最新ニュース

指標からドルが強含む

指標からドルが強含む
期間:27日(金)午前6時10分~28日(土)午前5時55分 ※チャートは30分足(日本時間表示) 出所:外為どっとコム

2022年9月の見通しを追加

本稿は、UBS Switzerland AG、UBS AG Hong Kong Branch、UBS AG Singapore Branch およびUBS 指標からドルが強含む Financial Services Inc. が作成した“Strategy review of currencies and September 2022 forecasts”(2021年7月15日付)を翻訳・編集した日本語版として2021年7月26日付でリリースしたものです。本レポートの末尾に掲載されている「免責事項と開示事項」は大変重要ですので是非ご覧ください。過去の実績は将来の運用成果等の指標とはなりません。本レポートに記載されている市場価格は、各主要取引所の終値に基づいています。これは本レポート中の全ての図表にも適用されます。

最新CIOレポート

経済軟着陸への期待から株価上昇

2022.05.指標からドルが強含む 29 Mark Haefele

House View Weekly

経済指標は底堅くも、景気後退懸念は続く

Global Forecasts

UBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社のサービスに関するお問合せは、UBS SuMi TRUSTウェルス・アドバイザリー株式会社*が承ります。
すでに口座をお持ちのお客様は、担当者までご連絡をいただけますよう宜しくお願い申し上げます。

*UBS SuMi TRUSTウェルス·アドバイザリー株式会社はUBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社の金融商品仲介業者及びUBS銀行と三井住友信託銀行の銀行代理業務の業務委託契約に基づく銀行代理業者です。
商号等:UBS SuMi TRUSTウェルス·アドバイザリー株式会社 関東財務局長(金仲)第898号 関東財務局長(銀代)第377号

本ウェブサイトにはUBS証券株式会社が過去において発行したレポートも一部掲載されています。
(UBS SuMi TRUSTウェルス·マネジメント株式会社はUBS証券株式会社のウェルス·マネジメント事業を継承し、2021年8月に業務を開始しました)。

免責事項と開示事項
本ウェブページ掲載レポートおよびビデオコンテンツ(以下、本レポート)は、UBSチーフ・インベストメント・オフィス・グローバル・ウェルス・マネジメント(UBS Switzerland AGまたはその関連会社)が作成したリサーチレポートをもとに、UBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社(以下、「当社」)が翻訳・編集等を行い、作成したものです。英文の原文と翻訳内容に齟齬がある場合には原文が優先します。本レポートが英文で作成されている場合は、英語での内容をお客様ご自身が十分理解した上でご投資についてはご判断していただきますようお願いいたします。なお、本レポートは、当社のほか、UBS銀行東京支店を通じて配布されることがあります。

金融商品取引法による業者概要及び手数料・リスク表示
商号等: UBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3233号
加入協会: 日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

当社における国内株式等の売買取引には、UBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社のお客様の場合、約定代金に対して最大1.10%(税込)、外国株式等の売買取引には、約定代金に対して最大1.375%(税込)の手数料が必要となります。ただし、金融商品取引所立会内取引以外の取引(店頭取引やトストネット取引等の立会外取引、等)を行う場合には、個別にお客様の同意を得ることによりこれらを超える手数料を適用する場合があります。この場合の手数料は、市場状況、取引の内容等に応じて、お客様と当社の間で決定しますので、その金額等をあらかじめ記載することはできません。これらの株式等の売買取引では手数料に消費税が加算されています。外国株式の取引には国内での売買手数料の他に外国金融商品市場での取引にかかる手数料、税金等のお支払いが必要となります。国により手数料、税金等が異なります。株式は、株価の変動により損失が生じるおそれがあります。外国株式は、為替相場の変動等により損失が生じるおそれがあります。不動産投資信託は、組み入れた不動産の価格や収益力などの変化により価格が変動し損失が生じるおそれがあります。

UBS 銀行東京支店が提供する金融商品等に関する留意事項
外貨預金契約に手数料はありません。預入時に他通貨から預け入れる場合、あるいはお受取時に他通貨に交換する場合には、本契約とは別に為替取引を行って頂く必要があり、その際には為替手数料を含んだレートが適用されます。外貨預金には、為替変動リスクがあります。為替相場の変動により、お受取時の外貨金額を円換算すると、当初払い込み外貨金額の円換算額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。

その他のご留意事項
当社の関係法人であるUBS AGおよびUBSグループ内の他の企業(またはその従業員)は随時、本資料で言及した証券に関してロングまたはショート・ポジションを保有したり、本人または代理人等として取引したりすることがあります。あるいは、本資料で言及した証券の発行体または発行体の関連企業に対し、助言または他のサービスを提供することもあります。

©UBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社 2022 すべての権利を留保します。事前の許可なく、本ウェブサイトを転載・複製することはできません。また、いかなる理由であれ、本レポートを第三者に配布・譲渡することを禁止します。UBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント株式会社は、本レポートの使用または配布により生じた第三者からの賠償請求または訴訟に関して一切責任を負いません。

Copyright © UBS SuMi TRUST Wealth Management Co., Ltd. All 指標からドルが強含む Rights Reserved.

日米で重要指標の発表が相次ぐ (野村が振り返る今週の相場&来週の展望)

日米で重要指標の発表が相次ぐ (野村が振り返る今週の相場&来週の展望)

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

米国の経済規模は、世界の名目GDP(国内総生産)の約1/4を占め世界最大となっており(2020年時点)、米国経済の約7割を個人消費が占めています。そのため、米国の個人消費に影響を及ぼす米国雇用統計は米国および世界からの注目が高くなっています。
また、米国雇用統計では、統計発表前に市場予想値が発表されています。発表された結果がこの市場予想より良い場合、投資家は米国経済の先行きが良好だと判断し、景気への期待から株価は上昇し、ドルが買われ、金利も上昇する材料となります。 指標からドルが強含む
一方で、米雇用情勢の改善によりインフレ率が上昇すれば、FRB(米連邦準備理事会)は政策金利の引上げを意識することが想定され、株式市場では警戒感が高まる材料となります。
このように、一般的には雇用統計の内容が良いと株価は上昇する傾向にありますが、状況によってはネガティブな材料にもなり得るので、足元の状況を正確に把握した上で株式や各市場への影響を予想することが重要です。
実際に、非農業部門就業者数(前月比増減)と S&P500種指数(対前月末騰落率)の関係を見てみると、「ある程度は連動しているけど、連動していない場合も少なくない」ことが確認できます。このことから、米雇用統計を参考に投資判断を行っている投資家も多い一方、その数値だけを見て判断しているわけではないと推測できます。私たちが利用する際も、こうした注意点を踏まえた上で投資判断を行うとよいでしょう。

米非農業部門雇用者数(前月比増減)と米失業率の推移のグラフ

米非農業部門雇用者数(前月比増減)とS&P500種指数(対前月末騰落率)の推移のグラフ

※米非農業部門雇用者数およびS&P500種指数の期間:2011年6月~2021年6月(月次)
※米非農業部門雇用者数はグラフの見易さを考慮した範囲としています。範囲外の値については、上段のグラフ「米非農業部門雇用者数(前月比増減)と米失業率の推移」をご確認ください。
※上記は過去の情報であり、将来の動向を示唆・保証するものではありません。

指標からドルが強含む


皆さんは、相場には『リスクオン』と『リスクオフ』の2種類があることについてご存知でしょうか?

リスクオンとリスクオフとは?

リスクオンとは?

リスクオフとは?

リスクオンとリスクオフは6種類

リスクオン・オフと相場

リスクオンオフと相場関係

指標からドルが強含む
相場
上昇局面 調整局面 下落局面
リスクオン リスクオフ リスクオン リスクオフ リスクオン リスクオフ
強気(超強気) 超強気 弱気 強気 超弱気 弱気(超弱気)

リスクオンオフと相場関係のポイント

口座開設

実戦でリスクオンオフを考える

口座開設

【注意事項】
この記事は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。
また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。
投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。

この記事をシェア

新しい記事

西本豪

起業家/投資家。オーストラリア大手通信事業でのセールス時代にリーマンショックを経験。
『汗水流した給与も為替の影響で一瞬で半額になること』を知り、学生時代から始めたFXの世界へ本格参戦。
短期売買でエントリーしたポジションをスイングや長期ホールド型に伸ばすトレードを得意としています。

FX/為替「ドル/円、米祝日で動意欠く展開に」 外為トゥデイ 2022年5月30日号

外為トゥデイ

27日(金)の為替相場

期間:27日(金)午前6時10分~28日(土)午前5時55分 ※チャートは30分足(日本時間表示) 出所:外為どっとコム

(1):黒田総裁「CPI2%程度は最低12カ月続く」

(2):豪4月小売は予想を下回るもアジア株高などを受けて豪ドル強含む

(3):米PCEデフレーター・前年比は前月から伸び鈍化

27日(金)の株・債券・商品市場

27日(金)の株・債券・商品市場

外為注文情報

外為注文情報(ドル/円)

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※また、高機能チャート(無料)では「取引分析」 を選択することで、チャート上に注文情報の表示が可能です。
  • ※ 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

本日の見通し

本日の見通し

ドル/円の見通し:米祝日で動意欠く展開に

注目の経済指標

注目の経済指標

注目のイベント

注目のイベント

※時間は日本時間での表示になります。
※「注目の経済指標」「注目のイベント」は注目度が高い順に「◎」「○」「無印」で表示しております。
※発表時刻は予告なく変更される場合があります。また、予定一覧は信憑性の高いと思われる情報を元にまとめておりますが、内容の正確性を保証するものではございませんので、事前にご留意くださいますようお願いいたします。

f:id:gaitamesk:20191106165135p:plain

株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 上席研究員

為替ニュース/コラム

要人発言 05/30(月) 15:28

要人発言 05/30(月) 15:26

要人発言 05/30(月) 15:20

要人発言 05/30(月) 10:50

要人発言 05/30(月) 07:21

要人発言 05/27(指標からドルが強含む 金) 23:21

要人発言 05/27(金) 20:38

要人発言 05/27(金) 19:30

要人発言 05/27(金) 15:25

経済指標 05/30(月) 21:43

経済指標 05/30(月) 21:40

経済指標 05/30(月) 21:12

経済指標 05/30(月) 21:10

経済指標 05/30(月) 21:10

経済指標 05/30(月) 20:53

経済指標 05/30(月) 18:10

経済指標 05/30(月) 18:10

経済指標 05/30(月) 16:10

欧州株 週明け、続伸で始まる 独DAX0.8%高

ユーロ圏 10年債利回り格差 伊196bp、先週の縮小の動きは一服

NY金 時間外取引 1865ドル近辺に高止まり

NY原油 時間外取引 115ドル台半ば、上昇一服

NY原油 時間外取引 1バレル=116ドル台 中国需要回復期待、6月から上海コロナ規制解除へ

マネ育チャンネル 05/30(月) 15:38

FX/為替「ドル/円、米祝日で動意欠く展開に」 外為トゥデイ 2022年5月30日号

マネ育チャンネル 05/30(月) 09:31

FX/為替「月末接近、米3連休前でレンジ継続」 外為トゥデイ 2022年5月27日号

マネ育チャンネル 05/27(金) 09:10

FX/為替「ドル/円 126円台に下値支持、128円台に上値抵抗」 外為トゥデイ 2022年5月26日号

マネ育チャンネル 05/26(木) 09:46

FX/為替「ドル/円、126円台で底値を探る」 外為トゥデイ 2022年5月25日号

マネ育チャンネル 05/25(水) 09:49

FX/為替「ドル円、方向感を探る動き」 外為トゥデイ 2022年5月24日号

マネ育チャンネル 05/24(火) 09:15

FX/為替「ドル/円、128円前後での推移となるか」 外為トゥデイ 2022年5月23日号

マネ育チャンネル 05/23(月) 09:22

FX/為替「ドル/円、127円台維持が焦点 調整ムード継続」 外為トゥデイ 2022年5月20日号

マネ育チャンネル 05/20(金) 09:59

FX/為替「ドル/円 株価睨みで上値の重い展開」 外為トゥデイ 2022年5月19日号

マネ育チャンネル 05/19(木) 09:19

今日の為替 05/30(月) 20:15

今日の為替 05/30(月) 15:18

今日の為替 指標からドルが強含む 05/28(土) 05:58

今日の為替 05/27(金) 20:57

今日の為替 05/27(金) 15:19

今日の為替 05/27(金) 05:58

今日の為替 05/26(木) 20:40

今日の為替 05/26(木) 15:03

今日の為替 05/26(指標からドルが強含む 木) 05:58

注目ニュース

今日の為替 05/30(月) 20:15

要人発言 05/30(月) 15:28

経済指標 05/30(月) 15:25

今日の為替 05/30(月) 15:18

新着ニュース

経済指標 05/30(月) 21:43

経済指標 05/30(月) 21:40

指標からドルが強含む 指標からドルが強含む
ドル円0.0 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.4 銭(原則固定・例外あり)

ドル円 0.指標からドルが強含む 2 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.5 銭(原則固定・例外あり)

ドル円 0.1〜7.8 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.28〜15.8 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.88 銭(原則固定・例外あり)
指標からドルが強含む

ドル円 29 円
豪ドル円 4 円
トルコリラ円 23 円

ドル円 30 円
豪ドル円 4 円
トルコリラ円 23 円

ドル円 31 円
豪ドル円 4 円
トルコリラ円 22 円
FX口座 スワップ比較

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE 指標からドルが強含む Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 指標からドルが強含む 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる