成功事例

ダブルトップとダブルボトムパターンとは何か

ダブルトップとダブルボトムパターンとは何か
金ちゃん

銘柄の選び方②(チャート分析)

チャート種類のサンプル画像

では、この移動平均線をどのように使うのでしょうか?
移動平均線は、期間中にこの値段で株を購入した人の平均の取得価格ですので、移動平均線より現在の価格が高ければ割高、低ければ割安との判断が出来ます。また、折れ線グラフですので、上下どちらかに傾く修正があり、その銘柄が上昇傾向にあるのか、下降傾向にあるのかといった判断材料にもなります。ただし、急激に株価が上下した場合、この指標を見て市場で買い注文や、売り注文が集まることもあり、割高と思っていても株価が上昇するケースなどもあり、相場が乱高下する局面では指標としての機能が働かない場合がある為、注意が必要です。
また、移動平均線の組み合わせで投資のタイミングを図ることも多く、例えば、日足チャートで、株価下落時に25日移動平均線(短期の移動平均線)が、75日移動平均線(長期の移動平均線)を下から上抜いた状況を【ゴールデンクロス】と呼びますが、株価が上昇に転じるサインとされております。

ゴールデンクロスのサンプル画像

ダブルトップとダブルボトムパターンとは何か デッドクロスのサンプル画像

チャートの形から予測

ローソク足の基本

ダブルボトムとは、株価が下落トレンドから反転して上昇するも、失速し前回つけた安値付近まで下落するも、下げ止まって再び反転した場合にチャートの形がアルファベットの「W」の形になることを指します(下図参照)。前回につけた安値を更新しなかったことで、下落トレンドが終わったと考える投資家が多く、上昇トレンドに転じることが多い為、株価が反転するチャートの形として知られております。「W」の形の中心の高値を上回ると買いのサインだとされております。
また、ダブルボトムより強いチャートパーターンとしてトリプルボトムというチャートパターンがあります。ダブルボトムでは谷が2つ(安値を2回つける)だったのに対し、トリプルボトムでは谷が3つ(安値を3回つける)で、かつ2回目の安値が他の安値に比べて低いチャートの形を示すのが特徴です(下図参照)。3つめの安値が2つめの安値を下回らずに株価が上昇基調に転じたことで、大底をつけた(これ以上株価が下がらない)と判断され、ダブルボトムより強い上昇サインとして知られております。一般的には谷からの上昇時につけた2回の高値を上回ると買いのサインだとされております。
ダブルボトム、トリプルボトムに対して、上昇トレンドの株が天井圏に達した時に現れるのがダブルトップ・トリプルトップになります。保有銘柄が上昇して、売り時が分からない場合などに活用することも可能です。

【負け方をうまくする】チャートパターンとは一体なに⁉️

金ちゃん

この三尊が出現した場合、キーポイントになってくるのが
この ネックラインと呼ばれる下部の平行のライン です🔑

ショートをこの3つめの山 (右ショルダー) からしていた場合は
この ネックラインを抜け落ちるかどうかが焦点 ダブルトップとダブルボトムパターンとは何か
になってきますし、ロングを持っていた場合はこのネックラインを割り込み、
さらには 1つ前のローソク足の陰線下ヒゲを抜けたところで切るべきポイント になってきます👏

とは限らず、この三尊を「否定」することもありうるわけです😳

例えば、このように下のネックラインで下落がとどまり、反転し上昇、
更には左肩と右肩の水平線を易々と超えていった場合、
これは「 三尊否定 」と言われ、 強く上昇が起こるサイン なのです📈

三尊による下落を狙ったショートたちが諦める
ということなので、

これがシーソーのように 買い に一気に傾き
強く上昇する可能性がある ということです。

このように ラインとローソク足の確定も見定めながら相場を見ていく必要があります 👀🔍

逆三尊とは

下落してきたのちに、この画像のように2回底値をついたあとの 3発目が真ん中の1番の安値よりも上で反発 し、
ネックラインを超えると逆三尊の完成 です。

金ちゃん

しかし先ほどの三尊と同じように、
ネックラインで抜け切ることができず、
再度下落方向に流れてきた場合は「逆三尊否定」とされ、

それまで「 逆三尊で強く上昇する 」と予想してロングを入れていた
トレーダーたちのポジション解消で一気に相場が傾き 、 ダブルトップとダブルボトムパターンとは何か
逆三尊を否定した場合は強い下落サインとなるのでこれもまた注意が必要です😮⚠️

ダブルトップ/ダブルボトムとは?

ダブルトップは高値圏で出た場合、その後、 下落の可能性が高いチャート形状 です📉

そして、三尊と同じように、強い下落が起こりやすいチャートパターンとされていて、

ダブルトップの特徴は、同じ価格帯で2度弾かれて
綺麗かつ同じような形の山を形成している時です。

よく金ちゃんも、「 天井を確認してから2番天井でショートをする
とよく言っていますが、その内訳は、1度目の天井は誰にもわかりませんし、
当てにいくのは難しいのですが、

その 弾かれた1番目の天井を目安にして 2番目の天井は狙いやすいのです👀✨

金ちゃん

「この価格帯でみんな意識するんだな、
よっし!次この価格帯に近づいてきたらエントリーしよう!」
ダブルトップとダブルボトムパターンとは何か

ダブルボトムは安値圏で出た場合、その後、 上昇の可能性が高いチャート形状 です。

金ちゃん

同じ価格帯で2度安値をつけて反発しその後大きく上昇していった のが見て取れると思います。

ダブルボトムで、1つ目の安値よりもやや上で反発したときはより強い上昇が起こるチャートパターンです。

理由は、「 1つ目の安値を割ろうとしたけど、そこまでのパワーが無かった 」と言えるからです。

三角保ち合いとは

レジスタンスとサポートによって形成されます。

相場がだんだんと縮小していき、
三角の先っぽのところまで煮詰まっていた後に、
どちらかの方向に大きく抜ける可能性のあるチャートパターン です🗣

この場合、どちらに抜けるのか、三角保ち合いの中で判断するのではなく、
抜けたあとに、再度ライン際まで戻ってきたところで
順張りで同方向にエントリーするのが吉です。

金ちゃん

トレードに自信があるよ!って人は、サポートまで落ちてきたところでロング、
レジスタンスまできたらショート、しかしラインを抜けたら即カットする、
という方法で利益を出すことも可能でしょう😳✨

三角保ち合いの抜けた時の上昇、下落はすさまじいものがあるので、
逆のポジションを持っていた場合、
損切りが遅れると大きな損失につながりかねないので注意が必要です⚠️

まとめ

チャートパターンとラインの引き方を覚えて、
組み合わせるだけでも十分にトレードをすることが可能です。
覚えるべきチャートパターンは基本中の基本のこれらのこと
だけでも頭に入れておけばgood👍

必ず相場にエントリーする際は、
出口 (損切り箇所) を確認してから トレードをするようにしましょう😉

【絶対覚えておきたい】4つのチャートパターンで勝ちやすい相場の流れを先読み!

テクニカル分析まとめ

バイナリーオプションの初心者さんにありがちなのが、 “すぐにエントリーできるかできないかという視点だけでチャートを見てしまいがち” ということ👀

機械的なトレード

ただ手法のエントリー条件に当てはめるだけのトレードなんて “戦略” も何もないですし、そんな淡々とした機械的なトレード、 自力でトレードしていると言えるでしょうか😳?

そこで今回は 4つのチャートパターンとそれぞれの戦略の立て方をご紹介 します✨

チャートパターンとは大衆心理の塊である

例のチャート

詳しくは後ほど他のチャートパターンと一緒にご紹介しますが、この形が現れたら次にどう動きやすいのか、 全世界のトレーダーは知っています 😳(有名なチャートパターンですからね^^)

つまり 『このパターンはこう動きやすい』と多くのトレーダーが認知しているほど、そのチャートパターンの通りに動きやすい ということなんですよね(^_^)

チャートパターン①【ペナント型】

ペナント型

相場というのは基本的に上下に波打ちながら進んでいきますが、その波が徐々に小さくなっていますよね^^?
この間の高値と安値に線を引っ張ると三角形に見えることから、 【ペナント型】または三角保ち合い なんて呼ばれたりします😊

バネの例え

保ち合い相場もこれと同じで、 保ち合いから抜けると一気に抜けた方向へと勢いがつきます (^_^)

保ち合い相場抜け

ちなみに 三角の先っちょがすぼまっているほど溜め込んでいた力が爆発する前兆なので、ペナント型を見つけたときは三角の先っちょに注目 です😁

チャートパターン②【ソーサー型】

ソーサー型

下降トレンドから値幅の小さい保ち合い状態になり、その後上昇傾向になっていることがわかるかと思います😊
この点線で囲った保ち合いの部分が“受け皿”に見えることから、このチャートパターンが 【ソーサー型】 と呼ばれるようになったみたいです👀

先ほどご紹介した【ペナント型】と同様、この【ソーサー型】も 保ち合いが崩れたところからその方向性へ相場の勢いが増す という特性を持っています(^_^)

ではこのソーサー型でどのような戦略が立てられるかというと、 “トレンドの衰退を察知し、逆トレンドへいち早く備えること” です👍

トレンド崩れ

トレンドは ローソク足が長期の移動平均線を抜けることで初めて崩れたと認識できる のですが、ソーサー型って保ち合いの部分を上に抜けてくることでお皿の形が完成しますよね??

チャートで トレンドを把握する 方法

Bullish Triangle

責任ある取引: EF Worldwide Ltdは、この広告、電子メール、またはその関連ウェブサイトで言及されているいかなる金融商品のメリットについても推奨を行っておらず、含まれている情報は、 お客様の個人の目的、財務状況、およびニーズを考慮していません。従って、これらの商品のお取り扱いに伴うリスクを考慮するだけでなく、お客様の目的、財務状況、およびニーズを考慮しながら、これらの商品が適切であるかどうかを検討す る必要があります。 EF Worldwide Ltdは、EF Worldwide Ltdの金融商品に関するいかなる決定をも下す前に、クライアント契約を必読することをお勧め致します。取引にはかなりの損失リスクが伴います。お客様の損失許容範囲を超えるほど の金額のお金を投資しないようにしてください。 EF Worldwide Ltdは、JFSAの監督下にはなく、金融商品の提供や金融サービスの勧誘を目的としたいかなる行為にも関与しておらず、このウェブサイトは日本の居住者を対象としていません。」 EF Worldwide Ltd(セーシェル金融サービス局 - ライセンス番号SD056)

easyMarketsは、EF Worldwide Ltdの商号です。登録番号:84227941このウェブサイトは、EF Worldwide Limited(Blue Capital Markets Groupの一部)によって運営されています。

制限地域: easyMarketsは以下の国や地域の居住者にサービスを提供していません:アメリカ合衆国、イスラエル、ブリティッシュコロンビア、マニトバ、ケベック、オンタリオ、アフガニスタン、ベラルーシ、ブルンジ、カンボジア、ケイマン諸島、チャド、コモロス、コンゴ、キューバ、コンゴ民主共和国、赤道ギニア、エリトリア、フィジーなど 、ギニア、ギニア-ビサウ、ハイチ、イラン、イラク、ラオス、リビア、モザンビーク、ミャンマー、ニカラグア、北朝鮮、パラオ、パナマ、ロシア連邦、ソマリア、南スーダン、スーダン、シリア、トリニダードとトバゴ、トルクメニスタン、バヌアツ、 ベネズエラ、そしてイエメン。

FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

ダブルボトム(トップ)を制する者は、波の反転を制する。

ダブルボトム(トップ)は、あらゆる波の反転サイン。

ダブルボトム(トップ)の動きは3パターンある。

4時間足の大きなダブルボトムの中に、1時間足の小さなダブルボトムが含まれている。

2014-07-01 17-30-06

相場はフラクタル構造(入れ子)になっています。4時間足の大きなダブルボトムの中に、1時間足の小さなダブルボトムがいくつか存在します。さらに、その中に分足のダブルボトムがたくさん含まれています。

フィボナッチで戻りを予測する。

2014-07-01 17-27-16

ネックラインからの戻りをフィボナッチで予測します。目安としては50.0%61.8%です。これ以上、戻すようならダブルボトム失敗の疑いが出てきます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる