取引プラットフォームガイド

初心者でも気軽に投資デビュー

初心者でも気軽に投資デビュー
株の売買のデモンストレーションや、One Tap BUYでのシチュエーションごとの漫画解説など親切な機能が満載です。株を始めようか迷っている方はデモンストレーションや漫画でまずはいろいろとイメージしてみるといいかもしれませんね。

初心者でも気軽に投資デビュー! スマホ投資のやり方・メリット・デメリット・選び方

これまではPCでの取引が主流だった投資。今では、多くの証券会社でスマホアプリが用意され、初心者でも気軽に投資を始められるようになりました。
スマホでの取引に特化し、口座開設から入金・取引・出金などすべての手続きがスマホで完結する「スマホ証券」も増えています。
そこでこの記事では、今や当たり前となったスマホ投資のやり方をご紹介しましょう。投資に興味のある初心者の方やPCでの運用が主流だった方などにも分かりやすく、スマホ投資のメリット・デメリット・選び方を解説していきます。

スマホ投資で取引できる金融商品

【スマホ投資で取引できる代表的な金融商品】

初心者でも気軽に投資デビュー 初心者でも気軽に投資デビュー
個別株(国内・海外)自分で選んだ個別の銘柄を購入し、譲渡益や配当益を狙う
単元未満株一単元に満たない端数株式
通常の株式と同様に売買が可能
FX異なる通貨間の為替差益を狙った取引
仮想通貨ビットコインなどに代表される仮想通貨(暗号資産)を購入・売買することで利益を狙う投資手法
投資信託資産運用のプロに資金を預け、得た利益が分配される仕組みの投資商品
ETFTOPIXやS&P500などの指数に連動するよう構成された上場投資信託を購入・運用する投資手法
REIT不動産に特化した投資信託「REIT(リート)」を購入・運用する投資手法
ポイント投資買い物などで得たポイントを投資に回して運用できるサービス
AI投資(ロボアドバイザー)AI(人工知能)が自分に合った資産運用を自動で行ってくれる、もしくは運用アドバイスをくれるサービス
不動産投資型クラウドファンディング複数の投資家で不動産取得費用を出資する、不動産投資に特化したクラウドファンディング商品

スマホ投資のやり方~株式投資の場合~

スマホ投資のやり方① スマホアプリをダウンロードする

スマホ投資のやり方② 口座を開設する

本人確認書類が必要になります。
オンライン申し込みであれば、スマホカメラなどで本人確認書類を撮影し、アップロードするだけで完了です。
ホームページやアプリなどオンライン申し込みであれば最短当日もしくは翌営業日には口座開設が完了する証券会社もあります。

スマホ投資のやり方③ 銘柄の購入資金を入金

主な入金の方法としては、
・銀行やコンビニなどのATMから入金
・銀行振り込み
・定期的な銀行自動引き落とし
・各証券会社独自のクイック入金サービス
などがあります。

スマホ投資のやり方④ 購入したい銘柄を決める

スマホ投資のやり方⑤ 取引の種類を決める

株式の取引には「現物取引」「信用取引」の2種類があります。
現物取引……実際に保有する資金額で取引すること
信用取引……自己資金を委託保証金として証券会社に預けることで、その保証金の最大約3.3倍の金額の取引をすること

スマホ投資のやり方⑥ 注文内容を入力する

・預かり区分……「特定預かり」「一般預かり」「NISA預かり」などから購入を希望する区分を選択
・注文方法……価格を指定しない場合は「成行」、指定した金額以下なら買う場合には「指値」を選択
・価格……「指値」を選んだ場合、いくら以下なら買うか、希望価格を入力
・株数……買いたい株数を入力
・条件……売買のタイミングを設定する
(例:「寄付」……その日の最初の取引時に注文を執行
「引け」……その日の最後の売買時に注文を執行 など)
・期間……注文の有効期間を設定。期間内に注文が成立しなければ失効となる

スマホ投資のやり方⑦ 発注する

売却の場合は「取引の種類」で「売り」を選択

スマホ投資のメリット

いつでもどこでもできる

少額から始められる

通常の株式投資では「1単元=100株」単位での購入となり、それなりの初期費用が必要です。
しかしネット証券やスマホ証券では、初心者でもより気軽に投資を始めることができるよう、単元未満株やポイント投資、おつりで投資などのサービスが充実しています。
スマホ投資なら、万が一失敗しても大きな痛手にならない程度の少額で投資に触れることができ、初心者に向いているといえるでしょう。

スマホ証券やネット証券なら手数料が割安

スマホ投資のデメリット

画面が小さく見にくい

不正取引などのリスクがある

スマホ取引には機能制限があるケースも

フリーWi-Fiの使用による情報漏洩の危険性

外出時にフリーWi-Fiを使って取引する場合、情報漏洩してしまう可能性があります。
自治体や店舗が正規に提供しているフリーWi-Fiであれば比較的安心ですが、気付かない間に「なりすましWi-Fi」など危険なフリーWi-Fiにつながってしまってしまうこともあるでしょう。
パスワードや口座情報などの個人情報が他人に流れてしまう危険性があるので、フリーWi-Fiの利用には十分な注意が必要です。

スマホ投資を始めよう! アプリを選ぶポイント

取り扱い銘柄の多さ

その証券会社が提供するスマホアプリでどのような金融商品が購入できるか、その種類を確認しましょう。
国内株や投資信託を扱っている証券会社は多いですが、海外株を扱っている証券会社は限られてきます。また取り扱っている銘柄数も証券会社によってさまざまです。
自分が購入したい株式や銘柄があるかどうか、選択肢が豊富かどうかを事前に確認して決めるとよいでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる