FXニュース

アジア通貨危機

アジア通貨危機
先月の輸出(578億ドル)が 04月基準で史上最大を記録した が、近いうちに減少傾向に転換し得るという国策研究院の分析が出た。為替レート・原材料価格の急騰で既に輸入(04月 603億ドル )が輸出を追い越しており、輸出まで減少すると、貿易収支赤字が急増する恐れがある。
(後略)⇒参照・引用元:『毎日経済』「今年の貿易赤字100億ドル…孝行息子だった輸出も難しくなる」

デロイト トーマツ、「Tech Trends 2022 日本版」を発行

エクスポネンシャルインテリジェンス―従来、AIは複雑・大量のデータを分析し予測する目的で利用されてきたが、未来のAIは人間の感性にまで技術進化を遂げる。AIは我々の行動履歴を学習する以上、成長の方向性とスピードも限界があるため、今後AIをエクスポネンシャルに進化させるためには、AIの役割の認識を変え、オルタナティブデータや他者のチャンピオン・モデルと掛け合わせるといったことに果敢に取り込んでいくことが重要になる。

アンビエントエクスペリエンス―デバイスやAIなどの分析技術の発達により、人の気分や趣向、意識していない健康状態までも計測してデジタルに変換、処理できるようになると、これまでスクリーン・液晶を介することを前提としていたプロセスが省略され、現実とデジタルの境界を意識しない、「アンビエントエクスペリエンス」の実現が近い将来訪れるのかもしれない。日本企業は、近視眼的な費用対効果に捕らわれず、積極的に新技術の活用にチャレンジすることで競争力に大きなアドバンテージが得られるであろう。

デロイト トーマツ グループは、日本最大規模のプロフェッショナルサービスファームとして有する圧倒的な専門性・総合力と、データアナリティクスやデジタル・テクノロジーに関する最先端の実践的知見を融合することで、経済社会や産業の将来像を指し示し、その実現に必要とされる経営変革と社会イノベーションを加速させる「経済社会の変革のカタリスト」となることを目指しています。

プロフェッショナル

山本 有志/Yushi Yamamoto

山本 有志/Yushi Yamamoto アジア通貨危機

デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員

多様な業界に対して、IT戦略立案、IT組織改革、グローバルITガバナンス強化、IT投資コストマネジメント高度化等のTechnology Strategy & Architectureに関するコンサルティングに従事。 アジア通貨危機 企業の戦略実現を左右する大規模ITプロジェクトのマネジメント経験も多く、戦略から開発・運用までITライフサイクル全般の知見を活かし、CxOに対してアドバイザリーサービスを提供。 関連サ. さらに見る

千田 章貴/Akitaka Senda

千田 章貴/Akitaka Senda

デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員

金融機関を中心に、戦略立案~システム開発~アウトソーシングを含む広範囲の領域に対してコンサルティングサービスに従事。特に、事業戦略立案、業務改革、組織変革、IT戦略・マネジメント等のプロジェクトを多く手掛けている。 関連するサービス: ・ エンタープライズテクノロジー・パフォーマンス(ナレッジ・サービス一覧はこちら) >> オンラインフォームよりお問い合わせ. さらに見る

報道機関の方からの問い合わせ先

デロイト トーマツ グループ 広報担当 真木
Tel: 03-6213-3210 Email: [email protected]

デロイト トーマツ グループは、日本におけるデロイト アジア パシフィック リミテッドおよびデロイトネットワークのメンバーであるデロイト トーマツ合同会社ならびにそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト アジア通貨危機 トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは、日本で最大級のプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約30都市以上に1万5千名を超える専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“アジア通貨危機 DTTL”)、そのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人(総称して“デロイトネットワーク”)のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)ならびに各メンバーファームおよび関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体であり、第三者に関して相互に義務を課しまたは拘束させることはありません。DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。

デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの関係法人は、それぞれ法的に独立した別個の組織体であり、アジア パシフィックにおける100を超える都市(オークランド、バンコク、北京、ハノイ、香港、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、メルボルン、大阪、ソウル、上海、シンガポール、シドニー、台北、東京を含む)にてサービスを提供しています。

韓国「貿易赤字109億ドル」に「輸出が減少する可能性」が追い討ちをかける

トピック

もう何度だって言いますが、文前政権では「 輸出金額が増加しているので大丈夫 」と言い張ってきたのですが、通関ベースとはいえ03月、04月と連続赤字、05月も20日まで赤字となれば、韓国メディアも黙ってはいられない、といったところでしょう。

先月の輸出(578億ドル)が 04月基準で史上最大を記録した が、近いうちに減少傾向に転換し得るという国策研究院の分析が出た。

為替レート・原材料価格の急騰で既に輸入(04月 アジア通貨危機 603億ドル )が輸出を追い越しており、輸出まで減少すると、貿易収支赤字が急増する恐れがある。
(後略)

⇒参照・引用元:『毎日経済』「今年の貿易赤字100億ドル…孝行息子だった輸出も難しくなる」

2022年01月01日~05月20日累計
輸出: 2,696億9,100万ドル
輸入: 2,806億5,500万ドル
貿易収支(輸出 – 輸入): -109億6,400万ドル
(約-1兆3,964億円)

⇒参照・引用元:『韓国 関税庁』公式サイト「’22年5月1日〜5月20日の輸出入状況」

ここまでで累計「 109億6,400万ドル 」の 貿易赤字 です。

2021年の同期(01月01日~05月20日)は「 97億1,100万ドルの黒字 」でした。

天地で「 206億7,500万ドル 」(約2兆6,332億円)が消失したのです。

文前政権、また産業通商資源部は「 前年に比べて輸出金額が増加しているので大丈夫 」などと言い続けてきたのです。

(前略)
「ウクライナ戦争が長期化してグローバルインフレが落ち着かない場合、輸出はコロナ以前より深刻な不振を見える」と述べた。

(中略)

また、「最近のインフレは、輸出物価より輸入物価を急速に上昇させており、むしろ貿易条件を悪化させる側面が大きい」と指摘した。

輸出金額が増えるよりも輸入金額が増える速度が速い ということだ。

研究員は「インフレが加速すればさらに強力な緊縮政策を呼び起こすという点で、 実質輸出にむしろ否定的な影響を及ぼす可能性も大きい 」と話した。

⇒参照・引用元:『毎日経済』「今年の貿易赤字100億ドル…孝行息子だった輸出も難しくなる」

尋常ではないインフレに襲われている韓国ですが、通関ベースとはいえ貿易収支が赤転して外貨を積めなくなり、この上「輸出が減少する」ことになると大変にまずいです。外貨が足らない分をどこかから調達することになれば……1997年「 アジア通貨危 機」前、2008~2009年「 韓国通貨危機 」前と同様の状態に陥る可能性があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる