初心者向けFX会社も

トレンドとは

トレンドとは
送る

若者トレンドを押さえるキーワードはズバリ「共感」と「共創」。若者のリアルな声を若年層マーケティングに生かす方法とは?

昨今、若者は様々なシーンで「〇〇離れ」と言われていますが、いまの若者は実際何にお金と時間を費やしているのでしょうか?それはずばり「ヲタ活」です。昨年、SHIBUYA109 lab.が500人の若者に調査を行ったところ、なんと7割以上が「ヲタ」であると回答したそう。対象はアイドルやアニメ、ユーチューバー…などさまざまですが、 トレンドとは トレンドとは 自分が価値を感じるものにお金と時間を費やすことが、いまの若者の実態 だと長田氏は説明しました。

「ヲタ活」を通して共通の趣味を持つ人と繋がりたい

①#隠しきれないヲタク/#わーーーー○○ヲタさんと繋がりたい/#量産型ヲタク
趣味の合う人と繋がるきっかけを作るために、好きな人物やキャラクターの名前をハッシュタグに盛り込んで投稿することが流行っているそうです。好きなものが同じであればお互いに共感しやすく、このハッシュタグからは ヲタ活限定の友達を募集する若者特有の行動 も見えてきます。

②#推しのいる生活/#推しの生誕祭/#ネップリ トレンドとは
これらは、 推しの人物やキャラクターを、自分の生活の中に取り込んでいる ことを示すハッシュタグです。例えば「#推しの生誕祭」というハッシュタグでは、推しの人物の誕生日に、その人物のグッズや写真を並べて自分の部屋をデコレーションし、ケーキまで用意して勝手にお祝いしている投稿などが見られます。これには「自分はこれだけ好きなんだ!」という他人へのマウントではなく、「自分でこれだけ買うことで満たされる」という、 あくまで自己満足で行っているという心情 が表れているそうです。

③#ソンムル交換/#お菓子交換
こちらは韓流アーティストやジャニーズグループなどのアイドルファン同士が、コンサート会場で初めて会った時に、メッセージ入りのお菓子を交換する際に付けるハッシュタグです。

このようなヲタ活関連のハッシュタグを付けることで、共通の趣味を持つ人とSNS上でコミュニケーションを取ったり、リアルな場で実際に会って交流したりすることが当たり前になってきていることがわかります。従来のオタクのイメージから、「ヲタ」と聞くとニッチな活動のように感じられますが、 いまの若者にとって「ヲタ活」は当たり前であるという認識を持つことが重要 だと、長田氏は解説しました。

若者の心をつかむのは「カリスマ性」ではなく「共感性」が高いコンテンツ

昨年SHIBUYA109 lab. が発表した、『トレンド大賞2018』の中でトレンド入りしたタレントやユーチューバーには、ある2つの共通点があると述べました。それは 「応援したくなること」 と 「親近感があること」 です。

若者が応援したくなるのは「共創の余地がある」人物

以前は、例えば安室ちゃんのような「イットガール」=カリスマ性を備えた完璧な人が、若者から多くの支持を得ていました。しかし時代は変わり、現代では 「自分の応援でビックになっていく」、「距離感が遠くなく近づけそう」、また「あわよくば実際に会って交流できそう」と思えるような人のほうが、若者の心を掴んでいる とのこと。

ファンと同じ目線に立っていたり、ファンの意見をそのまま反映したりするような人物は特に人気を集めやすく、 「完璧な人」よりも「ファンと共創していく余地がある人」のほうが支持される ように変化してきました。

距離を近く感じることが若者の喜びにつながる

この若者の心理を上手く捉えているのが、SHIBUYA109のTwitter公式アカウントです。SHIBUYA109のアカウントでは、その時のタイアップやポップアップのコンテンツに合わせて、ファンにしかわからない用語を使ってツイートするなど、ファンに寄り沿った投稿を心がけているそう。 まるで「中の人もファンなの?」と思わせるようなコミュニケーションを図る ことで、若者に親近感を持たせてたくさんの共感を得られます。

また、ツイートに対するコメントには必ず返信することで、 「企業とフォロワー」という関係ではなく、「中の人とフォロワー」という関係づくり をしており、フォロワーと近い距離感での運用を心がけていると加えました。その結果、SHIBUYA109のアカウントは現在20万フォロワーまで成長し、以前まではキャンペーンの前後で増減していたフォロワーも、今ではキャンペーンが終わった後でも離れないようになってきているそうです。

企業が若者の心を掴むために押さえたいツボ

まず「共創する余白を作る」とは、 ファンが企業や商品に入り込める隙を持たせておくこと を意味します。完璧なものや完成形を提供することよりも、 ファンと一緒に創り上げていくような、共創する余地を持たせること のほうが、若者のファンを獲得する上では大切なのです。

次に「小さい“わかってる~!”を積み重ねる」とは、若者に「この企業は自分たちのことをわかっている」と思わせるような、企画づくりやSNS投稿などを、継続的に行っていくことです。これまで説明してきたように、 若者にとってその企業に親近感が持てるかどうかは、ファンになるかならないかを左右する重要なポイント です。

さいごに、企業のSNSアカウントは、画一的な連絡網になってしまいがちです。呼吸をするようにSNSを使っている若者にとって、SNSはリアルと同じくらい大切なコミュニケーションの場です。そんなSNSで、単なる新商品情報の発信やイベント情報の発信を行っても、企業からの一方通行なコミュニケーションとして捉えられてしまい、若者には振り向いてもらえません。 たとえ企業アカウントであっても、それを運用している中の人の人間性が伝わるような投稿をしたり、コメントに対して必ず返信したりするなど、 SNSを「若者と企業のコミュニケーションが生まれる場」として意識すること を忘れてはなりません。

若者トレンドを知るには若者のリアルな声を汲み取ることが重要

だからこそ、企業が若者の心を掴み、次世代ファンになってもらうためには、これまでと同じマーケティングのやり方だけではなく、 若者のリアルな声を傾聴すること を大切にしなくてはなりません。 若者のツボをきちんと理解し、同じ目線に立って考えることが、若年層マーケティングでは最も重要になるのではないでしょうか。

若年層に向けたブランディングと次世代ファンづくりの方法とは

第2部は「若年層に向けたブランディング~次世代ファンのつくり方~」と題して、株式会社トライバルメディアハウスのマーケティングデザイン事業部 シニアプロデューサー/Spark! 所長の鳴海 まい氏が登壇。SNSやアプリを中心に、ミレニアル世代・若年層マーケティングについて日々研究しているトレンド研究所『Spark!』の観点から、次世代ファンの作り方について解説しました。

なぜいま次世代ファンづくりなのか?

そもそも、企業が若年層にアプローチするメリットはあるのでしょうか? 鳴海氏はそのメリットについて、 「影響価値」 と 「推奨価値」 の2つの観点から解説しました。

若年層が持つ影響力と推奨力に着目

SNSアカウント保有者には、毎日のようにSNSを更新または確認している「アクティブユーザー」と、そうでない「非アクティブユーザー」が存在しますが、若年層は他の世代と比較するとアクティブユーザー率が高いことが特徴です。そのため現代の若者は、呼吸をするようにSNSを使って自分の世界観を表現したり、SNSを介して友人とつながったり交流したりしています。つまり、 若年層がSNSに投稿したくなるような仕掛けを考えることができれば、マスメディアなどにも取り上げられるような、世の中ゴトとなる話題までも生み出せる可能性がある のです。タピオカやチーズタッカルビなどが、その良い例です。

また若年層は、学校やサークル、部活、バイト先などの比較的狭いコミュニティ内で生活していると言えます。若年層に向けたプロモーションを考える際は、 一人ひとりの背景にそのようなコミュニティが存在することを忘れず、 そのコミュニティの中でどう情報が広がっていくことが理想的かを、イメージすることが大切 です。

若年層マーケティングを行う手順とは

企業が若年層へアプローチする際には、以下の3つのステップが重要だと解説しました。

  1. 若年層を知る
  2. 若年層に向けた文脈づくり
  3. 若年層へアプローチ

若年層を知るために意識すべきこと

若年層の実態を知るには、まず 一人ひとりがさまざまな興味の対象を持っている ということを知り、それらをしっかりと理解する必要があります。例えば、アイドル応援専用アカウントをもつ人と、ポートレートなどの写真専用アカウントを持つ人とでは、それぞれ共感ポイントや刺さる文脈が大きく異なります。

また若者の間で流行っているものに関しては、それらのモノやコトが、どういう文脈で話題化したのかを分析していくことが大切です。 「誰にどんな文脈が刺さり、どうトレンドになっているのか」を把握し、丁寧に理解すること を心掛けましょう。

若年層のSNSの使い方から見る「文脈づくり」の重要性

①〇〇専用アカウント

いま若者の間では、 「アカウントの統一性」 が重視されています。若者のInstagramを見ると、推しメン応援専用アカウント、カフェ専用アカウント、カメラ専用アカウント、中にはピンク色専用アカウントといったものまで存在しており、若者にとっては、好きなモノ・コトごとにアカウントを使い分けることが当たり前になっているのです。そのため 企業側がInstagramを運用する際にも、投稿内容や世界観に統一感を持たせることが求められます。

また、発信のためだけでなく、情報収集においても 「専用アカウント」 が活用されています。例えば、カフェの情報を知りたい時はInstagramでカフェ専用アカウントをフォローしておくと、自分の知りたい情報だけを手に入れることができます。

②Who文脈とWhat文脈

それではなぜ、若者の間で専用アカウントが増えたのでしょうか。最近では、 「誰が」話すかよりも、「何を」話すかが重要視される ようになってきました。 「私の好きなカフェ」という文脈の投稿では、自分のことを知る人しか興味を持ちませんが、「〇〇カフェが好き」というWhat文脈で投稿すると、同じ趣味を持つ不特定多数の人と繋がることができるというのです。

この「誰が」よりも「何を」が大切になってきていることについて、定量的なデータも現れています。2019年5月の結果では、「#〇〇好きさんと繋がりたい」というハッシュタグがついたツイートは、1カ月だけで120,000件も投稿されていますが、その2年前の2016年5月は、約半数の60,000件しか投稿されていませんでした。この結果からも、 この数年間で、SNS上で同じ趣味の人と繋がって情報交換をしたり、共感し合ったりするニーズが高まっている ことが分かります。

③位置情報の創出
Instagramでは、 架空の位置情報を創作して投稿すること が新たな若者トレンドになってきています。「女子高生の日常生活」や「プリント倶楽部」、友達の名前などの位置情報を、Facebookのチェックイン機能を使って登録・作成し、お互いに利用し合っているのです。

また先述したように、若者の間では「誰が」話すかよりも「何を」話すかが重視されていますが、それと同時に、 若者はSNSを「自己表現ツール」として捉えています。 いかに自分を表現するかが大切であるため、専用アカウントも人によって工夫が凝らされたものばかりです。

若年層へアプローチするには「創作」できるものを取り入れる

①すでに盛り上がっているネタを後押し

まず意識すべきなのは、「すでに盛り上がっているネタを後押しする」ことです。長田氏の話にもあった「#ネップリ」のように、若年層は「創作」も大好きなことから、 トレンドとは 企業アカウントの投稿やプロモーションなどの施策でも自分のオリジナリティを出せるものであることが重要 です。

これはハードルの高いことのように感じられますが、Twitterを使って簡単にトレンドをキャッチアップすることもできます。 「#流行りの」「#流行りのやつ」「#流行りのポーズ」「#流行りの加工」などといったハッシュタグで検索していくと、だんだん若者の間で流行っているものが見えてくる と、鳴海氏はアドバイスしました。

今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

これまでもCESではデジタルヘルスはカテゴリーとして扱っていた。しかしながら優先順位としては高くなく、腕時計型のウェアラブルデバイスで平常時のコンディションを測るものや、スリープテックや赤ちゃん見守りなど、ある意味「NICE TO HAVE(あった方がいいかな?)」と思われるソリューションが多かったのが実際のところだ。ただCOVID-19の危機(CTAはCOVID-19をcrisis危機と呼んでいる)を経て遠隔医療や、医療用ロボット、ドローンによる薬の配送などは、今必要なものとしてニーズが高まっている。

  1. デジタルヘルス、遠隔医療、ロボット&AI
  2. デジタルトランスフォーメーション
  3. ロボット、ドローン
  4. スマートシティー

テクノロジートレンド(1):デジタルヘルス、遠隔医療、ロボット&AI

リング型の「oura ring」は発熱状況も確認できるので、COVID-19の発病を管理するのに役立っているそうだ。また、CES トレンドとは 2021 イノベーションアワード受賞の「Bio Button」は米国のFDA認証も得ており、CDCガイドラインに沿ったバイタルデータによる健康管理も行える。

COVID-19の発熱も管理され、米国デトロイトの大学では教職員と学生にBio Button装着を推奨しているようだ。我々日本はCOCOAという接触確認アプリを厚生労働省が推奨しているが、より強固にCOVID-19および感染症予防を行いたい組織やコミュニティはBio Buttonのようなデバイスの装着も検討しはじめるかもしれない、とセッションを聞きながら思った。

boom(ブーム)とtrend(トレンド)の違い

A large housing boom led to the economic crisis in 2008.

Many people got fat during the Krispy Kreme boom a couple years ago.

Business is booming for online streaming services.

Pokemon Go is booming all over the world.

The トレンドとは Indian food business is booming.トレンドとは

China has become a booming market for smartphones.

boom(ブーンと音がする)

I heard a large boom outside.

The Pac-Man boom happened in the early 80s.

Pac-Man was booming in the early 80s.

上の例文なども普通は大丈夫だと思いますが「Pac-Man was booming」だけ切り取ると、パックマンがブーンと音をたてていた、といった風にも読めます。

Business is booming for online streaming services.

Online streaming services are booming.

上の例文も「online streaming service」を主語にすると、オンラインストリーミングサービスが音をたてている感じがしないでもありません。特にネットフリックスなどは映画関係のサービスで音が鳴っているイメージもあるからなおのことだそうです。

my boom(マイブーム)

I’m really into trains.

trend(トレンド)の意味と使い方

trend(トレンド)の意味と使い方

The trend of using SNS has made email a トレンドとは tool only for business.

He keeps up on all the latest trends.

Analysts wonder if smartphones are just a trend.

日本語と同じで「ride the trend(流行に乗る)」が使えます。

The new restaurant is riding gluten-free trend. Everything on its menu is gluten-free.

Aki is riding the trend of トレンドとは wearing socks over, rather トレンドとは than under, one’s trousers.

Scientists are using recent climate trends to predict the future of global warming.

trendを動詞で使う

George Floyd is trending on Twitter now.

fad(一時的流行)の意味と使い方

fad(一時的流行)

The Crocs fad peaked around 2007.

The loose socks fad ended a long time ago.

Is the tamagocchi fad still going?

There have been many fad トレンドとは diets in Japan.

The Crocs trend peaked around 2007.

The fad of using SNS has made email a tool only for business.

ファン歴が浅く、流行っているときだけのファンが「にわかファン」と呼ばれたりしますが、これを英語でどういえばいいのか? を整理してみました。 英語にはbandwagon(バンドワゴン)という言葉があり、古くはサーカスのパレードを先導する音楽の車・ワゴンを指.

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

LINE

送る

そこで今回は、 Twitterで今の流行や話題を確認するために、トレンドの味方や仕組みを紹介します 。Twitterのトレンドとは何か?ということから、その見方まで紹介していきますので、ぜひチェックしていってください。

Twitterのトレンドとは何か?

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

下の画像は、PCでTwitterをみた時の画像なのですが・・・
<2017年10月19日の15時20分時点>

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

<2017年10月19日の15時40分時点>

Twitterでのトレンドの見方

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

Twitter公式サイト(PC)での見方

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

「おすすめトレンド」というものが表示されているかと思います。

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

Twitterの公式サイトで、トレンドが確認できました!ちなみに、1番上のトレンドワードは広告なので、2番目以降が、本当のトレンドワードです。ひとつひとつのトレンドワードは、クリックできるようになっています。ここをクリックすることで、このトレンドワードを含む最新のツイートを確認できます。

Twitter公式アプリ(Android)での見方

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

累計ダウンロード数も5億を超えているアプリですので、安心してダウンロードしてください。

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

ログインに成功すると、あなたのアカウントのホーム画面が表示されます。虫眼鏡のマークが確認できると思いますので、ここをタップしましょう。タップすると、すぐに「おすすめトレンド」が表示されます。

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

PCの時とおなじく、1番上は広告。2番目以降が本当のトレンドワードです。これらのトレンドワードも、PCのブラウザで見た時とおなじく、タップすることで、このトレンドワードを含む最新のツイートを確認することができます。

Twitterのトレンドが表示されない場合は?

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

また、トレンドが表示されないといった不具合が起きたとき、その問題が自分だけなのか?というのは、とても気になるところ。Twitterなどの主要なSNSに不具合が発生しているかどうかは、ダウンデイテクターというサイトで確認することができます。

Twitterで日本国内の別地域トレンドの見方

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

Twitter公式サイト(PC)での見方

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

PCのブラウザーから見るTwitter公式サイトで、別地域のトレンドを見るには「おすすめトレンド」の横にある「変更する」をクリックします。

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

「トレンドのカスタマイズ」という画面が表示されるので「変更する」をクリック。

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

現在住んでいる地域とは別の地域をクリックしてみましょう。例として、ここでは「新潟」をクリックしてみます。

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

すると、現在地が新潟と表示されます。そのまま「完了」をクリックしましょう。

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

「おすすめトレンド」が「新潟のトレンド」にかわっており、トレンドワードもガラっとかわりました。

Twitter公式アプリ(Android)での見方

メニューが表示されたら、
・設定とプライバシー
・コンテンツの設定
・トレンド

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

と、タップしていきましょう。

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

初期設定では「おすすめトレンド」が有効な状態になっていると思いますので、ここをタップ。すると「おすすめトレンド」が無効になり、トレンドの地域を変更できるようになります。

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

すると、入力欄の下にある選択肢に「niigata」が表示されています。ここをタップすると、トレンドの地域が「niigata」に変更されます。

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

Twitterのホームに戻り、虫眼鏡のアイコンをタップして、トレンドを確認してみましょう。表示されているトレンドが「新潟のトレンド」になっていることを確認してください。

Twitterで世界のトレンドを見るための設定方法

Twitter公式サイト(PC)の場合

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

続いて「現在地を選択」をクリック。

トレンドを指定する場所という表示の下に、 トレンドとは
・地域/国
・都市
の選択ができる場所があります。

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

まずは「地域/国」をクリックしましょう。すると、世界の国々が表示されます。

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

今回は、アメリカのニューヨークのトレンドを見ていきましょう。まずは「アメリカ」をクリック。つぎに「都市」から「ニューヨーク」を選び、クリックします。

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

最後に「完了」をクリックすれば、あなたのトレンド欄がニューヨーカーと同じものになります。

Twitter公式アプリ(Android)の場合

手順は、
・ホーム画面で自分のアイコンをタップ
・「設定とプライバシー」をタップ
・「コンテンツの設定」をタップ
・「トレンド」をタップ
・「おすすめトレンド」をタップし、これを無効にする
・「トレンドの地域を変更する」をタップ
・トレンドが見たい地域を、ローマ字で入力する
です。

Twitterの「トレンド」とは?トレンドの見方や仕組みを解説!

先ほど、PCの場合は「アメリカ」を選んでから「ニューヨーク」を選びましたが、スマホのTwitter公式アプリでは、直接「new」と入力するだけで「New York」が選択できます。「New York」をタップして、トレンドを確認すると、ニューヨークのトレンドを見ることができます。

【専門家解説】マーケターとして注目すべき今後のデジタルトレンドとは

デジタルマーケティングを語る上で、SEO対策は外せません。SEO対策は企業のWebサイトへの流入数増加に重要な役割を果たしていることはご存じの通りですが、今後は音声検索(ボイスサーチ)の重要性がますます高まってくることが予測されます。なぜなら、AmazonのAlexaやAppleのSiri、Google Homeなどの普及に伴って、音声検索は身近な検索方法として私たちの生活に定着しつつあります。もちろん、 テキストベースのSEO対策とWebサイト最適化がBtoBマーケティングにおいてこれからも重要だということに変わりはありませんが、今後は音声検索の増加に対する対策も必要になってきます。

VSOとSEOのイメージ

世界最大の小売業者であるWalmartは、近年音声で買い物ができる機能に投資をしています。この影響は大きく、音声ショッピングの流れは今後ますます加速することになるでしょう。Google アシスタントを利用したWalmartのこのサービスでは、顧客の購買プロセスは至ってシンプルです。例えば顧客がコーヒーを買うとします。顧客はGoogle アシスタントに「OK Google、コーヒーをカートに入れるようにWalmartに伝えて」と話しかけると、Googleアシスタントがおすすめの銘柄を紹介し、後で購入できるようにカートに入れてくれます。

●2020年の時点で、62%のアメリカ人が音声アシスタント機能を利用したことがあると回答
●アメリカのミレニアル世代の45%は、オンラインで買い物をする際、音声アシスタントを利用
●52%の音声アシスタントユーザーは音声アシスタントを1日に数回、あるいはほぼ毎日利用すると回答

これらの結果からも、企業が音声検索に取り組むことがいかに重要かということがお分かりいただけるのではないでしょうか。 では、音声検索最適化に取り組む際に、企業は何を考慮したらよいのでしょうか。重要なポイントは、顧客が自社商品をどのようにして検索しているのかを知ることです。もし顧客が音声検索を利用しているなら、 企業は顧客の音声検索の利用方法や状況を加味したVSO(音声検索最適化)戦略を構築する必要があります。 ポイントとなるのは以下の3点です。

●人の話し方のパターンに合うようにロングテールキーワードを見直す
●音声検索の利用者はHow(どのように)、What(何を)、When(いつ)、Why(なぜ)、Where(どこで)を重視して検索するため、これらを意識したキーワードを設定する
●簡潔に綴られたリッチスニペット※は音声デバイスが読みあげやすいため、積極的に導入する

トレンド2:AIとオートメーション

特化型人工知能(ANI)

特化型人工知能(Artificial Narrow Intelligence)は、個別の領域に特化して問題を解決する能力を持つAIで、現在ビジネスの領域で広く活用されています。例えばSiri、自動運転車両、Alpha Go(囲碁AI)、Waze(カーナビアプリ)など、 現在普及しているAIはすべて特化型AIです。

汎用人工知能(AGI)

汎用型人工知能(Artificial General Intelligence)は、人間と同様の認知機能で周囲の環境を認識する能力があります。汎用型AIは、人間が実行できるあらゆるタスクを自律的に遂行させられる能力を持っています。

人工超知能

人工超知能(Artificial Super Intelligence)は、その名の通り、人間の知性や能力を超えたAIです。人工超知能は、ほぼすべての場面で人間より優れた能力を発揮します。

1.コンテンツマーケティングへの活用

GPT-3ベースの文章生成ツールとしては、ShortlyAIがあります。 ShortlyAIでは、書きたいことの概要を伝えると、AIが人に代わって文章を作成してくれます。 作業はその後、人が引き継いで、好きなように編集することができます。
下の動画から、ShortlyAIを使った文章作成のデモをご覧になれます。

2.デモとトレーニング資料への活用

韓国の家電メーカーサムスン電子は2020年、世界最大の家電見本市であるCES(Consumer Electronics Show)の場で、企業向けに開発された高度なAI搭載デジタルアバター「NEON」を発表しました。この「人工人間」NEONは人間そっくりの方法で相手の好みを学習し反応することができるため、サムスン電子は、NEONが企業の広報担当者として十分に機能すると自信を持っています。 NEONはデモやプレゼン、トレーニングなど、何度も繰り返して行う業務への活用が期待できます。 下の動画では、メディアがNEONについての詳細を紹介しています

3.デマンドジェネレーションとメールマーケティングへの活用

Hubspotの AIでも同様のことが言えます。さまざまなボットを利用するHubspot AIを使えば、マーケティングチームと営業チームはCRMデータを活用しやすい状態で維持することができます。 活用しやすい状態で維持することがどれだけ大変で面倒な作業か、経験のある方ならご存じでしょう。そこで、作業を AIに引き継いでやってもらうと効率化を図ることができます。

これらSalesforce EinsteinとHubspot AIの例は、数あるMarTechツールのほんの一部です。多くのツールにはすでにAIが搭載されています。基本的なレベルでは、AIはデータのクリーンアップ、セグメンテーション、パーソナライゼーション、カスタマイゼーションといったタスクに最適です。 AIとオートメーションには密接なつながりがあるので、一体になって機能することもあります。例えばAIは、繰り返し行われる業務の自動化や予測分析をサポートします。もちろん、AIを使わずにワークフローとプロセスを自動化することもできないわけではありません。ただ、ここで言えることは、これらの ワークフローとプロセスを分析・評価する能力と、どのステップでMarTechを活用するべきなのかを見極める能力が重要ということです。

トレンド3:カスタマーエクスペリエンスと小型デバイス

CXには、企業が顧客に提供する商品やサービス、そして企業がそれらを通じて顧客とどのように関わり合うのかといったことが包括的に含まれます。 CXの例としては、ヘルプデスク、パッケージ、アプリの機能、Webサイトのナビゲーション、アドバタイジング(広告活動)などが挙げられます。 企業はそれぞれの要素で、商品やサービスがどのように顧客に届けられるのか、顧客が商品やサービスをどのように利用するのか、またどのデバイスで利用するのかといったことを考慮してマーケティング施策を展開する必要があります。

CX向上には、SaaSモデルのサービスが役立ちます。CX向上を実現するSaaSには、データ収集、ストレージ、ダッシュボードなどがあり、さまざまなデバイスやプラットフォームで何が機能していて何が機能していないのかについて、データを分析することができます。 コンテンツ管理ソリューションを提供するAdobe Experience Managerはその一例です。Adobe Experience Managerはオープンアーキテクチャを採用しており、ユーザーはその中でWebサイトやモバイルデバイス、SNSに載せるコンテンツを作成することができます。その後Adobe Experience Managerは、Web分析や有料広告のトラック、コンテンツのA/Bテストの実施によってCXを測定し、最適化を図ります 。

Bufferの投稿管理イメージ

Bufferの投稿管理イメージ

送金アプリとして人気のCash Appも、優れたCXを提供しています。Cash Appはお金に関するすべてを小さなアプリにシームレスに統合し、ユーザーから多大な支持を得ています。

Cash Appでは、QRコードを使用して決済を行います。ユーザー同士の送金や寄付、チップなどがQRコードをスキャンすることで実現できます。また、このアプリは、確定申告や給与明細、口座振替といったモバイル決済・送金ができるだけでなく、株の運用、さらにはビットコインへの投資など幅広く対応しています。加えてCash Appは、カスタマイズできるデビットカードも無料で顧客に提供しています。このデビットカードには、使用量に応じた特典があります。Cash Appは、これまで複数のサイトやアプリでやらなければいけなかったことをたった1つの小さなスクリーンの中で完結させました。この辺りがCash Appがユーザーからの支持を受けている理由だと言えるでしょう。

Cash App内でのビットコイン購入イメージ

Cash App内でのビットコイン購入イメージ

商品開発や、どのユーザー機能が優先されるかといった問題、カスタマーサポートセンター、さらには商品の売り方などといったことに関して、マーケターが最終的な決定権を持っていない可能性もあります。しかし、CXの重要性をよく理解しているのはマーケターです。 CX最大化には、「シームレスなCX実現が社員全員の責務である」という認識を企業全体で共有することが重要になってきます。 この点において、CXの重要性を認識しているマーケターは、社員一人ひとりに自覚を促す「サポート役」として最適の人材だと言えるでしょう。

まとめ

今回ご紹介したAIベースのプラットフォーム、オートメーション、そして音声検索の最適化はこれからのデジタルマーケティングに不可欠ですが、一方で、これらがCXの最大化を実現するための手段にすぎないということも覚えておく必要があります。 最も重要なポイントは、常に顧客を第一に考えた施策を構築・展開することです。 デジタルマーケターとしてこのことを心の隅にとどめて行動することが、優れたマーケティング活動へとつながります。

最新手法がまるっと凝縮!
「最新マーケティングハンドブック~広告・SNS活用&SEO・Web解析編~」無料ダウンロード

PROFILE

Pam Didner(パム・ディドナー)

インテルのマーケティング領域で14年のキャリアを積み、現在は独立。アメリカオレゴン州でB2Bマーケティングのコンサルタント、ライター、ポッドキャスター、スピーカーとして活動。 過去に『Global Content Marketing』、『Effective Sales Enablement』、『The Modern トレンドとは AI Marketer』3冊の著書を執筆。 インテルで得た知見を活かし、事業会社やテック企業を対象に、営業組織を強化・改善するセールスイネーブルメント、ABM(アカウントベースドマーケティング)、セールスとマーケティングの統合に関するトレーニング、コーチング、戦略的ガイダンスを行っている。アメリカ、ヨーロッパ、南アメリカ、アジアで、将来のトレンド予測やコンテンツマーケティング、セールスイネーブルメントに関するプレゼンテーションやワークショップも行う。 また、営業、マーケティング、社内外のコミュニケーションに関するコンサルティングを得意とし、基調講演、企業研修、プランニングセッションにも力を入れる。 YouTubeチャンネル「B2B Marketing and More with Pam Didner」では、聴衆がすぐに行動に移せるような個人的なマーケティングストーリーやテンプレート、フレームワークを紹介。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる