取引ツール

取引を始める前に押さえておくべき基礎知識

取引を始める前に押さえておくべき基礎知識
FXは 5ステップ で始められます。

マネジメントNavi

得意先、仕入先ともに、以下の点を確認してください。
◆支払・回収のサイトを確認する
→資金繰りの観点からは、回収が先行するサイクルであることが望ましいです。
◆決済手段を確認する
→売掛金回収が手形の場合、現金と比べて債権回収までの時間が長期になり、リスクは高くなります。
◆取引先数が何社あるのか
→取引先数が少なければ少ないほど、取引先の倒産で自社が受けるダメージは大きくなります。
◆取引先のうち、最も取引額の多い先が、取引額全体に占める割合はいくらか
→特定の取引先に依存していないかどうかを確認します。1社で全体の取引額の30%以上を占めるようであれば、かなり依存度が高いといえます。

③売掛債権の回収については、回収期日に遅れがないか確認する
与信管理の基本ともいえるのが、「期日通りに代金を回収できているかを確認すること」です。
インターネットバンキングを利用すれば、回収期日に金融機関へ行かなくても、入金状況は確認できます。

期日に入金が確認できなかった場合、相手先へ必ず早めに連絡を入れます。
事務手続きのミスや金融機関側のシステムの問題など、相手先の資金状況以外の原因である可能性もあります。
焦らずに、入金が確認できていない事実を伝え、改めて入金予定日を確認しておきましょう。

④取引先の倒産が発生した場合に備える
万が一、得意先が倒産してしまった場合、売掛金が回収できなくなるリスクが発生します。売掛金の回収遅延が自社の資金繰りに影響を与えないよう備えておきましょう。

<資金繰りへの備え>
◆必要運転資金よりも多めの現預金を常に確保しておく
◆融資の相談ができるように、金融機関と良好な関係を築いておく
◆経営セーフティ共済に加入する

<得意先減少への備え>
◆特定の取引先に依存していないか確認する
◆既存得意先の中で、取引比率が低い先への営業を強化する
◆新規得意先の開拓を進める

<仕入先減少への備え>
◆特定の取引先に依存していないか確認する
◆仕入先を複数持っておく

「与信管理」はBCPの一環

与信管理の目的は、取引先との関係で生じるリスクを適切な範囲に管理すること、つまりリスクマネジメント・BCP(事業継続計画)の一環と言えます。

3つの仮想通貨トレード手法と初心者が覚えておくべきコツ

ビットコイン取引


トレードとは利益を出すための取引のことです。

方法①デイトレード

方法②レバレッジトレード

方法③アービトラージ

仮想通貨をトレードする4つのメリット

メリットとデメリット


株や投資信託など他の金融商品と比較して、仮想通貨をトレードするメリットは何でしょうか。

メリット1. 24時間365日取引可能

メリット2. 少額から取引可能

メリット3. 通貨のインフレリスクを分散できる

メリット4. 個人間送金に対応している取引所がある

仮想通貨をトレードする3つのデメリット

セキュリティ


メリットがある一方で、仮想通貨をトレードするデメリットも大きく分けて3つあります。

デメリット1. 手数料が高い場合がある

デメリット2. 取引所が破綻する可能性がある

デメリット3. 相続できない可能性がある

仮想通貨を短期トレードをするメリットとデメリット

仮想通貨の短期トレード

短期トレードのメリット1. 短期でも大きな利益を狙える

短期トレードのメリット2. 取引所のリスクを回避しやすい

短期トレードのメリット3. さまざまな通貨に手を出しやすい

短期トレードのデメリット1. 失敗が続けば損失が膨らむ

短期トレードのデメリット2. 時間と体力が必要な取引方法である

短期トレードのデメリット3. メンタル的に消耗しやすい

仮想通貨を長期トレードをするメリットとデメリット

ビットコイン(BTC)


次に仮想通貨を長期でトレードするメリットとデメリットについて紹介します。

長期トレードのメリット1. マイペースでゆっくりと取引が可能

長期トレードのメリット2. 手数料を抑えられる

長期トレードのデメリット1. 売り時・買い時のタイミングを逃しやすい

長期トレードのデメリット2. 必ずしも大きな利益とはならない

取引所で仮想通貨のトレードをするときのポイント2つ

仮想通貨のトレードのポイント


取引所で仮想通貨のトレードをするときのポイントとして、特に重要なことが2つあります。

ポイント1. 売り板と買い板をチェックし、条件の合った注文を行う

ポイント2. チャートを読み込み、相場の流れを覚える

取引方法によってメリット・デメリットは違う

メリット・デメリットの違い


仮想通貨のトレードは、他の金融商品に比べてメリットがある反面、当然デメリットも存在します。

大塚雄介 プロフィール写真

  • ・いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン
  • ・ビットコイン投資やってみました! (監修)

Related Articles

  • 商号:コインチェック株式会社
  • 暗号資産交換業の登録番号:関東財務局長第00014号
  • 加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会
  • 【暗号資産・暗号資産のお取引に関する重要事項】
  • 暗号資産は本邦通貨又は外国通貨と異なります。
  • 秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値が失われます。
  • 暗号資産は移転記録の仕組みの破綻等により、その価値が失われる場合があります。
  • 暗号資産の価格は変動するため、損失が生じる場合があります。
  • 取引を始める前に押さえておくべき基礎知識
  • 暗号資産は対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使⽤することができます。
  • お取引の際は、取引内容を十分に理解し、自己の責任をもって行ってください。
  • その他の重要事項及び取引内容等につきましては、「Coincheck 暗号資産取引説明書」「Coincheck 利用規約」「Coincheck つみたて取引説明書」「Coincheckつみたて利用規約 」等の交付書面をご確認ください。
  • お問い合わせ:https://coincheck.com/ja/info/help_contact
  • 手数料について:https://coincheck.com/ja/info/fee
  • ※当社は、細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではなく、お客さまがこの情報もしくは内容をご利用されたことにより生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
  • ※情報提供のみを目的としており、暗号資産関連取引の勧誘を目的としたものではございません。売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。
  • ※当社は予告なしに、ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。
  • ※情報の転載・複製を固く禁じます。

カテゴリー

Digital Currency Exchange
Registration Number: Kanto Finance Bureau 00014

FXとはなにか?利益や損失が出る仕組みをわかりやすく解説

京都大学公共政策大学院 修士課程修了。トレーダーとして法人の資産運用を担う。その後、フィスコのアナリスト、FUNDINNOで日本初のECFアナリストとして政策提言に関わる。フジテレビ、日経CNBC、プレジデント、ダイヤモンド、Forbes JAPAN、SPA!などで活動。
■フジテレビLiveNEWSαレギュラー出演
■Yahoo!公式コメンテーター
■書籍『5万円からでも始められる! 黒字転換2倍株で勝つ投資術』
Twitter : https://twitter.com/marikomabuchi
オフィシャルサイト:https://mabuchimariko.jp/

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。その後国内大手仮想通貨取引所Coincheckでトレーディング業務、新規事業開発に携わり、NYのブロックチェーン関連のVCを経てCWC株式会社を設立。証券アナリスト資格保有 。
Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

FXとは何か?その仕組みを簡単に解説

FXとはForeign Exchangeの略称であり、日本語で外国為替証拠金取引を指している。 資金を証拠金=担保としてFX会社に預け、それを元に2ヵ国の通貨を交換して取引をおこなう。

このように証拠金を元に取引をするため、いきなりドルを売って円を買うこともできる。

24時間取引が可能

そのため、為替市場は一日のうち、ほとんどの時間取引が可能となっている。

また、通貨は採用している国(ドルであれば米国など)が日中である時間帯は値動きも活発になることから、時間帯によって臨機応変に取引通貨を切り替えられることも大きな利点の一つである。 ちなみに○○市場というのはその時間帯に取引量が多い場所を表している。そのため、各市場の取引時間は明確に決まっているわけではない。

基本的な取引手数料が無料

ただし、一定期間以上取引をしない場合は口座維持手数料がかかるFX会社もある。

FXではどのように利益や損失が出るのか

  • 為替差損益
  • スワップポイント

為替差損益

為替差損益(かわせさそんえき)とは、異なる通貨同士の価格変動によって生まれる利益、あるいは損失のこと。

FXは実際に通貨を保有しているわけではないため、トレーダーの注文に基づいてFX会社が「通貨を持っている」と仮定して取引し、為替差損益で生じた分だけを実資金に反映させる「差金決済」という仕組みを採用している。

スワップポイント

FX特有のスワップポイントとは、二ヵ国間の通貨にそれぞれ定められた金利の差額を調整するための仕組み。

一方、逆のケースではFX会社から差額分が徴収されることになるため、長期保有する場合は事前にどの程度の金利差が発生するかを確認しておこう。

  • トルコリラ
  • メキシコペソ
  • 南アフリカランド

FXで大きな特徴のレバレッジとは?

レバレッジとは証拠金として預けている金額の何倍もの金額をトレードすることができる仕組み。 外貨預金のような現物売買の場合、10万円の日本円を保有しているとすると、10万円分の外貨を購入することしかできない。

レバレッジのメリットと注意点

  • 1ドル:100円のタイミングで1,000ドル(10万円)を購入
  • 1ドル:101円に上昇→1000円の利益
  • 1ドル:99円に下落→1000円の損失
  • 1ドル:100円のタイミングで25,000ドル(250万円)を購入
  • 1ドル:101円に上昇→25,000円の利益
  • 1ドル:99円に下落→25,000円の損失

レバレッジをかければ得られる利益が大きくなるが、同じだけリスクも拡大する点は注意が必要だ。

レバレッジから見た証拠金の計算方法

  • 取引通貨量÷レバレッジ×為替レート=必要証拠金

たとえば1ドル100円と仮定し、レバレッジを5倍にして1,000ドル(10万円)購入する場合に必要な証拠金は 1,000ドル÷5×100=20,000円となる。

FXを始める際に知っておきたい用語

スプレッド

  • 買値と売値の価格差
  • 実質的な手数料といえる

スプレッドはFX会社によって設定幅が異なるため、とくに短期で何度も取引を繰り返す場合は可能な限り狭いところを選ぶとよいだろう。

【FXを始める前に学ぼう!】5つの基礎用語と注意点、始め方の手順

FXを始める前の事前準備が大事

取引を始める前にFXの基礎を学ぼう

FXとは、 2国間の通貨を売買して利益を狙う投資 です。

「Foreign Exchange」 の略が「FX」で、日本語では 「外国為替証拠金取引」 と呼びます。

FXとは為替で稼ぐ人気の投資!図解でわかる仕組みと始める簡単5STEP

為替差益を狙うのが最大の目的

FXは 為替差益を狙うのが最大の目的 です。

なぜなら、 為替変動を利用して利益を得るのが基本的な取引の方法となる からです。

用語解説【キャピタルゲイン・インカムゲイン】FXではどちらが主流?

FXはギャンブルではなく投資

FXは一か八かの賭けに出たり、一発逆転を狙ったりする ギャンブル ではありません。

なぜなら、 FXは自分の行った取引を振り返り検証・改善することで、より優位性のあるトレードを行うことができる からです。

FXは一発逆転を狙うのではなく、 勝てるとわかっている相場でのみ取引を繰り返していくことで 、着実に資産運用していくものだと理解しましょう。

FXを始めるのに必要なこととは?

FXを始める前に学ぶべき基礎知識

FXを始める前には、まず 基礎知識を学ぶ ことが大切です。

なぜなら、 基礎知識がないまま始めてしまうとスムーズに取引を行うことができず、「難しい」という先入観が芽生えて挫折する可能性がある からです。

【初心者のためのFX入門講座】ゼロからやさしく学ぶ7つの基礎知識

FXを始める前に知っておくべき基礎用語5つ

では、 FXを始める前に知っておくべき基礎用語 を5つ解説します。

【スプレッド】FXの実質的な手数料

スプレッドとは、通貨の 売値と買値の差 のことです。

FX会社は 取引手数料を無料 としていることがほとんどですが、スプレッドは取引を行う際に発生するため、FXの実質的な手数料となります。

FXを始める前に知っておくべきスプレッド

【8社比較!】FXのスプレッドとは?狭い方が良い理由と変動するケース

【レバレッジ】少額投資で大きなお金を動かせる仕組み

FXを始める前に知っておくべきレバレッジ

レバレッジは「てこの原理」のことで、 元手の最大25倍までの金額 を動かせる仕組みです。

レバレッジとは?1万円が25万円に増える!儲かる仕組みと活用法

【証拠金】FXを始めるのに必要な担保金

証拠金とは、 FX口座に預ける担保 のことです。

それぞれちゃんと 異なった意味 があるので覚えておきましょう。

【ロスカット】FX会社のシステムによる強制決済

ロスカットとは、証拠金維持率が一定の水準に達すると発動する 強制決済 のことです。

FX会社の定めたロスカット基準に達すると、 証拠金以上の損失を出さないようにするため ポジションが強制決済されます。

FXを始める前に知っておくべきロスカット

【FXのロスカットとは?】その目的と大損や借金の可能性、3つの回避方法

【FX会社】専用の口座開設を行う場所

FX会社とは、 FXをするための口座開設をする場所 です。

【FX口座の開設方法】選び方のポイントと必要書類、おすすめ口座3選

FXにおける4つのトレードスタイル

FXには大きく分けて 4つのトレードスタイル があります。

トレードスタイル 取引期間 利益幅 利益の種類
スキャルピング 数秒~数十秒 10pips未満 為替差益
デイトレード 数時間、1日以内 10~100pips 為替差益
スイングトレード 数日~数週間 デイトレより大きい スワップポイント・為替差益
長期トレード 数か月~数年 スイングより大きい スワップポイント・為替差益

【FXのスキャルピングとは】手法の基本と使うテクニカル、おすすめ口座3選
【FXのデイトレード】基礎知識とやり方、おすすめ口座3選を解説!
【FXのスイングトレード】重要な3つのコツと初心者でも稼げる手法

FXを始めるのに必要な資金は?

FXを始める前に知っておくべき必要資金

FXは 最低約4円 から取引ができます。

なぜなら、 1通貨単位での取引 が可能なFX会社もあるからです。

FXは4,000円から始めることはできるが・・・

1,000通貨単位の場合、米ドル/円ならレバレッジ25倍で 約4,000円 の資金で取引が行えます。

【始めるならここ!】初心者向けのFX口座3選

業界最小!1通貨単位から取引可能「MATSUI FX」

スプレッド
(米ドル/円)
スプレッド
(ユーロ/円)
スプレッド
(豪ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
  • 業界最小! 1通貨単位 から取引OK
  • 手数料無料で 少額でも低コスト取引が可能!
  • もちろん スプレッドは業界最挟水準 で提供中

1通貨単位 からの取引ができるので、 少額から始めたい人にはもってこいの口座 です。

また、 小ロット取引だと手数料が発生するFX会社が多い中、MATSUI FXでは一切手数料はかかりません。

低コスト!GMOインターネットグループのFX会社「外貨ex byGMO」

取引を始める前に押さえておくべき基礎知識
スプレッド
(米ドル/円)
スプレッド
(ユーロ/円)
スプレッド
(豪ドル/円)
銭原則固定 銭原則固定 銭原則固定
スワップ
(トルコリラ/円)
キャッシュバック 詳 細
  • 取引通貨単位は 「1000通貨」 ドル円なら 約5000円から取引OK
  • 業界最狭水準のスプレッド を提供中!
  • スマホアプリ が使いやすい!

初心者のためのFX口座!少額でFXをはじめるなら「LIGHT FX」

スプレッド
(米ドル/円)
スプレッド
(ユーロ/円)
スプレッド
(豪ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
  • 取引通貨単位は 「1000通貨」 からなので 少額トレードOK
  • 業界最狭水準のスプレッド と 高水準のスワップ が 圧倒的魅力
  • 提携会社につき、当サイトからの申込みでキャッシュバック増量中!

FXを始めるのに注意すべきこと

FXを始める前に知っておくべき注意点

この項目では、FXを始める際に 最も注意すべきこと を紹介します。

勝てるトレーダーは皆リスク管理を徹底しており、 リスクを最低限に抑えるからこそ 勝ち続けることができるんです。

FXに潜む7つのリスクとその対策!初心者でもできるコントロール法

レバレッジは3倍まで

レバレッジは 高くても3倍まで にしておきましょう。

損切りを徹底する

初心者にありがちな失敗として 「損切りができない」 ということがあります。

自分で損切りポイントをあらかじめ決めておき、そのポイントに達したら 必ず 損切りするようにしてください。

FXで成功する近道は4stepの資金管理!勝ち組は知っている【2%ルール】

FXを始めるための5ステップ

FXを始める手順

FXは 5ステップ で始められます。

ステップ①基礎知識を身につける

まずはFXに関する 基礎知識 を身につけましょう。

ステップ②FX会社を選ぶ

様々なFX会社がある中で、 自分に合ったところ を選ぶようにしましょう。

FX会社を選ぶ際に重要な 判断材料 取引を始める前に押さえておくべき基礎知識 は、次の5つです。

  • スプレッドの狭さ
  • スワップポイントの高さ
  • 取引ツールの使いやすさ
  • サポート体制
  • 最低取引単位(少額で始めたい場合、1,000通貨から取引できるところを選ぶとGood!)

ステップ③デモトレードで練習

実践を始める前に デモトレードで練習 しておくことをオススメします。

なぜならデモトレードでは、 取引ツールの使い方や注文の仕方、取引の流れなどを、実際に手を動かして体感的に学べる からです。

8社比較【FXのデモトレード】やり方と練習で学ぶべき5つのこと

ステップ④資金を用意する

ステップ⑤少額で実践

なぜなら大きな資金で取引を始めてしまうと、 精神的負担が大きく、相場が思惑通りに動かなかった場合、損失額も大きくなる ためです。

FXの勉強をしたい人向けのおすすめ本

そこでこの項目では、 おすすめのFX入門書籍 を3冊紹介します。

【おすすめFX本】これだけは読んだ方が良い『初心者本』ランキング

FXを始めるための基礎知識 まとめ

FXを始める前には、 基礎知識 を学ぶようにしましょう。

  • FXは投資だと認識することが大切
  • スプレッドは実質的な手数料となる
  • レバレッジで元手資金以上の金額を取引できる
  • FXは証拠金を使って取引を行う
  • ロスカットは証拠金以上の損失を出さないための強制決済
  • 取引はFX会社を通して行われる
  • リスク管理を行おう

FXを始めるための基礎知識 Q&A

Q&A

FXを始める前には、 基礎知識 を学んでおくようにしましょう。

  • 【スプレッド】FXの実質的な手数料
  • 【レバレッジ】少額投資で大きなお金を動かせる仕組み
  • 【証拠金】FXを始めるのに必要な担保金
  • 【ロスカット】FX会社のシステムによる強制決済
  • 【FX会社】専用の口座開設を行う場所

FXはプロでも100%相場を予測することはできず、為替レートが予想と反対に動くこともあるため、 リスク管理 が重要になります。

  • レバレッジは3倍までに抑える
  • 損切りを徹底する
  1. 基礎知識を身につける
  2. FX会社を選ぶ
  3. デモトレードで練習
  4. 資金を用意する
  5. 少額で実践

  • この記事を書いた人

ライター兼デイトレーダー。 昭和63年6月30日生まれ。33歳。千葉県出身。 脱貧乏、時間的自由と金銭的自由を手に入れるため、勉強と実践を繰り返し中。 誰でも読みやすい記事を意識して、価値あるコンテンツを提供します!

不動産売却の超基礎知識を解説!はじめて売る時の心構えや会社の選び方

不動産売却の流れ

まずは、不動産売却の流れを把握しましょう。流れを知ることで売却の全体像を掴むことが出来ます。

  1. 全部で5つのステップがあるんだね!
  2. そうじゃな。それぞれのステップでどのくらいの期間がかかるかも大事じゃよ。

不動産は、売り出してから売却完了まで約6ヶ月かかると言われています。そのため、予め余裕を持って売却活動を行うことが肝心です。

取引を始める前に押さえておくべき基礎知識

取引を始める前に押さえておくべき基礎知識
やること 目安期間
STEP1 査定依頼 約1ヶ月
STEP2 相場を調べる
STEP3 会社選び・媒介契約
STEP4 売り出し 約1~3ヶ月
STEP5 売却交渉・契約・引き渡し 約1~2ヶ月

不動産売却で必要な準備

売却条件やスケジュールを決めること」と「売却する不動産の対象を定めること」の2つです。

不動産売却の相場

不動産を売却する前に、自分自身で「いくらで売却できそうか」を知るには「売買相場」を調べる必要があります。

  • 方法1:物件情報サイトで、売却したい不動産と似た条件の今売り出している不動産の価格を調べる
  • 方法2:過去の取引事例をもとに簡易的に査定価格を調べることのできるサイトでチェックする

不動産売却の査定

不動産が「いくらで売却できそうか」を客観的に判断するために不動産会社に不動産の価格を算出してもらうことを、査定といいます。

  • 机上査定:物件は見ず限られたデータを基に、過去事例と比較して査定価格を求める査定方法
  • 訪問査定:不動産会社の担当者が家を訪れ、現地の状況を加味して査定結果を算出する方法

査定を依頼するときは、ネットで簡単に査定ができるイエウールを利用するのが便利。一度の申し込みで複数社に査定依頼を出すことができますし、完全無料でサービスを利用できるので、不動産の価格を知ってから検討したいといった方も利用できます。

不動産売却時の必要書類

項目 目的
登記済権利証(登記識別情報) 真正な所有者の確認、売買による登記名義人の変更
建築図面(間取り図)と測量図 土地や建物の正確な物件情報の確認
身分証明書 売主本人の確認
建築確認済証、検査済証 建築基準法を満たした適法な建物かの確認
地積測量図、境界確認書 土地の大きさ等の確認、隣地との正式な境界の確認
マンションの利用規約 マンション内のルールを確認
マンションの使用細則・維持費 マンション内のルールを確認
固定資産税納税通知書 負担する固定資産税や都市計画税の計算
実印、印鑑証明 書類への捺印と実印の証明(本人確認)
固定資産評価証明書 固定資産税や登録免許税の計算
銀行口座書類・通帳 金銭のやり取り

不動産売却にかかる費用・税金

目安としては、不動産の売却価格の3~4%ほどの費用(物件によっては5%以上の場合もある)や税金が不動産売却をするとかかります。

それぞれの費用項目についても、不動産売却で共通してかかる費用や税金と、売却する不動産の種類ごとにプラスしてかかる可能性がある費用と分けて把握しておきましょう。

ただ、不動産売却を完了すためにかかる費用ばかりで、不動産売却を始めた時点では原則費用はかからないということを覚えておきましょう。

不動産売却の方法

不動産買取と仲介

比較項目 不動産買取 不動産仲介(媒介)
売却価格 相場価格より2~3割ほど安い 相場価格で売却しやすい
売却期間 短期間で売却可能 売却完了まで時間がかかる
売却できないこともある
仲介手数料 かからない かかる ※(売却価格×3%+6万円)+消費税
(売買価格が400万円超の場合)
売主の内覧対応 不要 必要

不動産会社と結ぶ媒介契約の種類

媒介契約を結ぶ

不動産を「仲介(媒介)」で売却する場合、売却活動を始める前に不動産会社との間で、売却活動方針などを定めた「媒介契約」を結ぶ必要があります。

媒介契約には、以下の3種類があり、どの契約を選ぶかによって売却活動の不動産会社側の義務や契約期間などが変わってきます。

取引を始める前に押さえておくべき基礎知識
媒介契約種別複数社との契約 売却活動の報告頻度 レインズへの登録 契約期間
一般媒介契約 なし 任意 無期限
(通常3ヶ月)
専属専任媒介契約 1週間に1回以上 媒介契約締結日
から5日以内
3ヶ月
専任媒介契約 2週間に1回以上 媒介契約締結日から
7日以内
3ヶ月

不動産売却のおすすめ相談先

取引を始める前に押さえておくべき基礎知識
相談内容 相談先
売却の流れややり方など、不動産売却全般 不動産会社
不動産売却でかかる税金や確定申告について 税理士
正確な不動産の資産価値について 不動産鑑定士
隣地との境界があいまいな場合の測量について 土地家屋調査士
登記変更などの手続きや不動産の権利関係について 司法書士
不動産の売買契約をめぐるトラブルについて 弁護士

【2022年】今は不動産売却に適したタイミング?

不動産価格は上昇している近年は売り時

上昇幅に差はあれど、直近1~2年は土地・マンション・一戸建てといずれの不動産種も価格が上昇傾向にあります。

2022年度不動産価格指数

取引を始める前に押さえておくべき基礎知識 取引を始める前に押さえておくべき基礎知識 取引を始める前に押さえておくべき基礎知識 取引を始める前に押さえておくべき基礎知識
土地 一戸建て マンション
不動産価格指数(住宅) 対前年比(%) 不動産価格指数(住宅) 対前年比(%) 不動産価格指数(住宅) 対前年比(%)
北海道地方 119.7 14.9 131.5 11.7 248.6 52.3
東北地方 117.5 13.9 120.42.7 218.4 1.2
関東地方 105.8 4 108 9.4 157.8 9.6
北陸地方 114.4 3.3 142.7 26.2 (196.1) (19.2)
中部地方 92.23.4 101.3 5.6 175.取引を始める前に押さえておくべき基礎知識 5 16.6
近畿地方 102.7 -4.9 110.2 7.4 170.取引を始める前に押さえておくべき基礎知識 4 12.5
中国地方 96 1.7 105.1 3.2 (186) (1.3)
四国地方 97.7 4.4 95.8 -6 (175.8) (-29.5)
九州・沖縄地方 108.3 5.9 105.3 -2.3 215.9 12.4

したがって、単純に不動産を売却して資金を増やしたい方なかなか売りに出せていなかった不動産を売却しようとしている方にとっては、今後価格が下がってしまう可能性もあるため、高い今が売り時といえるでしょう。

一括査定サイトのイエウールを利用するのが便利。一度の申し込みで複数社に査定依頼を出すことができます。

最良なタイミングは売却への希望条件次第

その後、マンションの場合はマンション名・専有面積・間取り・階層・方角、一戸建ての場合は都道府県・市区町村・町名・延床面積(建物面積のこと)・土地面積・築年数、土地の場合は都道府県・市区町村・町名・土地面積、の各項目を埋めてから、「想定価格をみる」ボタンを押してみましょう。

ボタンを押すと、〇〇万円~〇〇万円と、幅のある売却想定価格が自動で算出されます。なお、マンション名は入力の途中で候補物件が出てくるため、選択しましょう。

住み替え先の物件を住宅ローンを組んで購入する際の、「物件の購入可能額」を確認することが出来ます。

ボーナス1回の返済額・頭金・返済期間・住宅ローン金利を選択することに加え、購入可能額を調べるときは毎月の返済額を入力しましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる