投資助言

取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所

取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所
あんな

ワンタップで
ビットコインが
買える取引所

取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所

金融庁のホームページに記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産(仮想通貨)は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、 資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
金融庁・財務局が、これらの暗号資産(仮想通貨)の価値を保証したり、推奨するものではありません。
暗号資産(仮想通貨)は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。暗号資産(仮想通貨)の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

<暗号資産(仮想通貨)を利用する際の注意点>

暗号資産(仮想通貨)は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
暗号資産(仮想通貨)は、価格が変動することがあります。暗号資産(仮想通貨)の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録した暗号資産交換業者です。 取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所
暗号資産(仮想通貨)の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。
暗号資産(仮想通貨)や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産(仮想通貨)を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

当サイトにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツは一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、特定のお客様のニーズ、財務状況または投資対象に対応することを意図しておりません。また、当コンテンツはあくまでもお客様の私的利用のみのために当社が提供しているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツ内のいかなる情報も、暗号資産(仮想通貨)、金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品の売買、投資、取引、保有などを勧誘または推奨するものではなく、当コンテンツを取引または売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。
当コンテンツは信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、当社はその正確性、適時性、適切性または完全性を表明または保証するものではなく、お客様による当サイトのコンテンツの利用等に関して生じうるいかなる損害についても責任を負いません。
当社は当コンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、執筆者によって提供されたいかなる見解または意見は当該執筆者自身のその時点における見解や分析であって、当社の見解、分析ではありません。
当社は当コンテンツにおいて言及されている会社等と関係を有し、またはかかる会社等に対してサービスを提供している可能性があります。また、当社は当コンテンツにおいて言及されている暗号資産(仮想通貨)の現物またはポジションを保有している可能性があります。
当コンテンツは予告なしに内容が変更されることがあり、また更新する義務を負っておりません。
当コンテンツではお客様の利便性を目的として他のインターネットのリンクを表示することがありますが、当社はそのようなリンクのコンテンツを是認せず、また何らの責任も負わないものとします。

暗号資産(仮想通貨)は、移転記録の仕組みに重大な問題が発生した場合やサイバー攻撃等により暗号資産(仮想通貨)が消失した場合には、その価値が失われるリスクがあります。
暗号資産(仮想通貨)は、その秘密鍵を失う、または第三者に秘密鍵を悪用された場合、保有する暗号資産(仮想通貨)を利用することができず、その価値を失うリスクがあります。
暗号資産(仮想通貨)は対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。
外部環境の変化等によって万が一、当社の事業が継続できなくなった場合には、関係法令に基づき手続きを行いますが、預託された金銭および暗号資産(仮想通貨)をお客様に返還することができない可能性があります。なお、当社はユーザーに預託された金銭および暗号資産(仮想通貨)を、当社の資産と区分し、分別管理を行っております。
バナー広告等から遷移されてきた方におかれましては、直前にご覧頂いていたウェブサイトの情報は、当社が作成し管理するものではありませんのでご留意ください。

Coincheck(コインチェック)の評判は?他社比較でわかるメリット・デメリット

コインチェックの評判

初めての仮想通貨取引で少し不安があったところ、コインチェックの「つみたて暗号資産」を利用していた友人の評価がよかったため、自分もまずは毎月少しずつ積み立ててみようと利用することにしました。
セキュリティがしっかりしているとの評判で、今まで問題なく安心して取引できています。
取引所での取扱通貨が少ないこと、また、貸暗号資産サービスについても、貸出せないことが殆どですので、その点を改善してほしいです。

ちょうど興味を持った時に、先にコインチェックで取引をしていた知人から「紹介キャンペーン」を教えてもらったため。
他の取引所との比較はしなかった。メリットは取引通貨が多いことと、入金がやりやすく反映されるのもかなり早い。NFTの取引もできるらしい。
他のウォレットに送金するのもやりやすいらしい。デメリットはテーキングがなくなってしまったので、ホールドするのみしかできない。

取扱い通貨ペアが豊富にあったのも魅力でしたし、スマホアプリの使い勝手が良さそうだったのでお手軽だと思い選びました。
出金手数料がとにかく割高なのでそこはデメリットに感じますが、少額からでも取引ができチャートも分かりやすくて分析しやすいので、使い勝手はいいです。
また、デモ口座がないので不安ではありましたが、他社と比べても取扱い通貨ペアも充実していますし、満足はできています。

coincheckは日本で最初のほうに仮想通貨取引ができる取引所だったから。
比較したのは、bitbank。アプリがとにかくみやすい。価格が一覧で見れるので、価格をスマホで気軽にみたい時はよい。
現在はマネックスの傘下なので、上場企業の信頼性もある。
bitbankや海外の取引所と比べて販売所なので、割高な購入額となる点が価格が高騰しているので使い勝手はよくない。

始めた理由はネットで仮想通貨の取引所を探していた際に、多くのブログやサイトで、おすすめの取引所として紹介されていたからです。
他社と比較して良い点は、なんと言っても取り扱っている仮想通貨の豊富さです。
また、過去にXEMのハッキング事件がありましたが、この事件を教訓として現在のセキュリティは、業界内でもかなり厳重だろうと思われ安心して取引できます。
使いにくい点は、公式アプリでの取引が不便な点です。アプリでの取引は販売所のみで、取引所での取引はホームページの方でしなければいけないのが億劫です。

アプリですぐに確認できるのと見やすいのでおすすめです。
ビットフライヤーとも比較してもコインチェックのほうが良いです。
良い点は取引が簡単でやりやすいし仮想通貨の数も豊富なのでありがたいです。
すぐにアプリで仮想通貨の状況なども把握できるのですぐに見たい人にはオススメです。
私的に悪いところはあまりないのですが、しいていうならコインチェックにない仮想通貨が他にも沢山あるので、いろいろやりたい人は他のところが良いかもしれません。

【暗号資産取引所ランキング】使える理由と使えない理由を調査!個人投資家が支持するポイントとは?

1位:bitFlyer(40.5%)
2位:Coincheck(35.5%)
3位:楽天ウォレット(24.0%)
4位:GMOコイン(23.5%)
5位:DMM Bitcoin(12.取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所 0%)
6位:bitbank(11.5%)
7位:Zaif(10.0%)
7位:その他海外取引所(10.0%)
9位:BITPOINT(5.5%)
10位:SBI VCトレード(3.5%)
11位:LINE BITMAX(2.5%)
12位:DeCurret(1.5%)
13位:Huobi Japan(1.0%)
13位:OKCoinJapan(1.0%)
15位:Liquid by QUOINE(0.5%)

【質問2】質問1の暗号資産(仮想通貨)の取引所のうち、一番利用しているのはどこですか?

1位:bitFlyer(23.0%)
2位:Coincheck(19.5%)
3位:楽天ウォレット(16.取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所 5%)
4位:GMOコイン(13.0%)
5位:bitbank(7.0%)
5位:その他海外取引所(7.0%)
7位:DMM Bitcoin(6.取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所 0%)
8位:Zaif(3.取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所 5%)
9位:BITPOINT(2.5%)
10位:SBI VCトレード(1.5%)
11位:LINE BITMAX(0.5%)

【質問3】なぜその取引所を一番利用しているか理由をお選びください。(複数選択可)

1位:知名度や信頼感がある(43.0%)
2位:アプリやサイトが使いやすい(35.0%)
3位:手数料やスプレッドが安い(22.5%)
4位:口座開設が簡単(19.5%) 取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所
5位:セキュリティがしっかりしている(17.5%)
6位:入出金が早い(14.0%)
7位:取扱通貨の数が多い(13.0%)
8位:その他(9.5%)
9位:入金ボーナスなどのイベントが豊富(5.0%)
10位:ステーキングや積立などのサービスが豊富(2.5%)

【質問4】次のうち、あなたが「利用をやめてしまった」暗号資産(仮想通貨)取引所はありますか?(複数選択可)
また、その取引所を利用しなくなった理由をお答えください。(自由回答)


1位:bitFlyer(16.0%)
「手数料やスプレッドが高いから」(20代・女性・パート、他複数)
「買える通貨が少ない」(20代・男性・会社員、他複数)
「アプリの使い勝手が悪かったから」(30代・女性・自営業、他複数)
「元本割れが続いたため辞めてしまった。その後価格が上がり始めたので、続けていれば良かったと後悔している」(20代・女性・会社員)

2位:Coincheck(15.5%)
「NEMが盗まれた事件があったからセキュリティに不安を感じた」(50代・男性・会社員、他複数)
「手数料が高すぎる」(20代・女性・主婦、他複数)
「使い勝手が悪いのとサポート体制が良くないので」(40代・男性・会社員)

3位:GMOコイン(12.0%)
「最低出金額が1万円からと高い」(30代・男性・会社員、他複数)
「使いにくい。何かあるとポイントに誘導しようとする」(50代・男性・自営業)
「元手が無くなったから」(40代・男性・会社員)

4位:楽天ウォレット(12.0%)
「サイトやアプリがごちゃごちゃしていて分かり辛かった」(20代・男性・会社員、他複数)
「取引できる通貨が少ないので、慣れてくると物足りなさを感じた」(40代・男性・自営業)

5位:DMM Bitcoin(8.0%)
「現物取引に対応している銘柄が少ない」(20代・男性・学生、他複数)

6位:海外取引所(4.5%)
「Binance:DeFiやマイナー通貨をやらなくなったから」(30代・男性・自営業)
「BYBIT:操作が分かり辛いため利用しなくなった」(20代・男性・会社員)
「Cryptopia:2019年に経営破綻したため」(50代・男性・自営業)

暗号資産を安全に管理するために大切なこと

ジョナサンさん:暗号資産の管理でよく耳にする言葉に「ウォレット」「秘密鍵」「公開鍵」があります。「ウォレット」とは、暗号資産を保有したり、管理したり、移転させたりするためのものです。「秘密鍵」「公開鍵」はそのために必要な暗号のこと。銀行の預金口座で例えるなら、「ウォレット」は預金口座で、「公開鍵」は口座番号、「秘密鍵」は印鑑またはインターネットバンキングの契約番号(ID)、ログインパスワード、ワンタイムパスワードなどのセットです。

安全な管理方法とは? ウォレットの種類を学ぶ

――暗号資産を保有する概念は分かりました。取引所からの流出など、不安に思えるニュースも聞こえてきます。どのように保有するのが安全なのでしょうか?

ジョナサンさん:暗号資産の保有場所として、まず多いのは暗号資産取引所のウォレットですね。そういう意味では、取引所はウォレット代行サービスとも言えます。秘密鍵は取引所が保有していますので、もし何かしらの事件があって、取引所が暗号資産の移転を禁止してしまったら、法的な手段を使わずして取り戻すことは難しい。過去に何回かあったように、取引所がハッキングされて、暗号資産が流出することもあります。

――個人が安全に保有するには、取引所の外に置いたほうがいいということですか?

ジョナサンさん:個人が暗号資産を安全に管理するのによく使われているのは「ハードウェアウォレット」です。これは秘密鍵を管理するために設計された専用のハードウェア。スマホやパソコン内のアプリやクラウド、サーバーで管理するのではなく、専用の物体で暗号資産を管理します。

――危ないウォレットアプリですね……。どうやって見分ければいいのでしょう?

ジョナサンさん:正直、一般の方がそれを見分けるのは難しくて…。技術に詳しい人にお金を払ってウォレットアプリの監査をしてもらうくらいしか方法はないですね。でもそのお金が出せるのならハードウェアウォレットを買ってください。安いものなら3000円くらいからありますから。ということでオススメはハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットにも様々なレベルのセキュリティのものがありますが、総じてウォレットアプリよりもセキュリティが高かったりします。

――ハードウェアウォレットと取引所のウォレットの使い分けが必要ということですね。

ジョナサンさん:もちろん、ハードウェアウォレットにも紛失や盗難などのリスクが伴います。そういう意味でもリスクを分散させることが大事です。例えば7割の暗号資産はハードウェアウォレットに置き、残りの3割を取引所に置いて、値段の動きがあったらある程度売買できるようにしておこうとか。長期的に投資している人は100%自分で管理しても良いと思います。

暗号資産が取引所から流出!利用者がしてはいけないこととは

――取引所がハッキングされて、暗号資産が流出してしまった場合に利用者はどう対応すればいいのでしょうか?

ジョナサンさん:流出が起こってしまったときに、一番してはいけないのは「焦ること」。

――いや、どうしても焦ってしまいますよ……。

ジョナサンさん:ですよね。でも、焦らないこと、それに加えて「取り出さないこと」も大切です。取引所がハッキングされたからと言って、焦って自分の暗号資産を取り出そうとしないでください。ハードウェアウォレットに取り出すならまだしも、どこのものとも分からない、セキュリティが非常に甘いウォレットアプリを焦ってダウンロードして、そこに移したりしたら…。そのウォレットにウイルスが仕込んであって、暗号資産をすべて抜き取られるという可能性もあります。

あなたがハッキングに遭う可能性もあります

――ハードウェアウォレットにせよ、ウォレットアプリにせよ、取引所ではなく私たち個人のウォレットがハッカーに狙われることもありますよね?

ジョナサンさん:実際にそのような事例も報告されています。ふたつ紹介しましょう。

――暗号資産に限った話ではありませんが、十分に注意したいですね。

今回のまとめ

ジョナサン・アンダーウッドさん FLOCブロックチェーン大学校 校長
ビットバンク株式会社 チーフビットコインオフィサー
アメリカ出身のビットコイン研究者。ビットコインのオープンソース、ウォレットプロジェクトの開発や、プロトコルを定める提案などに参画。2017年日本において、ブロックチェーンエンジニアが技術や知識を学ぶ場が少ない現状を打破したいという想いからブロックチェーン大学校株式会社を設立。2018年FLOCブロックチェーン大学校校長に就任。 ブロックチェーン教育、および暗号資産(仮想通貨)のセキュリティ問題に関しては、国内でも有数の識者であり、メディアを通じての啓蒙活動も積極的に行っている。

【2022年最新】仮想通貨FX海外取引所おすすめランキング11選!

あんな

この記事では上のような内容に加えて、税金や違法・合法のルール、海外取引所のメリットやデメリットなどについても解説します!

かずき

特にレバレッジや銘柄数・取引量などは正確な情報を収集しているため、きっと役立てていただけると思います!

\日本人に人気No.1/

仮想通貨FXとは

仮想通貨FXとは

仮想通貨FXとは「 仮想通貨で行う証拠金取引 」のことです。

意味:仮想通貨で行う証拠金取引

証拠金取引とは「 自分の手持ちの仮想通貨を実際には売買しない 」取引のやり方です。

  1. 「売った」といっても、実際には売っていない
  2. チャート上「売ったこと」にしている
  3. 「買い」も同じ
  4. 最終的な売買の結果は「出金時」に確定する
  5. それまでは全て「架空のやり取り」になる
  6. だから「レバレッジ」もかけられる

その通りで、だからこそ「 一定のレベルで強制退場=ロスカット 」となります。

さゆり

これもその通りで、金融庁も含めて日本は全体的にそのような考え方です。

かずき

そのため、仮想通貨のレバレッジが最大でわずか2倍など「架空のお金」をほとんど使えないようにしています。

同じ日本の法律でも FXならレバレッジは25倍までOK です。

対義語は「仮想通貨現物取引」

仮想通貨現物取引実際に持っている仮想通貨だけで売買する
仮想通貨証拠金取引(FX)証拠金を元に「架空のお金」で売買する

まいこ

先に書いた「日本人や金融庁が支持するやり方」は「現物取引」なんですね。

言葉の意味

しかし 「FX」は辞書で定義されています。

このため、仮想通貨FXを直訳すると「仮想通貨外国為替証拠金取引」となります。

そのため、ここを除外すると「 仮想通貨証拠金取引 」となります。

あきら

つまり「仮想通貨FX」というのは、あくまで「わかりやすく説明するための造語」なのです。

あすか

国語的にはやや間違いなのですが、イメージがわかりやすいため「FX」をつけているわけですね。

やることの内容は「仮想通貨を使った証拠金取引」であるため、 内容としてもFXの言葉の意味としても 「仮想通貨証拠金取引」と定義できるのです。

あんな

以上が「仮想通貨FX」の意味ですが、実際のトレードで一番日本人に人気なのはBybitです。

りょうた

世界トップクラスの取引所で日本語サポートも非常に手厚いため、ぜひチェックしてみてください!

\初心者に人気No.1/

仮想通貨FXで海外取引所を使うメリット

仮想通貨FXで海外取引所を使うメリット

レバレッジが最大1,000倍(国内は最大2倍)

海外の仮想通貨FXでは、 最大1,000倍のレバレッジ をかけられます。

あんな

数字のリンクは「その数字で正しいとわかる公式ページ」に飛ぶものです。

取引所最大倍率
FXGT1000倍
BAQRON125倍
Bitget125倍
BingX125倍
MEXC125倍
Bybit100倍
BINANCE20倍

一方、 国内の取引所の最大レバレッジは「2倍」で「レバレッジ不可」のところが半分 ほどです。

りょうた

こちらも、数字は公式ページにリンクしています。

取引所倍率
ビットフライヤー2倍
GMOコイン2倍
DMM Bitcoin2倍
Zaif(ザイフ)2倍
コインチェックなし
ビットポイントなし
ビットバンクなし
LINE BITMAXなし

まいこ

もちろん、国内の取引所は「消費者を守るため」にこうしています。

取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所 あきら

しかし、それはあくまで「初心者」のための配慮なんですね。

そもそも、 レバレッジは「不要ならかけなければいい」 わけです。

初心者でも 「自己コントロールができる方」であれば、最大レバレッジがどれだけ大きくても問題ありません。

あんな

そのような場面では、最大レバレッジが大きければ大きいほど有利になります。

かずき

そのため、レバレッジに関しては「自己コントロールができる方であれば、国内の取引所より海外の取引所の方が、物理的に有利」といえます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる