering signing bonuses 4 times as big as monthly salaries to recruit soldiers amid a manpower crunch in the Ukraine war] (翻訳、編集:山口佳美)

インサイダー脅威からネットワークを保護する

"The call is coming from inside the house. ” (電話は家の中からかかってきている. )1979年の “When a Stranger Calls”インサイダー リスクの管理 (邦題:『夕暮れにベルが鳴る』)で使われたこの表現は、恐怖をもたらすものが、私たちが最も安心できると思っているところから生じているかもしれないという観念を植え付け、観客を震撼させました。 この観念は、企業活動にもぴったりあてはまります。セキュリティ部門は、マルウェア、フィッシング詐欺、ランサムウェア攻撃など、外部からの脅威に対して警戒していますが、脅威は社内からも起こり得ます。

アクティビティの監視

IT部門がするべきこと

しっかり管理されたセキュアなデータ転送

今は、多くの業務活動が社内ファイアウォールの範囲を超えて行われており、大量の機密データを社内ファイアウォール外の第三者に転送する必要が生ずることがあります。このデータをどのように安全に転送するべきかの指示が社内に行き届いていない場合、社員は自分にとってやりやすい手段を選びがちです。つまり、セキュリティ保護されていない電子メールや、承認されていないファイル共有アプリケーション(よくあるものとしては、Dropbox や Google インサイダー リスクの管理 Drive など)を使用することがよくあります。

イプスイッチのセキュアなマネージド・ファイル・トランスファー・ソリューション

上述のように、インサイダー脅威は、セキュリティ上非常に深刻な問題です。IT部門は、インサイダー脅威のリスクを十分に理解して、リスクを最小限に抑えるソリューションを用意することが求められます。イプスイッチのセキュアなマネージド・ファイル・トランスファー・ソリューションは、危険な転送方法に対する使いやすい代替手段をユーザーに提供し、安全かつコンプライアントな機密データの転送を実現します。 セキュアなフォルダ共有は、コンシューマーグレードのファイル共有サービスに代わる、安全で使いやすい手段です。 MOVEit Client は、Mac と Windows のデスクトップからの安全な転送へのアクセスを提供します。MOVEit Ad-Hoc Transfer を使用すると、Web ブラウザや Microsoft Outlook から、サイズの制限なく、暗号化されたファイルを、安全に速やかに、他の人に送信することができます。

インサイダー脅威を取り巻く環境

-->

2020 年 3 月に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるロックダウンが始まったとき、わずか数週間のうちにリモートワーカーの数が 9% から 77% に急増しました。Iometrics と Global インサイダー リスクの管理 Workplace Analytics による調査では、回答企業の半数以上がこの変化に対する準備ができていなかったことを認めています。

サイバー犯罪者たちはこの危機的状況に付け込むチャンスを見いだし、消費者やリモートワーカーを標的とした大規模なフィッシングキャンペーンをすぐに開始しました。米国 CISA(Cybersecurity and Infrastructure Security Agency)によると、内部関係者によるセキュリティ侵害が急増しており、2018 年に比べて侵害件数は 47% 増加し、平均対応費用は 31% 増の 1,145 万ドルに達しています。

インサイダー脅威の種類

Ponemon インサイダー リスクの管理 インサイダー リスクの管理 Institute の調査によると、インサイダー脅威(内部脅威とも呼ばれます)は通常、次の 3 つのカテゴリおよびコスト範囲のいずれかに分類できます。

  • 侵害された内部関係者は、多くの場合、自分たちのシステム、認証情報、またはアクセス権限が外部の脅威アクターに利用されていることに気付いていません。
  • 不注意な内部関係者 は、過失によって被害を引き起こします。たとえば、従業員が個人情報の記載されたメールを間違ったメールアドレスに送信した場合が該当します。不注意な内部関係者によって引き起こされる事件は、組織にかかる被害額が最も少なく、平均で「わずか」307,111 ドルです。しかし、これらの事件は報告される全事件の インサイダー リスクの管理 62% を占めるため、被害額の総額は大きく跳ね上がり、年間 458 万ドルにも達する可能性があります。このような過失は意図的でないにせよ、企業の評判を著しく損ない、規制上の厳しい罰則をもたらす場合があります。
  • 犯罪者または悪意のある内部関係者 は、窃盗、妨害行為、またはスパイ行為を行います。これらは最も悪評を集めるものですが、今回の調査で挙げられた内部関係者による攻撃のうち 23% しか占めていません。しかし、攻撃 1 件あたりの平均被害額が 755,760 ドルであることから、被害額の総額は年間 408 万ドルに達する可能性があります。このような内部関係者は、経済的困窮や政治的/宗教的イデオロギーを動機としている場合や、誤解からくる恨みや仕事上の対立に対する復讐を試みている場合、またはサイバー犯罪者や国家が支援する犯罪組織によって誘導されている場合があります。

Ponemon は報告書で、これらの被害額が「監視や監督、調査、エスカレーション、インシデント対応、封じ込め、事後分析、および対処」に起因するとしています。注目すべきは、調査費用が最も急速に増加しており、わずか 2 年間で 86% 上昇して平均 103,798 ドルに達していることです。

インサイダー脅威の検知に関する課題

行動上の兆候

  • セキュリティ管理を回避する試みの繰り返し
  • 利用規定の重大な違反
  • 同僚や上司への敵意に満ちた暴言

電子的な兆候

  • 所定労働時間外における社内データベースへの頻繁なログイン
  • 外部に宛てたメールによる大量のデータ送信
  • 本人の役割や責任に関係のない機密データへのアクセス インサイダー リスクの管理

インサイダー脅威の管理

BlackBerry は、組織が既存のセキュリティ管理とプロセスを再検討して、内部関係者のリスク管理に適しているかを評価することから始めることを推奨しています。次世代のエンドポイント保護プラットフォームやエンドポイント検知・対応ソリューションの導入は欠かせません。これらは AI と機械学習を活用し、インサイダー脅威が重大なセキュリティ事件に発展する前に、当該の脅威に対処します。

今日のリモートワーク環境におけるデータ損失防止とリスクの軽減 (2020/8/5、ブログ更新のお知らせ)

・Endpoint Data Loss Prevention (パブリック プレビュー)
・Microsoft 365 のインサイダー リスク マネジメントとコミュニケーション コンプライアンス向けの機能 (パブリック プレビュー)
・Microsoft Azure Sentinel のサード パーティ製データ コネクタ
・Microsoft 365 の Double Key Encryption (パブリック プレビュー)

本日から提供が開始される上記すべてのセキュリティとコンプライアンスの新機能について詳しくご紹介します。
Microsoft Endpoint Data Loss Prevention (DLP) の発表

データ保護とガバナンスに対して適切なアプローチをとることは、規制遵守とプライバシーに対処するだけでなく、データの漏えいとリスクを軽減するためにも重要です。Microsoft Information Protection は、データを識別し、データ分類が正しく行われていることを確認して、そのデータを適切に保護、管理するうえで役立ちます。これにより、データ損失防止 (DLP) を適用して、そのデータに対してポリシーを実施できます。Data Loss Prevention ソリューションは、データ漏えいを防止し、オンプレミスとクラウドで保存中、使用中、転送中のデータにコンテキストベースのポリシーを適用します。Microsoft 365 では、既に Microsoft Teams、SharePoint、Exchange、OneDrive にデータ損失防止機能が組み込まれています。この機能は、Microsoft Cloud App Security を備えたサード パーティ製のクラウド アプリにも対応しています。

本日、マイクロソフトは、新しい Microsoft Endpoint Data Loss Prevention (DLP) のパブリック プレビューにより、データ損失防止をエンドポイントに拡張することを発表します。Endpoint DLP は、Microsoft Information Protection のラベル付けと分類の機能を基盤とし、Microsoft 365 の既存の DLP 機能を拡張しているため、コンプライアンス要件を満たし、エンドポイントの機密情報を保護するうえで役立ちます。

Windows 10、Microsoft Edge、Office アプリに組み込まれた Endpoint DLP では、エージェントを追加することなく機密情報に対してデータ中心の保護を行うことができ、組織のポリシーに従って、リスクの高いまたは不適切な機密データの共有、転送、使用を防止できます。たとえば、組織は機密性の高いコンテンツの USB ドライブへのコピーや機密文書の印刷をブロックできます。機密性の高いコンテンツのラベル付けの統合により、すべてのデータの種類で一貫性を確保し、DLP 内での誤検知と検知漏れを減らします。Microsoft Edge は Endpoint DLP と連携して、可視性と制御機能をサードパーティ製のクラウド アプリおよびサービスに拡張します。また、Endpoint DLP は Microsoft 365 の既存の DLP 機能を基盤としているため、Microsoft 365 コンプライアンス センターのアクティビティ エクスプローラーから直接機密データにアクセスして共有すると、即座にインサイトを取得できます。

Microsoft 365 コンプライアンス センターでは、単一の統合コンソールも提供しており、エンドポイントを含む Microsoft 365 全体で DLP ポリシーを管理できます。Endpoint DLP のパブリック プレビューは本日よりロールアウトが開始されます。詳細については、Tech Community のブログ記事をご覧ください。

健康に注意しながらリモート ワークを実施しているこの時期には、仕事がはかどらないこともあります。自宅内でワークスペースを共有したり、子供のリモート学習に気を配ったりと、仕事以外のことに気を取られてしまうことが多くなるためです。SEI CERT 研究所 (英語) によると、
< https://www.sei.cmu.edu/news-events/news/article.cfm… >
ユーザーの注意力が散漫になると、偶発的で悪意のないインサイダー リスクを引き起こしやすくなります。現状では、失業するのではという不安や、安全性に対する懸念などのストレスも大幅に増加しており、不注意もしくは悪意による漏えいが増える可能性があります。

本日、マイクロソフトは、複数の新機能のパブリック プレビューを発表します。これは、Microsoft 365 のインサイダー リスク管理とコミュニケーション コンプライアンスで利用できるリッチな検出機能と修復機能をさらに強化するものです。

インサイダー リスク マネジメント

エンド ユーザーのアクティビティ、アクション、コミュニケーションから得られるシグナルを幅広く可視化することは大切ですが、リスクを効果的に特定するには、シグナルの品質も重要になります。今回のリリースでは、インサイダー リスクマネジメントが判断材料とするシグナルの品質を大幅に向上し、潜在的なリスクのある動作にインテリジェントにフラグを設定します。
< https://www.microsoft.com/…/compliance-insider-risk-managem… >
新しいカテゴリには、拡張された Windows 10 シグナル (USB にコピーされたファイルやネットワーク共有に転送されたファイルなど)、エンドポイント セキュリティ シグナル用の Microsoft Defender ATP との統合、Microsoft 365 全体 (Microsoft Teams、SharePoint、Exchange を含む) からのネイティブ シグナルの増加、ネイティブ HR コネクタの拡張機能が含まれます。

統合の強化にも取り組み、特定したリスクに対してより多くの対策を講じることができるようにしています。たとえば、ServiceNow のソリューションと統合することで、インサイダー リスク マネジメントのケース マネージャーは、インシデント マネージャー用の ServiceNow チケットを直接作成できるようになります。さらに、Office 365 Activity Management API インサイダー リスクの管理 へのインサイダー リスク マネジメントアラートのオンボーディングも進めています。これには、アラートの重要度やステータス (アクティブ、調査中、解決済み、却下済み) などの情報が含まれます。これらのアラートは、Azure Sentinel のようなセキュリティ情報イベント管理 (SIEM) システムで使用され、ユーザー アクセスを無効にする、または詳細な調査を行うためにインサイダー リスク マネジメントに再度リンクするなどのさらなる対策を講じることができます。

リモート ワークへの移行を推し進めるにつれ、コラボレーション プラットフォームを介して送信される通信量はかつてないほど増加しています。現在注目を集めているのは、多様性、公平性、包括性です。こうした新しいシナリオは、内部関係者による企業のリスク エクスポージャを高めるだけでなく、この困難な時期に従業員をサポートする必要性を浮き彫りにしています。

Microsoft 365 のコミュニケーション コンプライアンス (英語)
< https://techcommunity.microsoft.com/…/use-comm…/ba-p/1167989 >
は、職場での脅迫や嫌がらせなど、組織のコミュニケーション内における規制遵守違反や行動規範違反をインテリジェントに検出して、ポリシー違反の改善に取り組めるよう支援します。

本日よりロールアウトが開始されたコミュニケーション コンプライアンスでは、高度なインサイトを取り込み、違反の常習者のアラートを優先するインテリジェント パターン検出、検出アルゴリズムを向上するグローバルなフィードバック ループ、豊富なレポート機能を通じて、レビュー プロセスの簡素化と短時間での実施を可能にします。新機能には、Bloomberg メッセージ データ、ICE チャット データなどのソースに機能を拡張するための追加のサード パーティ製コネクタも含まれています。さらに、このソリューションでは、Teams チャネルからメッセージを削除する機能など、Microsoft インサイダー リスクの管理 インサイダー リスクの管理 Teams 統合による修復処理が強化されています。

Microsoft Azure Sentinel の新しいパートナー製コネクタ

Microsoft Azure Sentinel は、デバイス、ユーザー、アプリ、サーバー、任意のクラウドからハイブリッド組織全体のセキュリティ データを収集するのに役立つ強力な SIEM ソリューションです。これらのデータ ソースを使用すると、組織が直面している脅威の全体像をより正確に把握して、環境全体で詳細な脅威ハンティングを実行することができます。さらに、クラウドで自動化とオーケストレーション機能を活用すれば、セキュリティ アナリストの時間が節約でき、最も価値の高いタスクに重点的に取り組めるようになります。

本日、マイクロソフトは、Azure インサイダー リスクの管理 Sentinel で利用できる複数の新しいサード パーティ製コネクタを発表します。これにより、ネットワーク、ファイアウォール、エンドポイント保護、脆弱性管理など、多くの主要なソリューションやパートナーにわたるセキュリティ インサイトを簡単に取得できます。

サンプル クエリとダッシュボードを提供するこれらのコネクタは、セキュリティ データを簡単に収集し、セキュリティ インサイトを迅速に提供することができます。

新しいパートナー製コネクタには、Symantec、Qualys、Perimeter 81 などがあります。新しいコネクタの完全なリストと詳細については、Tech Community のブログ記事 (英語) をご覧ください。
< https://techcommunity.microsoft.com/…/new-azur…/ba-p/1535786 >

Microsoft 365 の Double Key Encryption の導入

一部の組織の規制に関する固有のニーズに対応するため、本日マイクロソフトは Microsoft 365 の Double Key Encryption のパブリック プレビューを発表します。これにより、暗号化キーの完全な制御を維持しながら、最も機密性の高いデータを保護できます。Microsoft 365 の Double Key Encryption は、2 つのキーを使用してデータを保護します。1 つはお客様が管理し、もう 1 つはマイクロソフトが管理します。データを表示するには、両方のキーにアクセスする必要があります。マイクロソフトは 1 つのキーにしかアクセスできないため、マイクロソフトがお客様のデータとキーを使用することはできません。そのため、お客様のデータのプライバシーとセキュリティを確保できます。

家を買ってからが人生のはじまり。ROOMIE編集部が「小さいリスクで家を買う方法」を学んでみたよ

ROOMIE編集部

佐藤:僕らは、「自由とは、すっごく余白があること」と定義しています。経済的にも空間的にも、余白があることが何よりも大切です。

経済的にはギリギリのローンで家を買うのではなく、余裕のある予算にしておく。そうすれば病気や事故のような“想定外”が起きても対応できるし、1年に1回は南の島へ旅行するとか、人生を豊かにすることにお金が使えます。家を買って終わりではなくて、家を買ってからが新たなはじまりですから。

マツザキ:確かに……。私もパートナーも仕事に変化があるかもしれないし、将来なにが起こるかなんてわかりませんよね。ちなみに、「空間の余白」というのはどういう意味ですか?

佐藤:最初は必要最低限な部屋数にして、広々とした空間にしておくといったことです。例えば子ども部屋は、いざ必要になるまでは物置になるご家庭が多いし、快適すぎるとお子さんが部屋にこもりがちになることも考えられます。

子どもにとってはプライベートの確保ができるかが重要なので、じつは3畳くらいでも上手に作れる。そのぶんリビングを居心地よくすれば、家族が自然に集まる場所になりますよね。

中古マンションを買うときは築浅がベストではない、って本当?

マツザキ:「ゼロリノベ」は一都三県に施工の範囲を絞り、リノベーション設計だけでなく、不動産仲介業や工事も自社でされていますよね。これは業界内では珍しいことなんですか?

佐藤:不動産仲介や工事は、提携会社とやっているところが多いと思います。僕らも最初はそうでしたが、品質と価格を一定にするためには家探しも工事も自分たちでやったほうがいいと思ったんですね。

いまではファイナンシャルプランナーにも入ってもらって、気がついたらお客様の資金計画から工事まで伴走するまでになっていました(笑)。

マツザキ:私は中古マンションを買って、自分の好きなようにリノベできたらな……と思っているんですが、中古マンションの買い方にコツってあるんでしょうか?

佐藤:そうですね、最近は新築を買う人よりも中古を買う人の方が圧倒的に増えたのですが、「中古がいいな」と思っていても築浅を狙う人がけっこう多いんです。でも「築浅がベストではない」ということは知っておくといいと思います。

むしろ大切なのは、建物の管理状況。マンションはコンクリートでできていて、国土交通省が物理的に100年以上もつという推定を出しています。ただ、人間と同じくメンテナンス次第で寿命が伸びたり縮んだりすると言われてるんです。

佐藤:定期的に建物のメンテナンスを行っていくわけですが、基本的には築13年から15年くらいかけてやるべき修繕が一巡します。この“最初の一巡”をしっかりやったマンションがオススメ。そういったマンションは100年持つとも言われていますが、していないマンションは、これからどうなるかわからない。

だから、マンションを見た目で判断しないほうがいいです。残念ながら、しっかりと修繕されておらず、将来住み続けるのは厳しいだろうな……という物件は少なからず存在します。

佐藤:また、中古マンションの価格は、築20年前後を境に下げ止まりになって安定してきます。こういう物件を購入すれば、世の中の相場が上がればプラスになりますし、下がったとしてもダメージは最小限で済みます

経済面と建物面の両面を考えていくと、業界内でおいしいと言われるのは築20年~39年前後で、管理状況が良好な物件。とはいえ実際の物件しだいなので、一つひとつ調査する必要があります。

マツザキ:でもマンションの管理状況なんて、どうしたらわかるんですか?

佐藤:一例ですが、過去の修繕履歴や管理組合の会議内容を調査すれば「今までこんな修理をしていたんだ、この方針はいいよね」といった判断ができるし、「計画はいいんだけど、マンション自体の修繕積立金の妥当性がよくない」とか、いろいろ分かることがあります。

建物の管理状況をお客様の立場で調べるためには、不動産屋さんの視点と、建物の専門家としての視点の2つが必要です。「ゼロリノベ」はその2つを自社で持っているのが特徴なので、そこは安心して任せてほしいですね。

事前に「安心予算」をガッツリと組んでおく

マツザキ:「ゼロリノベ」の施工事例をホームページで拝見したら、皆さん自分のやりたいことを実現されていて、すごく楽しそうでした。家を買うことって、漠然とした大きな不安もつきまとうと思うんですが、それをあまり感じさせないというか。

佐藤:うちで検討してくださった方には、ファイナンシャルプランナーと一緒に『安心予算』を作ってもらうことにしています。『安心予算』とは、お客様一人ひとりのライフプランに沿った資金計画のこと。家を買った後も無理なく、自由で豊かな暮らしを実現するためには、このファーストステップがとても大切です。

物件探しや設計の各工程でも、『安心予算』をオーバーして他の人生の楽しみにしわ寄せがいかないように、担当者がしっかりとハンドリングします。

面積で決まる基本価格だから予算管理がクリアに

マツザキ:なるほど……。じつは以前ROOMIEで、「ゼロリノベ」でリノベした方の家を取材したら同世代で、急に家を買うことがリアルに感じられたんです。住居面積でリノベの基本価格を決めるという予算の立て方も、わかりやすくて新鮮でした。

佐藤:積み上げ型(見積もり制)だとオプションを増やしていって、結局は予算オーバーになってしまうことが多いんです。それで「ゼロリノベ」では、“面積で基本価格が決まるリノベ料金なのに、細かいところまで自由自在にデザインできる”という形にしています。

予算内でゼロから自由に空間をつくるベーシックプランなら、一平米当たり8~9万円~+350万円が目安。「想定していた予算より高くなった」とならないので、とても安心です。

佐藤:それと「ゼロリノベ」では、いったん壁などをできる限り取り去って、ライフスタイルに必要最低限な設備を考えていく「ゼロ空間」の提案もしています。住宅は細かいところにコストがかかるのですが、例えばドアって結構高くて、大工さんの手間賃を含めると10万~15万くらいするケースもあるんです。

業者的には扉も壁もたくさんある方が儲かるけど、カーテンやブラインドで済む場合もある。このオフィスでも、ストレージとの境はアーチ型の壁にカーテンをかけるだけにしています。希望を整理して考えていくと、500万~1000万円くらい当初の全体予算から下がる方も多いですね。

セールスなしだから、誰でも気軽に参加できる!

マツザキ:本当に今日は発見の連続でした! こういうお話って、プロに相談でもしない限り聞けないなと。じつは、資料請求や説明会の問い合わせをするとすぐに次の段階を勧められてしまいそうで、すこしハードルが高いなって思っていました。

佐藤:確かに、検討中の段階で熱心にセールスされると、落ち着いて考えられなくなってしまいますよね(笑)。じつを言うと今日の話は、「ゼロリノベ」が用意している無料のオンラインセミナーでもお伝えしているのですが、このセミナー内やセミナー後にセールスをかけることは一切ありません

佐藤:なぜなら、「ゼロリノベ」のモットーは「自由」だから。セミナー後に次の段階に進むかどうかは、お客様が“自らに由り”インサイダー リスクの管理 決定していただくことがベストだと考えているからです。

セミナーではさらに具体的に、住宅購入のコツや外せない注意点を網羅しているので、リノベーションに不安を感じている人は気軽に有効活用してもらえたら嬉しいです。

もしもの時にも安心で、人生をもっと豊かにしてくれる“余白のある家の買い方”について、楽しみながら学んでみませんか?

Sponsored by 株式会社groove agent

Text by Airi Tanabe
Photographed by Kosumo Hashimoto

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる