ビットコインの始め方

ストラテジーの意味と使い方

ストラテジーの意味と使い方
図4.11 作戦マップ

BSC(バランス・スコアカード)で経営戦略・戦術を考える

BSC(バランス・スコアカード)という経営用語を、皆さんお聞きになったことがあるのではないでしょうか。上下4つの欄に置かれた項目が矢印で結ばれている図(戦略マップ)を思い浮かべる方も多いと思います。このBSCは、日本では2000年代に入って大企業を中心に採用され定着しましたが、中小企業にとっても経営戦略を考えるうえで非常に有効です。しかも経営ツールとして今も成長しており、多方面で活用されています。今回は、そんなBSCを分かり易くお話しします。

1.BSCは戦略経営のマネジメントシステム

BSC(Balanced Scorecard)は、1992年に ロバート・キャプラン教授と コンサルティング会社のデビッド・ノートン氏によってHarvard Business Review 誌上で発表されました。

BSCは、企業を将来の競争優位へ導くために必要な計器をマネージャーに提供するもの。企業のミッションや戦略を、戦略的業績評価やマネジメント・システムのフレームワークを提供する包括的な業績評価指標に置き換えることができる。その特徴は、「財務の視点」「顧客の視点」「社内ビジネスプロセスの視点」「学習と成長の視点」という、4つのバランスのとれた視点に沿って、企業の業績を評価することである。企業は、これにより財務的な成果を追跡すると同時に、将来の可能性を築き上げるための進路を見守ったり、将来の成長に必要な無形資産を取得したりすることができる。
キャプラン&ノートン 「バランス・スコアカード」 1997 生産性出版 より (一部略)

① ビジョンと戦略の明確化 ストラテジーの意味と使い方
企業が社会的成功を目指して進む方向は、ビジョン(将来構想)と戦略によって決まります。BSCはこのビジョンと戦略の立案と検証をサポートし、より明確にします。そして従業員や株主らステークホルダーが企業の進む方向を理解するのを助けます。

② 戦略の具体的活動への展開
ビジョンや戦略はともすれば抽象的なものになりがちですが、BSCはそれを具体的な戦略目標や施策に展開し、さらに現場のターゲットやアクションプランとして、各従業員が何をすべきかまで落とし込みます。これによって、従業員の行動が戦略を実現する活動に結び付きます。

③バランスのとれた業績評価 ストラテジーの意味と使い方
BSCはその名のとおり、バランスのとれたスコアカード(評価表)です。次でご説明するように4つの視点でバランスよく戦略を考えますが、さらに、財務と非財務、内部情報と外部情報、過去と現在と将来、短期的視点と長期的視点、ステークホルダーなど、さまざまな意味でバランスのとれた評価を実現します。

④継続的な経営改善
BSCは上記のようにビジョンと経営戦略を立案し、具体的行動にまで落とし込み、業績評価指標として評価します。その結果、立案した戦略が正しかったかどうか見直され、経営資源の再配分も含めて、経営の改善を継続的に図ることになります。

2.4つの視点と因果関係


BSCの大きな特徴は、従来財務計数で表されることの多かった目標と業績評価に対し、戦略目標を4つの視点で捉え、多面的な業績評価指標に落とし込んで評価することです。4つの視点は次の通りです。
①財務の視点財務的に成功するために株主に対してどのように行動すべきか
②顧客の視点戦略を実現するために顧客に対してどのように行動すべきか
③内部プロセスの視点株主と顧客を満足させるためにどのようなビジネスプロセスを創るべきか
④学習と成長の視点戦略実現のために変化・改善する能力をどのように作り維持すべきか

さて、BSCにおいて戦略目標実現のために重要なことは、各視点における、戦略目標(戦略テーマ)重要成功要因業績評価指標ターゲット(数値目標)戦略プログラムないしアクションプラン の間の垂直的因果関係を確保することです。つまり、企業全体のビジョンと戦略に沿って個々の戦略目標(戦略テーマ)が決定され、それを成し遂げるための重要成功要因は何かを分析して選び出し、さらに現場の組織または個人レベルでの業績評価指標として具体化します。この指標について具体的なターゲット(数値目標)を設定したうえで、目標達成のための個々の戦略プログラム(アクションプラン)を考えて行動を明確化し、実践します。これによって、全体のビジョン・戦略が、現場の個々のアクションプランに紐づいて全員に共有されます。そして逆の流れで、アクションプラン遂行によるターゲット達成が、最終的に企業のビジョン実現に結び付くことになります。

もう一つ重要なことは、各視点間の戦略目標(戦略テーマ)、重要成功要因、業績評価指標、ターゲット、アクションプランが、相互に水平的な因果関係または相互関係を築く、水平的相互関係を確保することです。現場において、4つの視点に基づいたアクションプランが、相反することなく相互関係を保って整然と遂行されるのが望ましいことは、イメージするだけでよくご理解いただけると思います。

3.戦略マップ


BSCは戦略マップを使って、ビジョンや戦略目標を達成するための道筋を図式化し、戦略プロセスを可視化することができます。戦略マップは、企業がどの方向に進もうとしているのか、そのために何をしなければならないかを、ステークホルダーとりわけ従業員に理解させ、情報だけでなく価値観を共有するのに非常に有効です。戦略マップの例を次に示します。

4.スコアカード


BSCは、4つのバランスのとれた視点に沿って企業の業績を評価し、スコア(評点)としてカードに一覧化します。これによって執行された戦略の妥当性を検証することがより容易になるとともに、経営資源の再配分もサポートします。

ストラテジーゲームの人工知能がタスクをこなすための技術「階層型タスクネットワーク」とは?

図4.5 「階層型タスクネットワーク」の階層図

図4.5 「階層型タスクネットワーク」の階層図

図4.6 「階層型タスクネットワーク」の生成されたネットワーク図

図4.6 「階層型タスクネットワーク」の生成されたネットワーク図

図4.7 メソッドによる異なる分解の仕方

図4.7 メソッドによる異なる分解の仕方

MEMO 参考文献

図4.8 2つの味方チームを協調させて敵を倒す

図4.8 2つの味方チームを協調させて敵を倒す

図4.9 2つのチームに指示する「階層型タスクネットワーク」の階層図

図4.9 2つのチームに指示する「階層型タスクネットワーク」の階層図

図4.10 2つのチームに指示する生成されたタスクネットワーク

図4.10 2つのチームに指示する生成されたタスクネットワーク

MEMO 参考文献

図4.11 作戦マップ

図4.11 作戦マップ

図4.12 敵本拠地制覇のタスク分解メソッド

図4.12 敵本拠地制覇のタスク分解メソッド

図4.13 チーム移動のタスク分解メソッド(3通り)

図4.13 チーム移動のタスク分解メソッド(3通り)

図4.14 輸送移動のタスクの分解メソッド

図4.14 輸送移動のタスクの分解メソッド

図4.15 生成されたタスクネットワーク

図4.15 生成されたタスクネットワーク

このような技術は『ArmA/Arma2』(Armed Assault, 2006, 2009, Bohemia Interactive Studio)における『Planned Assault』というミッションジェネレーターとして応用されています。上記の解説もこのミッションジェネレーターの実装を参考に考案しました。

MEMO 参考文献

William van der Sterren, "Multi-Unit Planning with HTN ストラテジーの意味と使い方 and A*", AIGameDev.com's ストラテジーの意味と使い方 Paris game AI conference, 2009

William van der Sterren, "Hierarchical Plan-Space Planning for Multi-unit Combat Maneuvers", ストラテジーの意味と使い方 GAME AI PRO, Chapter 13, pp.169-183, A K Peters/CRC ストラテジーの意味と使い方 Press, 2013

ストラテジーの意味と使い方

Хамтран зохиогч:

Үйл ストラテジーの意味と使い方 явц: Бичиж хэвлүүлсэн

Бүтээлийн товч тайлбар:

モンゴルにおける漢字語彙教育の現状分析の結果、モンゴルの大学では、漢字の書き順、読み、意味の理解の指導に重点を置いているため、この項目に関する処理能力には効果をあげているが、文脈の中での漢字語彙の使い方には重点を置いてこなかったため、学習者の文脈処理能力には効果をあげていないことが明らかになった。また、新しい漢字語彙の知識を学習者が自分の力で学びとれるよう、効果的なストラテジー指導も行われていないという問題が浮き彫りになった。本研究で指導を試みようとしている意味推測ストラテジーに関する先行研究では、英語の語彙の習得において、意味推測ストラテジー指導がある程度効果があること( Fraser1999 )、漢字語彙の意味推測実験の結果、漢字熟語を構成する既知漢字と文脈の情報を組み合わせた場合、より正確な意味推測ができること( Mori & Nagy 1999 )が明らかになっている。しかし一方で漢字語彙の学習に関して意味推測ストラテジーの指導の効果をみたものがないことも分かった。

上述した結果を踏まえて、本研究では、モンゴルの初級日本語学習者を対象に文脈の中で既有知識を活用して、未知漢字語彙の意味を推測するという意味推測ストラテジーを指導し、その効果を検証することを目的とし、以下の 3 つの研究課題を設定した。

研究対象者は、モンゴルの大学で日本語を専攻とする初級レベルの 36 名である。対象者を従来群 ストラテジーの意味と使い方 18 名と、実験群 18 名に分け、各 9 ストラテジーの意味と使い方 か月間 60 回( 1 回 90 分)の指導を行った。従来群は、 2008 年 9 月から 2009 年 5 月まで、従来方式による教師の説明中心の漢字語彙指導を受けた。実験群は、 2009 年 9 月から 2010 年 5 月まで、意味推測ストラテジー指導を受けた。

Thesis Abstract

In this thesis, focusing attention to the study of Kanji words, how the instruction of meaning inference strategies in the class make an effect is discussed. Objects of this ストラテジーの意味と使い方 research are the learners of Mongolia, homeland of the author. Though the Japanese language learners ストラテジーの意味と使い方 of Mongolia are considered as the objects, findings of this research is considered to contribute significantly to other non-kanji background learners.

Our analysis of the current state of kanji word education in Mongolia made it clear that at Mongolian universities the emphasis on instruction in stroke order, reading and understanding ストラテジーの意味と使い方 of meaning has been effective within these parameters. However, with no emphasis on the use ストラテジーの意味と使い方 of kanji words in context, students showed no ability ストラテジーの意味と使い方 to process in context. In ストラテジーの意味と使い方 addition, our analysis highlighted the lack of effective strategy instruction to encourage students to develop their own techniques for acquiring unknown kanji words. Our research revealed that in earlier work on attempts in meaning inference strategy instruction it has been ストラテジーの意味と使い方 shown that such strategies are reasonably effective in the acquisition of English words (Fraser 1999). Similarly, in a meaning inference experiment with kanji words, the ストラテジーの意味と使い方 combination of using kanji compounds made up known kanji and information from context enabled quite accurate meaning inference (Mori & Nagy 1999). However, we ストラテジーの意味と使い方 also discovered that no one had looked at the effectiveness ストラテジーの意味と使い方 of meaning inference strategy instruction in the acquisition of kanji words.

Referencing the above-mentioned results, in this research we implemented a meaning inference strategy, which focused on Mongolian students of Japanese in which they utilized the existing knowledge of context to infer the meaning of unknown kanji words. Our purpose was to examine the results against the three following research themes.

FXのストラテジーとは?シストレで利用するメリット・デメリット、選択型サービスのおすすめを紹介

GEMFOREX自動売買ソフト無料使い放題サービスのグラフ

損益グラフの対象期間は長ければ長いほど信頼性が高いと判断できます。
1〜2ヶ月という短期間であれば、運が良くてたまたま勝っている可能性があります。

一方で、1〜2年という長期間の対象期間で、右肩上がりになっているのであれば、かなり信頼できるストラテジーであるといえます。
また、連勝・連敗の結果にも差がなく、きれいな右肩上がりのグラフが理想です。

最大ドローダウンを更新していない

次に、最大ドローダウンを更新していないストラテジーを選ぶことも大切です。
最大ドローダウンとは、期間内の累計利益のピークからの最大落ち込み幅を指します。

最大ドローダウンを更新している状態は、今までに起きた最大損失の幅を更新した状態で、そのストラテジーが現在、かなり負けやすい時期にあるということです。

そのため、最大ドローダウンを更新しているストラテジーを選んではいけません。
1年以上という長期的な対象期間内で、直近3ヶ月以内に最大ドローダウンを更新しているストラテジーは候補から外しましょう。

取引回数が極端に少なくない

勝てるストラテジーを選ぶ上で、取引回数も非常に重要です。
ストラテジーの取引回数が多いほど、損益の結果がまぐれではなく信頼できるものと判断できます。

例えば、1ヶ月の取引回数が5回で勝率80%のストラテジーと、1ヶ月の取引回数が50回で勝率80%のストラテジーがあったとします。
どちらも同じ80%という勝率ですが、取引回数が多いストラテジーの方が信頼できます。

ストラテジー選択型自動売買サービスのおすすめ

ストラテジー選択型自動売買サービスならGEMFOREXの「自動売買ソフト使い放題サービス」がおすすめです。
GEMFOREXには、およそ400種類以上のEAがあり、そのEAを無料で使い放題です。
このようなサービスが提供できるのは、GEMFOREXの親会社がEAやミラートレードを開発・提供しているGem-Tradeだからです。

人気のEAや成績の良いEAをランキング形式で記載されているので、その時期に成績の良いEAを簡単に探すこともできます。
FXのストラテジーは相場によって結果が大きく変動しますが、GEMFOREXの使い放題サービスを利用すれば、相場に合わせてEAを入れ替えることも可能です。

「コンサルの使い方がうまい」クライアントと仕事をするメリット・デメリット

「コンサルの使い方がうまい」クライアントと仕事をするメリット・デメリット

ここで表現している「コンサルの使い方が上手いな」と感じる方の定義は、
①プロジェクト期間中に解きたい論点(=創出したい成果)が明確な方
②コンサルタントが得意なこと、できる限界の境界線がわかる方
③コンサルタントに対してリスペクトのある方

となります。突き詰めるとコンサルタントはクライアントが数多抱える課題を解決する武器の1つともとらえられます。そのため、どのイシューに対して、どのような解き方が良いのか?が分かっている方が、上手く使えているのかと思います。

コンサルの使い方が上手いクライアントと仕事をするメリット・デメリット

・成果物への"炎上"が少ない
コンサルの使い方が上手いクライアントは、何を解くかを明確にします。
ゴールがずれることが無いため、「こんなはずではなかった」という炎上のリスクは少なくなります。

・計画通りに進む(ファームにとってのQCDも良い)
コンサルの使い方が上手いクライアントは、コンサルが得意なこと、出来る限界を知った上で計画を立てるので、計画外の問題は少なくなるでしょう。

・120%の気持ちで気持ちよく働くことができる
当然ですが、コンサルも人間です。リスペクトがなければ、おのずと姿勢にも変化が出てきます。

デメリットの側面としては、これもまた先程の定義と対応関係にありますが、
・(何を解くかが明確であるが故に、)自ら解くべきイシューを見抜き、定義する力が養われない
・(得意なこと、出来る限界を知る故に、)コンフォートゾーンを抜けるチャレンジする機会が少ない
・(リスペクトがある故に、)若い内は勘違いをしがちであり、又逆境や修羅場への耐性が弱くなる

となります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる