取引ツール

FXネオのスプレッド

FXネオのスプレッド
Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

最速資産運用

手数料が格安 手数料が非常に安く、外貨預金の10分の1以下。 売りと買いのどちらからでも入れる 円高でも円安でも収益が得られるチャンスがある。 レバレッジ効果 少ない投資で大きな収益が得られる。 小額から投資が可能 レバレッジを使えば、数万円単位から投資が可能。 流動性が高い 世界最大の金融市場なので流通量や取引量が非常に多く、取引が成立しないことは皆無。 FXネオのスプレッド 透明性が高い 世界最大の金融市場なので透明性が高く、インサイダー取引が発生する可能性が低い。 スワップ金利がもらえる可能性 取引する二国間の金利差により、スワップ金利は決まる。 低金利通貨で高金利通貨を買えば、毎日スワップ金利を受け取ることができる。 スワップ金利はFX業者によって異なる。 税制優遇措置がある 「先物取引に係る雑所得等」として、20.315%の申告分離課税で完了。 先物取引やCFD等との損益通算が可能。 差損が出た場合、3年間繰越可能。 24時間取引 サラリーマンや主婦などでも、空いた時間にリアルタイムで取引可能。 情報収集が楽 株式投資に比べると投資対象が少ないので、情報収集がしやすい。 多彩な決済方法 指値や逆指値など、自動的に決済する方法が用意されている。 指値: 指定価格より高ければ売り、指定価格より安ければ買い。 逆指値: 指定価格以下なら売り、指定価格以上なら買い。

FXの欠点

元本保証がされていない FXネオのスプレッド 売買した瞬間にスプレッド(為替間のレート差)や手数料が発生するので、必ず一回は元本割れをする。 為替変動によるリスクが大きい レバレッジをかけた場合、為替変動による損失が大きく膨らむ。 [対策] バランスの取れたレバレッジを心がける。 スワップ金利を支払う可能性 低金利通貨で高金利通貨を売れば、毎日スワップ金利を支払う必要がある。 金利変動リスクがある スワップ金利を受け取っていても、二国間の金利差が縮まれば受取額は減る。 オンライン取引のリスク インタ-ネットで売買する場合、FX業者のサーバや自分の通信機器の障害等で、取引ができなくなることがある。 FX取引業者の信用リスク FX取引業者の倒産により証拠金が全額返還されない可能性がある。 [対策] FX取引業者は業務や財産に関する説明書類を備え置くことが義務付けられているので、財務状況が過不足なく開示されているFX取引業者を選ぶ。 [対策] 顧客から預った証拠金が信託保全(分別管理)されているFX取引業者を選ぶ。 [対策] 取引所(クリック365)に登録されているFX取引業者の信用度は比較的高い。 強制ロスカット 必要証拠金額が足りなくなるとマージンコールが発生し、追証(追加で証拠金を入れること)しなければ強制ロスカットされ、損失が確定してしまう。 [対策] 指値や逆指値などでリスクヘッジを行なう。 24時間取引 仕事中や寝ている間の急激な為替変動により、大きな損失を被ることがある。 [対策] 指値や逆指値などでリスクヘッジを行なう。

FXの税金(基本)

申告要件 利益が20万円を超えたら要申告(給与所得者の場合)。 FX取引に関する費用を必要経費として計上可能(通信代、パソコン代、書籍代、セミナー代等)。 「先物取引に係る雑所得等」として、20.315%の申告分離課税で完了。 「先物取引に係る雑所得等」(先物取引やFX、CFD等)の中で損益通算が可能。 差損が出た場合、3年間繰越可能。(「先物取引に係る雑所得等」内において控除)

FXの税金(事業所得で申告する方法)

FX取引については、仮に事業所得で申告しても、先物取引という性格上「継続して安定した収益が得られる可能性」が実務上なかなか認められないため、雑所得として取り扱われることがほとんどです。事業所得として認められるのは、限定的であると思われます。
そこで、法人化を検討することになるのですが、手間とコストがかかるため、二の足を踏むことになります。
では、事業所得での申告が認められる方法はないのかというと、実はあります。安定的な手数料収入等が見込める金融商品取引業者に登録すればいいのです。
大まかな流れ 金融商品取引業者として所轄の財務事務所に個人で登録する。 登録完了後、FXを自己勘定取引する。 FXネオのスプレッド 金融商品取引業者の種類 第一種金融商品取引業 第二種金融商品取引業(*個人登録が可能) 投資運用業 投資助言・代理業(*個人登録が可能) 金融商品取引業者としての業務 登録が比較的容易な投資助言・代理業(投資顧問業)を選択する。 インターネット等を通じて、自らの経験をもとに、投資レポートを直接販売したり、投資ツールを公開し継続的に有料サポートを実施。 投資助言・代理業としてのスキルを向上させるために自己勘定取引を同時並行的に実施。 注意点 実際に投資助言・代理業(投資顧問業)を行なう必要がある。 登録免許税15万円の他に、供託金500万円~が必要となる。(供託金の代りに、銀行との保証委託契約でも可能) 事業規模とみなされると、事業税を納付する必要がある。 「先物取引に係る事業所得」として申告分離課税することになるが、申告方法を含め、税務署に事前確認しておいた方が無難。

関連する資産運用情報

金融株式カテゴリ

クレジットカード ポイント還元率比較ランキング ポイント還元率1%以上のカードを還元率順にランキング比較。利用額(年1万円~2000万円)や年会費を加味した実質的なポイント還元率を自動計算。 株式取引手数料ゼロの証券会社 株式の取引手数料が無料になる証券会社を比較解説。株式投資や信用取引、株式投資信託、転換社債等について。 証券会社格付け比較ランキング 証券会社の信用格付け(格付け機関5社分)を一括して一覧表示。毎月更新中。 CFDとは CFD投資の種類やメリット、デメリット、税金について。 FXスワップ(売り買い)比較ランキング 通貨ペア別にスワップポイントの高い順にFX業者をランキング比較。米ドル/円,ユーロ/円,英ポンド/円,豪ドル/円,NZドル/円,カナダドル/円,スイスフラン/円,南アランド/円,トルコリラ/円,ユーロ/米ドル,英ポンド/米ドル,豪ドル/米ドル,ユーロ/豪ドル,英ポンド/豪ドル。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる