FXスマホアプリ

直接投資

直接投資

WHAはベトナムへの直接投資を行っています

世界経済評論IMPACT(世界経済評論インパクト)

UNCTAD(2021)は,2021年1月24日に,2020年の世界の対外直接投資(FDI)フロー額(投資受入額[FDI Inflows]で表示)が前年比で42%も急減し,8,590億ドルであったと発表した。このように新型コロナ禍がグローバルなFDIフローに与えた影響が突然でかつ大きなものであったが,長期的視野から観察するとそこには自ずから違った姿が見えてくる。UNCTAD( World Investment Report 2019 :15)が作成した「FDIフローとその趨勢:1990年−2018年(2010年を基準年=100)」によると,グローバルなFDIフローの年平均伸び率は,1990年代は21%➡2000年−2007年は8%➡グローバル危機後(2008年−2018年)は1%,となっており,近年になるほど減速傾向にあることが鮮明になってきていた。つまり,コロナ禍の前にすでに減速傾向にあったグローバルなFDIのフローは,その感染が世界大に拡散するあおりを受けて一気に急減したといえよう。

日本の対外直接投資が,「プラザ合意」後の1980年代後半における対外直接投資の実績を上回るようになったのは,2000年代の後半(2006年−2010年)以降のことであり,その趨勢は現在まで継続している(2006年−2019年)。この期間の対外直接投資額の合計は,156兆3,493億円(年平均額11兆6,780億円)であり,とりわけ2010年代に入ると急増し史上最大の規模となっており,その意味で今日の日本は―コロナ禍で中断を余儀なくされているが―対外直接投資の「第2波」の渦中にあったといえよう。UNCTAD( World 直接投資 Investment Report 2020 :15)によれば,2019年には日本は世界最大の対外直接投資(2,270億ドル)を行う「海外投資大国」になっている。日本国際協力銀行『わが国製造業企業の海外事業活動に関する調査報告』(2019度版,7頁)によれば,2018年の日本の製造業企業の①海外生産比率は36.8%,②海外売上高比率38.7%,③海外収益比率36.4%,となっており,2010年代に入り3つ指標のいずれもが30%台後半にまで大きく上昇してきており,グローバルなFDIフローの減速下でも日本企業は活発な海外事業活動を展開してきていることが分かる。

「直接投資」を英語に翻訳する

In recent years, Long An 直接投資 has been valued as one of provinces which has hit its targets in Competitiveness Index and highly appealed foreign direct investment (FDI).

Previously, Chief of Presidential Staff, Moeldoko said that foreign direct investment from European Union -EU 直接投資 countries is the second largest in 直接投資 Indonesia.

Within ARK Hills also can be found the associated Invest Tokyo 直接投資 center, which handles activities like bringing in foreign direct investment.

The establishment of supply chains through trade and direct investment has long been driving global economic growth.

Long-term investments, including foreign direct investment, are needed in critical 直接投資 sectors, especially in developing countries.

Against the 直接投資 直接投資 backdrop of such circumstances described above, foreign direct investment into Myanmar, including 直接投資 直接投資 直接投資 those made by Japanese companies, is rapidly increasing.

Artificial restrictions to foreign direct investment had prevented this type of development in the past.

【A.T. カーニー調査】 2022年 海外直接投資信頼度ランキング

経営コンサルティング会社A.T. カーニー(東京都港区、日本代表:関灘 茂)は、2022年 海外直接投資信頼度指数 (The 2022 Kearney Foreign Direct Investment Confidence Index®、以下FDICI) 調査結果を公開し、投資先として魅力のある国上位25カ国を発表しました。
今年も米国が首位の座を維持し、2位にはドイツが浮上、3位はひとつ順位を落としたカナダ。日本は昨年より順位をひとつ上げ4位でした。


当FDICI調査報告書の著者で、A.T. カーニーのマクロ経済部門シンクタンクであるグローバル・ビジネス・ポリシー・カウンシル(GBPC)の創設者ポール・ローディシナ(Paul A. Laudicina)のコメント:
「新型コロナウイルス(COVID-19)によるパンデミックも3年目となり、一昨年に比べると投資家たちは世界経済や海外直接投資フローについての期待を膨らませていたようでした。しかしながら今後予想される商品価格の上昇、高まる地政学的緊張、インフレの長期化という懸念を抱いていたところ、今年に入ってわずか数か月でそれらの懸念が現実となり、ウクライナにおけるロシアの軍事行動によって状況はさらに悪化することとなりました。」

GBPCのマネージング・ディレクターで、当調査報告書の共著者エリック・ピーターソン(Erik R. Peterson)のコメント:
「投資家たちは明らかにESGへのコミットメントについて非常に前向きです。事実、
94%もの投資家が企業としてESGへのコミットメントを達成させるための戦略をすでに開発しており、
89%の投資家は自社のESGへのコミットメントにより競争力が高まっていると考えており、
73%の投資家は過去3年間でESG へのコミットメントがより大きくなったと答えています。
さらに彼らは、ESGへのコミットメントが自社のサプライチェーンの改善や生産性の向上に貢献する最重要項目のひとつとなっているとも指摘しています。その一方で投資家たちのあいだではESG目標の優先順位や評価について意見が別れる場合が多いのも事実です。」

前出のポール・ローディシナ(Paul A. Laudicina)のコメント:
「今年のFDICI調査報告書につけたタイトル 『Optimism dashed (打ち砕かれた楽観主義)』 は妥当なものだとは思いますが、一体いつまでこの状態でいられるのでしょうか?グローバルな開発・発展を通して世界が変遷を遂げてきたのは間違いないものの、だからと言って投資家が今現在の勢いに乗じてさらなる開発を行ったり、今後の新たな好機を探し求めたりするのをやめるわけではありません。インフラ投資などに的を絞ったり、国内及び海外ですぐにでもESG 戦略を実行に移したりすることによって、投資家や企業は進むべき確かな方向性が与えられ、最終的には、グローバルビジネスの状況に応じて進化を続ける根本的な変化に合致した、より効果的で長続きする投資環境が構築できるようになるでしょう」


■ 調査概要
Kearney Foreign Direct Investment Confidence Index®(海外直接投資信頼度指数)調査は、グローバル企業経営者層を対象とした年次調査で、今後3年間に大きな投資を呼び込む可能性が高いと思われる市場を順位付けしています。海外直接投資(FDI)の流れを振り返る、いわば後方視的な他のデータとは異なり、投資家が今後数年間にどの市場をターゲットとして海外直接投資を行うかについて、独自の前方視的な分析を提示するものです。1998年の調査開始以来、海外直接投資信頼度指数調査でランクインした国々と、その後数年間の実際の海外直接投資フローにおける上位投資先との間には密接な相関が見られます。
「2022年海外直接投資信頼度指数」調査は、世界の大手企業の上級幹部を対象とし、2022年1月に実施した独自調査から得た一次データを使用して作成されました。回答者の役職はCxOレベルの役員や地域統括責任者など。調査対象企業の年間売上高は5億ドル以上。調査対象企業の本社所在地は世界30カ国にまたがり、業種は全産業セクターにわたります。調査対象国は国際連合貿易開発会議(UNCTAD)のデータに基づき選定。当指数に含まれる25カ国で、近年の全世界におけるFDIフローの95%超を占めています。回答企業はサービスセクター企業が約41%、工業系企業が38%、IT企業が21%となっています。
当指数は今後3年間の対市場直接投資見込みに関する質問に対する高、中、低の回答の加重平均で計算されおり、指標数値は当該国から見て海外市場に拠点を置く企業のみの回答に基づいて計算されています。例えば米国の指標数値は米国に本拠地を置く投資家の回答を除いて計算されており、指標数値が大きいほど投資先としての魅力度が高いことを示しています。
当調査報告に記された経済成長を表す数値はすべて、特に記載がない限りオックスフォード・エコノミクスからの最新予測となっており、その他の二次ソースには、投資促進機関、中央銀行、財務省、産業・貿易省、関連ニュースメディア、その他の主要データソースを活用しました。

ベトナムへの海外直接投資と海外関節投資・メリットとデメリット


WHAはベトナムへの直接投資を行っています

2. ベトナムへの海外間接投資

3. FDIとFPI投資の類似点と相違点:

- 類似点:

- 相違点:


Other 直接投資 news

WHA Joins Webinar on “Opportunities and Risks of Investment in Vietnam under the New Normal” WHA Joins Webinar 直接投資 on “Opportunities and Risks of Investment in Vietnam under the New Normal”

Socio-Economic Advisory Group of Nghe An Province 直接投資 Conducts Field Survey in 2022 at WHA Industrial Zone 1 – Nghe An Socio-Economic Advisory Group of Nghe An Province Conducts Field Survey in 2022 at WHA Industrial Zone 1 – Nghe An

ベトナムへの投資にゲアン省が魅力的な投資先であるのはなぜでしょうか。 ベトナムへの投資にゲアン省が魅力的な投資先であるのはなぜでしょうか。

WHA Attended an Online Seminar to Attract Investment & Trade Between Nghe An Province (Vietnam) and Haryana Province (India) WHA Attended an Online Seminar to Attract Investment & Trade Between Nghe An Province (Vietnam) and Haryana Province (India)

WHA Industrial Zone 1- Nghe An Signs MoU with HuaLi Group to Invest in a New Project WHA Industrial Zone 1- Nghe An Signs MoU with HuaLi Group to Invest in a New Project

WHA Industrial Zone 1- Nghe An Participates in “Meeting with Korea 2022” Event WHA Industrial Zone 1- Nghe An Participates in “Meeting with Korea 2022” Event

Grand Opening Ceremony of 110kV Transmission 直接投資 Line & Power Substation at WHA Industrial Zone 1 - Nghe An 直接投資 Grand Opening Ceremony of 110kV Transmission Line 直接投資 & Power Substation at WHA Industrial Zone 1 - Nghe An

Reportage: Nghe An attracts investment with a special mechanism, WHA Industrial Zone 1 - 直接投資 Nghe An welcomes the investment wave 直接投資 Reportage: Nghe An attracts investment with a special mechanism, WHA Industrial Zone 1 - Nghe An welcomes the investment 直接投資 wave

WHA Welcomes Nghe An Provincial Leaders for Site Visit on the Lunar New Year WHA Welcomes Nghe An Provincial Leaders for Site Visit on the Lunar New Year

ゲアンオフィス

Lot AC1-1, WHA Industrial 直接投資 Zone 1 - Nghe An, Nghi Long Commune, Nghi Loc District, Nghe An Province, Vietnam

ハノイオフィス

Room 809, Daeha Business Center, 360 Kim Ma Street, Ngoc Khanh Ward, Ba Dinh District, Hanoi City, Vietnam

本社国際事業部

777 WHA TOWER, 23rd - 25th Floor, Moo 13, Debaratna Road (Bangna-Trad) KM.7, Bang Kaeo, Bang Phli, Samut Prakarn 10540

国内経済活性化をもたらす対外直接投資

低迷する日本への対内直接投資(MRIマンスリーレビュー 2014年12月号「投資先としての日本の魅力度向上に向けて」参照)に対し、日本の対外直接投資額は高い値で推移してきた。2013年の日本の対外直接投資額(フロー)は、日本企業の海外事業への高い意欲を反映し、5年ぶりに過去最高値を更新した。5月末に公表予定の2014年確定値では、円安の影響などもあり、やや減少する見込みであるが、中期的な傾向として対外直接投資は強含みで推移する公算が高い。
国際協力銀行(JBIC)が2014年11月に公表した「わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告 —2014年度 海外直接投資アンケート結果—」※1によれば、海外生産比率は拡大基調で推移する見通しであり、今後3年程度を見越した海外事業の強化・拡大姿勢も「強化・拡大する」との回答が8割を超えている。
地域別にみると、2013年はソフトバンクによるスプリント・ネクステルの買収などの大型M&Aや、自動車・部品各社の米国内現地生産の強化などもあり、米国向け投資額は対外直接投資の約3分の1にも上っている。アジアでは三菱東京UFJ銀行によるアユタヤ銀行の買収のほか、マツダ、ホンダなどの自動車工場の新設もあり、タイ向け投資が中国を上回った。ASEAN向け投資もシンガポールを中心に急増している。
今までアジアにおける日本の対外直接投資の主役であった中国投資は、生産コストの上昇や政治リスクを背景に減速している(前年比30%強の減)。前出のJBICの調査でも、中国は中期的に有望な事業展開先として2012年まで1位を保持していたが、2013年は4位、2014年は3位(1位インド、2位インドネシア、4位タイ、5位ベトナム)となっている。「インド」と「インドネシア」が有望先として上位を占めた理由は「現地マーケットの今後の成長性」であり、8割を超える企業が、そう指摘している※2。一方、両国を有望な投資先とみなす理由として「安価な労働力」を指摘する企業は3割程度にとどまった。
対外直接投資の増加は、産業空洞化※3への懸念も引き起こす。しかし、JBICの調査にみるように、対外直接投資は生産コスト削減を目的として行われる海外事業活動(垂直的直接投資)から、貿易コスト削減(生産拠点を市場に近づけ輸送費用節減)や現地需要の取り込みを目的とする海外事業活動(水平的直接投資)に移行しつつある。
特に水平的直接投資の進展は、海外市場における競合他社との競争を通じ、新たな技術や知識をもたらす。それらを有効活用し、ビジネスの創造につなげるためには、ホワイトカラー人材の充実が不可欠である。
日本の海外進出企業を対象とした研究では、水平的直接投資を行った企業は、海外市場から獲得した知識や技術を有効活用する観点から、ホワイトカラー人材を増やしてきたことが指摘されている※4。加えて、その変化が生産性の向上をもたらしうる、とした研究もある※5。非製造業でも、海外雇用比率の高い企業ほど国内雇用の伸びは高い※6。水平的直接投資では、海外進出に伴う国内事業縮小が不要なことに加え、海外拠点を束ねる本社の機能強化は不可欠なためだ。 直接投資
これら既存の研究結果では、企業の対外直接投資の増加は、空洞化をもたらすというより、海外進出を通じて雇用の増加や生産性の向上に結び付いている。企業は自らの強みを構築するに際し、中長期的な観点から対外直接投資を有効に活用する観点が求められる。

※3: 中村・渋谷(1994)(中村吉明・渋谷稔『空洞化現象とは何か』通商産業省通商政策研究所研究シリーズ Vol. 23.)によると、産業空洞化は「一国の生産拠点が海外へ移転する海外直接投資により、国内の雇用が減少したり、国内産業の技術水準が停滞し、さらに低下したりする現象」と定義される。

※4: MRIマンスリーレビュー 直接投資 2005年4月号「海外展開は国内雇用を減らすか」参照。(独)労働政策研究・研修機構「企業の海外事業展開の雇用・人材面への影響に関する調査」(2013)に基づく。

※5: 例えば、最近の研究であるHayakawa, K., T. Matsuura, K. Motohashi, and A. Obashi (2013), Two-dimensional analysis of outward FDI on performance at home: Evidence from Japanese manufacturing firms, Japan and the World Economy, 27, 直接投資 25-333。また、同研究は、垂直的直接投資の増加は雇用量には大きな影響を与えていないが、雇用の質の変化をもたらしているとした。なお、高い生産性を持つ企業のみが対外直接投資を行っているのではないことは、Head, K. and J. Ries (2003) , Heterogeneity and the FDI versus export decision of Japanese Manufacturers, Journal of the Japanese and International Economies, 17: 448-467.が確認している。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる