内部者取引

分析方法や分析ツールについて解説

分析方法や分析ツールについて解説

引用:Ptengine

Web分析に使える「ヒートマップ」とは?導入に失敗しないための基礎知識を解説

ヒートマップ分析

アテンションヒートマップの例


引用:Ptengine

アテンションヒートマップは、ページを訪問したユーザーが、ページ内のどこを熟読していたのかを表します。一般的には、赤やオレンジなどの暖色が興味関心の高く熟読された箇所、青やグレーなどの寒色が読み飛ばされた箇所を示します。

<アテンションヒートマップから読み取れること&改善策の例>

スクロールヒートマップ:読了率と離脱箇所がわかる

スクロールヒートマップの例


引用:SiTest

スクロールヒートマップは、ページを訪問した人がどこまでスクロールしたのかをグラデーションで表示。ユーザーがどこまで見てくれたのか?(読了率)がわかると同時に、ページのどこで離脱したのかがわかります。

<スクロールヒートマップから読み取れること&改善策の例>

クリックヒートマップ :クリックされた箇所がわかる

クリックヒートマップの例


引用:Ptengine

クリックヒートマップは、その名の通りユーザーがクリックした箇所がわかります。色の寒暖で、意図通りにバナーがクリックされているのかの確認や、予期せぬ箇所がクリックされていることを直感的に把握できます。

<クリックヒートマップから読み取れること&改善策の例>

マウスムーブヒートマップ:ユーザーのページ内の動きがわかる

マウスムーブヒートマップの例


引用:SiTest

マウスムーブヒートマップでは、ユーザーがページ内をどのように移動したかを把握できます。他のツールと違い、ページ内にある情報同士の関連を知ることができるのが特徴です。

マウスムーブヒートマップの分析例

中間の情報から前半の情報に戻っている、目次をさっと見て特定の箇所にすぐ移動するユーザーが多い、他のページに移動している、などの情報を知ることができるので、ページ内の情報の配置や順番を検討。ユーザーの導線やUI/UXを改善することで、滞在時間やコンバージョンが向上します。

引用:SiTest

また、クリックヒートマップと合わせて分析することで、明らかにマウスは動いているのにクリックをされていない「スルー」の現象を把握することができ、クリックエリアのコピー変更やコンテンツの入れ替えといった、改善につなげることができます。

ヒートマップ導入のメリットとデメリット

ヒートマップ導入のメリット

最大のメリットは、ユーザーのページ内での行動を細かく把握できることです。

ヒートマップ導入のデメリット

ヒートマップのデメリットは、あくまでも1ページだけの分析になるということ。

ヒートマップ導入時に検討したい!3つのポイント

ヒートマップ導入のポイント


最後に、ヒートマップを導入する際に押さえておきたい3つのポイントをお伝えします。

ポイント1.ヒートマップで何をしたいのか?目的を明確にする

1つ目は、自社のWebサイトの課題解決として、ヒートマップが使えるかどうかを検討することです。

・LPに集客できているのに、コンバージョン率が低い
・アクセス数はそれなりにあるページなのに、離脱率が高くて、検索の上位に入れない
・新商品のLPを作るまでに、現行商品のサイトでコンバージョンに貢献している情報を把握しておきたい

<検討すべきこと>

  • サイトの課題を解決するために、どの種類のヒートマップが必要か?
  • ヒートマップ機能に特化したツールが良いのか?
  • 他のアクセス解析機能を含むツールを選ぶのか?

ポイント2.データを取りたいページとツールの仕様を確認する

ヒートマップツールを選定するときには、自社のサイトのどのページのデータをとるのか、対象ページを具体的にして、ツールの詳細を確認します。

ポイント3.社内のリソースと予算を確認する

3つ目は、ヒートマップツールを実際に使用する社内のメンバーのリソースと、かけられる予算を確認しましょう。マーケティングのチームにヒートマップに慣れたメンバーがいる場合は問題ありませんが、初めてだったりWebマーケの人材が少なかったりする場合は、ツールのサポート体制も確認しましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる