プロが徹底解説

一目均衡表について

一目均衡表について
ローソク足が雲を上抜ければ上昇トレンド、下抜ければ下降トレンドのシグナルです。

先行スパン1(ピンクの線)と先行スパン2(ピンクの破線)の範囲である雲を、ローソク足が下抜けているのを確認できますね。

一目均衡表 -->

> > This 一目均衡表について page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective 一目均衡表について licenses.

Tell your friends about Wikiwand!

Suggest as cover photo

Would you like to suggest this 一目均衡表について photo as the cover photo for this article?

Thank you for helping!

Your input will affect cover photo selection, along with input from other users.

Thanks for reporting this video!

This browser is not supported by Wikiwand :(
Wikiwand requires a browser with modern capabilities in order to provide you with the best reading experience.
Please download and use one of the following browsers:

An extension you use may be preventing Wikiwand articles from loading properly.


If you're using HTTPS Everywhere or you're unable to access any article on Wikiwand, please consider switching to HTTPS (https://www.wikiwand.com).

An extension you 一目均衡表について use may be preventing Wikiwand articles from loading properly.

If you are using an Ad-Blocker, it might have mistakenly blocked our content. You will need to temporarily disable your Ad-blocker to view this page.

Please click the "Downloads" icon in the Safari toolbar, open the first download in the list,
then click Install

紀伊國屋書店

第1部 基礎理論編(一目均衡表の基本的考え方;カギ足と一目均衡表;一目均衡表の相場変動論;一目均衡表各線の意味;一目均衡表の型;一目均衡表の手引き;トヨタ自動車均衡表;月足で見る日経平均株価の変遷)
第2部 復習編(一目均衡表の本質;原著について)
第3部 その後の日経平均株価(07年8月~08年2月;08年7月~9月(ラジオNIKKEIコメント)
08年10月5日付記事より
08年10月12日付記事より
08年10月19日付記事より
08年10月28日安値以降の変動)

著者等紹介

三世一目山人[サンセイイチモクサンジン]
本名は細田哲生(ほそだ・てっせい)。日本大学理工学部除籍後、株式会社経済変動総研入社。一目山人の遺志を引き継ぎ、正しい一目均衡表の使い方を普及することに従事。現在、QUICKにて日経平均株価コメント、フォレックス・ドットコムにて為替コメントを定期配信。ラジオNIKKEIにて定期的にコメント中。経済変動総研主催の「一目均衡表倶楽部」にて一目均衡表による相場解説、罫線講座を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

★☆☆☆☆一目山人の孫が書いた一目均衡表の解説書。なのだが、わかりやすくもなく、網羅的でもなく、新たな視点があるわけでもなく、解説書としての役割を何一つ果たしていない。一目均衡表の根拠にあたる部分に関しては、「原著に書いてあるから」の一点張り。さらに、口を開けば他のアナリストの批判ばかり。これじゃ天国で爺さん泣いてるよ. 。多少難解でも原著にあたるのがよいと思う。 2018/10/24

外部のウェブサイトに移動します

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

一目均衡表の見方は複雑?細かな専門用語から活用法までを詳しく解説

一目均衡表の見方は複雑?細かな専門用語から活用法までを詳しく解説

日足チャート

遅行スパンは、その日の終値を26日前に示します。
リアルタイムで描かれているローソク足を含めて、26本前に終値を表示するのです。

上記の日足チャート(ドル円)をご覧ください。
水色の線の遅行スパンは、現在価格の終値を示します。

【未来に先立って表示する】先行スパン1

【長期的な分析が可能】先行スパン2

先行スパン1と2はセットで使ってトレンド分析する

先行スパン1同様に、未来の時間軸に表示される線です。
転換線の9日、そして基準線の26日より長めの期間で分析できるので、長期的な相場を観察できるでしょう。

チャートでは先行スパン1がピンクの線、先行スパン2がピンクの破線で示されており、現在の価格に先立って表示されます。

1-2. (国産テクニカル分析法)一目均衡表の特徴3選

一目均衡表は5つの線を用いたトレンド分析方法だと解説しました。
次に一目均衡表の特徴についてです。
特徴は下記の3点。

特徴① 日本人が作ったテクニカル分析法
特徴②“一目”で“均衡”の崩れが分かる!
特徴③ 推奨設定値がデフォルトで決まっている

特徴①日本人が作ったテクニカル分析法

特徴②“一目”で“均衡”の崩れが分かる!

一目均衡表では、 「価格の均衡点を中間値とし、均衡の崩れた方向に相場は値動きする」という考え方 をします。

特徴③推奨設定値がデフォルトで決まっている

転換線:9日
基準線:26日
先行スパン2:52日

転換線:7日
基準線:22日
先行スパン:44日

2. 一目均衡表の見方を知ればトレンド・エントリーポイントが分かる

一目均衡表の見方を知ればトレンド・エントリーポイントが分かる

2-1. 一目均衡表を使ったトレンドの見方3点

  1. 基準線の方向は上下どちらか
  2. 雲よりもローソク足は上か下か
  3. 遅行スパンとローソク足の位置関係を確認

見方①基準線の方向は上下どちらか

黄色の破線が基準線

基準線の向きを見れば、トレンドを把握できます。
基準線が上向きなら上昇トレンド、下向きなら下降トレンドと判断できるのです。

チャートでは黄色の破線が基準線を示します。
黄色の丸で囲っている範囲では、基準線は右肩上がりしているのが分かりますね。

見方②雲よりもローソク足は上か下か

ローソク足は雲より上で推移しているので、上昇トレンドだと分かります。

一目均衡表でいう雲とは、先行スパン1と2の範囲のこと。

チャート上ではピンクの線が先行スパン1、ピンクの破線が先行スパン2です。
ローソク足は雲より上で推移しているので、上昇トレンドだと分かります。

尚、一目均衡表の雲を実際に活用するとなると相場環境に応じた柔軟な見方が必要。
一目均衡表の「雲」って理解が難しい…詳しい見所と売買への活用方法とは?」では、詳しい「雲」の見方や実践的な使用方法について解説していますよ。

見方③遅行スパンとローソク足の位置関係を確認

遅行スパンはローソク足より下で推移

遅行スパンがローソク足を上回れば「上昇トレンド」、反対に遅行スパンがローソク足を下回れば「下降トレンド」となります。

水色の線が遅行スパンです。
チャートを見ると、遅行スパンはローソク足より下で推移していますね。

2-2. 一目均衡表を使った売買シグナルの見方について

見方①転換線と基準線の動きを見る
見方②遅行スパンとローソク足を見る
見方③ローソク足と雲を見る

見方①転換線と基準線の動きを見る

買いシグナル

転換線が基準線を上抜いた時は買いシグナル、下抜いた時は売りシグナルになります。

チャートでは転換線(黄色い線)が基準線(黄色の破線)を下から上へ抜いています。
これは買いシグナルとなり、実際に値上がりしているのを確認できますね。

つまり、 「転換線は短期移動平均線」、「基準線は中期移動平均線」の役割を果たす 一目均衡表について 一目均衡表について のです。

見方②遅行スパンとローソク足を見る

この遅行スパンの動きは買いシグナル

遅行スパンがローソク足より上へ推移したら上昇トレンド、下へ推移したら下降トレンドとなります。

遅行スパン(水色の線)はローソク足を下から上へ抜き、ローソク足の上部で推移しました。
この遅行スパンの動きは買いシグナルです。

見方③ローソク足と雲を見る

売りシグナルが発生

ローソク足が雲を上抜ければ上昇トレンド、下抜ければ下降トレンドのシグナルです。

先行スパン1(ピンクの線)と先行スパン2(ピンクの破線)の範囲である雲を、ローソク足が下抜けているのを確認できますね。

2-3. 三役好転・三役逆転とは?より強いトレンドを活用して値幅を狙う

  1. 転換線が基準線を上抜ける
  2. 遅行スパンがローソク足を上抜ける
  3. ローソク足が雲を上抜ける

三役逆転(下落トレンド発生)

実際のチャートを見て確認しましょう。

こちらは三役逆転(下落トレンド発生)を確認できます。

  1. 転換線(黄色い線)が基準線(黄色い破線)を下抜ける
  2. 遅行スパン(水色の線)がローソク足を下抜ける
  3. ローソク足が雲を下抜ける

3. 【よくあるミス】一目均衡表を利用する際の注意点・解決策

【よくあるミス】一目均衡表を利用する際の注意点・解決策

  1. 三役好転・三役逆転でエントリーが遅くなることも
  2. 売買シグナルにはダマシがある
  3. 雲のねじれに警戒しよう

3-1. 注意点①三役好転・三役逆転でエントリーが遅くなることも

3-2. 注意点②売買シグナルにはダマシがある

買いシグナルを確認

テクニカル分析では、過去チャートの動きから導き出した規則性をもとにして、未来の値動きを予測します。
ただし過去のパターンが繰り返される保証はありません。

このチャートでは、遅行スパン(水色の線)がローソク足を上抜いているため、買いシグナルを確認できますね。
ところが価格は上昇せず、緩やかに下降しています。

こうしたダマシを防ぐためには、別のテクニカル分析方法を用いると良いでしょう。
テクニカル分析は1つだけではなく、組み合わせて使用すると効果的 です。

一目均衡表のようなトレンド系の指標であれば、MACDやストキャスティクスのようなオシレーター系の指標(相場の過熱感を把握できる)を組み合わせるのをおすすめします。
MACDやストキャスティクスについては、「ストキャスティクスとMACDは組み合わせるべき?トレード手法と注意点について」を参考にしてください。

3-3. 注意点③雲のねじれに警戒しよう

一目均衡表

雲のねじれとは、先行スパン1と先行スパン2が交差する現象を指します。

先行スパン1はピンクの線、先行スパン2はピンクの破線です。
チャートの一目均衡表をご覧ください。

【FX手法】一目均衡表の「雲」はスインガーのポジを表している【真理】

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

一目均衡表の「雲」について考察してみるよ

本日は、一目均衡表で欠かせない「雲」について考察してみたいと思います。

【2022年5月版】優位性の高いFX商材 Best5

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

そもそも「雲」ってなんだ?

  • 先行スパン1:(当日の転換線+基準線)÷2を当日を含め26日分、未来にスライドさせたもの
  • 先行スパン2:(過去52日間の高値と安値の平均値)÷2を当日を含め26日分、未来にスライドさせたもの

かなり平たく解釈すれば、過去の価格帯を現在までスライドさせたもの…と考えれば概ね間違っていません。

この「常に影響を受け続けている」という点が重要です。現在の値動きは、常に過去の値動きの支配下から逃れられないということですね。

「雲」も、過去の価格帯を現在までスライドさせたものですので、現在のレートに大いに影響を与える要素の一つとされます。

「超簡単に言うと雲はスインガーのポジを表してる…」

別の言い方をすれば、相場における最大プレーヤーである機関投資家・ファンド・実需連中のポジションです。

GMMA記事で触れた、「クジラ」連中のポジションこそが「雲」の本質なのです。

一方、私たち個人投資家は「クジラ」のエサになる「イワシの大群」です。

「機関投資家」のポジションこそが「雲」の本質である

「クジラ=機関投資家」のポジションこそが「雲の本質」と考えれば、クジラの動きに同調する方向に素直に従ったほうが安全であることが理解できますよね。つまり「コバンザメ」になることです。

GMMA「コバンザメ戦略」

「イワシの大群」から離脱し、「コバンザメ」になって、「クジラ」の動きに追随することが最も安全なトレードであることが理解できるはず。

つまり、雲の上では「買い」のみをおこない、雲の下では「売り」だけをおこなうことです。

長期筋の動きに同調する方向へのみトレードすることで、素直にトレンドフォローに乗ることができるわけです。なぜなら「クジラ=長期筋」こそが、大海原の潮流(=トレンド)を決定づける最大の要素だからです。

「雲」についての難解な解釈よりも、単純に「雲は長期筋のポジションであり、トレンドを決定づける要素だ」と捉えれば、難しくはないですよね。

初心者は「雲」を表示させて観察するだけでも、おおよその相場の動きを把握することができるようになります。

「雲」に遅行スパンを取り入れただけで、シンプルなトレードが可能になる

上で解説した「雲」に、もう一つの指標である「遅行スパン」を加えただけで、シンプルなトレード手法が完成します。それが、【FX手法】一目均衡表の雲と遅行スパンだけを使った必勝法を伝授!で解説した手法です。

初心者は、ここからスタートしても良いと思います。一目均衡表の入門手法としては最適です。ローソク足と遅行スパンが「雲」を抜けたら即ENTRYするだけです。

一目均衡表の見方と使い方 “最強”雲チャートとは

一目均衡表 見方

一目均衡表 見方 5つの線

<一目均衡表>

<一目均衡表の3つの理論>
波動論
水準論
時間論

一目均衡表の転換線と基準線の見方(好転・逆転)

最初にご紹介するのは一目均衡表の転換線と基準線です。

一目均衡表の転換線とは、当日を含む過去9日間の最高値と最安値の平均値を当日に描き出したラインです。

一目均衡表の基準線とは、当日を含む過去26日間の最高値と最安値の平均値を当日に描き出したラインです。

副管理人アイコン

管理人アイコン

転換線と基準線はそれぞれの方向性を重視することを前提にします。
(右上がりか、右下がりか)

そして、転換線・基準線・実線(ローソク足終値)の位置関係から、相場の需給バランスを判断して今後の値動きを予測することになります。

転換線 基準線

「好転」
・基準線の下にあった転換線が、基準線を上回ることを「好転」といい、上昇転換シグナルとみなす。

「逆転」
・基準線より上にあった転換線が、基準線を下回ることを「逆転」といい、下落転換シグナルとみなす。

「押し目買いと戻り売り」
・上昇トレンドの場合、一時的な下げがあっても基準線が「押し目」の限界と考えられる。

転換線が基準線より上 ⇒ 買い場

転換線が基準線より下 ⇒ 売り場

副管理人アイコン

一目均衡表と雲 先行スパン1と先行スパン2の見方

一目均衡表の2本の先行スパン(先行スパン1と先行スパン2)の見方を解説します。

一目均衡表の先行スパン1とは、転換値と基準値の平均値を、当日を含む26日先に描き出したラインです。

一目均衡表の先行スパン2とは、当日を含む過去52日間の最高値と最安値の平均値を、当日を含む26日先に描き出したラインです。

副管理人アイコン

先行スパン1と先行スパン2の間にはさまれた部分を「抵抗帯」と呼び、雲みたいに見えることから、通称「雲」とも呼ばれています。

先行スパン

「トレンドの見方」
ローソク足が一目均衡表の雲より上にあるとき、上昇トレンドとみなす
ローソク足が一目均衡表の雲より下にあるとき、下降トレンドとみなす

「一目均衡表の雲の見方、使い方」
上昇トレンドでは、株価が反落したときに雲が下値支持(サポート)となる
下降トレンドでは、雲が上値抵抗(一目均衡表について レジスタンス)として作用する

つまり、雲を突破(ブレイク)する場合、トレンド転換を意味する。

一目均衡表 トレンド転換

一目均衡表の雲の「ねじれ」はトレンド転換サイン

なぜなら、雲のねじれはトレンド転換となるからです。

雲のねじれとは、先行スパン1と先行スパン2が交差する局面をいいます。

雲のねじれ

<雲のねじれ>

副管理人アイコン

一目均衡表の遅行スパン(遅行線)

一目均衡表の遅行スパン(遅行線)の見方と使い方を解説します。

一目均衡表の遅行スパン(遅行線)とは、当日終値を、当日を含む26日前にさかのぼって描き出したラインです。

遅行スパン(遅行線)

遅行スパンは、均衡表の26日前と現在の価格を比較したインジケーターで、ローソク足と並行するラインとなります。

「遅行スパンと現在株価の位置関係」
現在の株価と遅効スパンには26日のタイムラグがあります。

つまり、遅行スパンと現在株価の関係は、現在株価のトレンドを表示していることになります。

「遅行スパンの好転」(買いサイン)
遅行スパンが26日前の株価を上回ることを「遅行スパンの好転」といいます。

「遅行スパンの逆転」(売りサイン)
遅行スパンが26日前の株価を下回ることを「遅行スパンの逆転」といいます。

「遅行スパンと25日移動平均線はリンクしている」
遅行スパンの好転するタイミングは、25日移動平均線(25MA)が上向くタイミングと一致する特徴があります。

遅効スパン

一目均衡表とは

ボリンジャーバンドやMACD、RSIなど、ほとんどのテクニカルツールが価格(株価)の変動を重視するのに対し、一目均衡表では「時間」を最も大切にしています。

一目均衡表の原著は「一目均衡表」(1969年)、「一目均衡表 完結編」「一目均衡表 週刊編」(1971年)など全7巻となっています。

一目均衡表 原著

<一目均衡表の原著「一目均衡表 完結編」>

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる