無料セミナー

移動平均法による評価方法をわかりやすく解説

移動平均法による評価方法をわかりやすく解説
ボキタロー

在庫評価方法【6つの在庫評価の方法と在庫評価損を計上する理由とは】

在庫評価方法

スマートマットクラウドのイメージ

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用する IoT機器スマートマット を利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが 重さで在庫を検知するというシンプルな仕組み を利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、 お客様を厚くサポート します。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、 移動平均法による評価方法をわかりやすく解説 業種・品目を問わず幅広い場面 に対応 。CSVやAPIを利用し、 移動平均法による評価方法をわかりやすく解説 生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能 です。

移動平均法による評価方法をわかりやすく解説
機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」がまいにちの在庫管理業務を、劇的に改善。

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求は こちら です。

【商品有高帳】先入先出法と移動平均法による払出単価の計算

【商品有高帳】先入先出法と移動平均法による払出単価の計算方法

ボキタロー

ボキタロー

ボキタロー

先入先出法とは?

先入先出法のイメージ

先入先出法による商品有高帳の記入方法

  • 4月1日:前月繰越10個(@¥100)
  • 4月10日:商品10個を@¥110で仕入れた。
  • 4月15日:商品12個を@¥120で販売した。

前月繰越の記入方法

前月繰越の記入方法

前月からの繰越高は、摘要欄に 前月繰越 と記入して受入欄および残高欄にその数量・単価・金額を記入します。

4月10日(商品を仕入れたとき)の記入方法

商品を仕入れたときの記入方法

異なる単価の商品が複数ある時は、残高欄において 異なる単価ごとに別々に記入し 、それらを「{」でくくります。

4月15日(商品を販売したとき)の記入方法

商品を販売した時は、摘要欄に「売上」と記入して払出欄にその数量・単価・金額を 原価で 記入し、払出後の数量・単価・金額を残高欄に記入します。

先入先出法では古い商品から先に払い出すと仮定するので、払出欄において 古い単価の商品から順番に 異なる単価ごとに別々に記入し、それらを”{”でくくります。

商品を販売したときの記入方法

次月繰越の記入方法

次月繰越の記入方法

先入先出法では古い商品から順番に払い出していくので、月末には 新しい商品から順に残っていく ということになります。

移動平均法とは?

移動平均法のイメージ

移動平均法による商品有高帳の記入方法

  • 4月1日:前月繰越(@¥100)
  • 4月10日:商品10個を@¥110で仕入れた。
  • 4月15日:商品12個を@¥120で販売した。

移動平均法による商品有高帳

移動平均法による商品有高帳

基本的な記入方法と記入上の注意点は先入先出法と同じです。移動平均法では 新しい商品を仕入れるたびに平均単価を計算 し、それを次の払出単価とします。

平均単価の計算方法

  • (在庫商品の金額+仕入商品の金額)÷(在庫商品の数量+仕入商品の数量)
  • =(¥1,000+¥1,100)÷(10個+10個)
  • = @¥105

平均単価の計算方法

ボキタロー

ボキタロー

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる