オプション取引方法

自然界の数を使ったfxのトレード手法

自然界の数を使ったfxのトレード手法
フィボナッチ・リトレースメントを、他のテクニカル指標と組み合わせてより精度を上げることもで きます。精度を上げるということはそれだけエントリーの条件が厳しくなり、トレードチャンスが厳選されことを認識しておいてください。それでは下記のチャートをご覧ください。
自然界の数を使ったfxのトレード手法
上図はビットコインの日足チャートです。フィボナッチの緑の丸印に注目してください。最初の丸印では半値戻しの位置で綺麗に止まっています。そして下段のテクニカル指標はストキャスティクスです。ここでの最初の丸印は売られ過ぎの水準まで到達しており、反発する可能性が高いと判断してロングエントリーしやすいと言えます。

『kabu.com API』で始まる 新しいトレードのカタチ

オープンイノベーション基盤としての『kabu.com API』

オープンイノベーション基盤としての『kabu.com API』

MUFGグループ傘下である当社は、「MUFG{APIs}」プロジェクトに参画しており、APIによるグループサービス協業やFintechスタートアップと技術的な連携を深めることにより、積極的にオープンイノベーションの推進を図ります。

オープンイノベーション基盤としての『kabu.com 自然界の数を使ったfxのトレード手法 API』

オープンイノベーション基盤としての『kabu.com API』

2018年7月、AWS(Amazon Web Services)活用による新基盤の導入やOAuth 2.0を採用し、従来より強固かつ、セキュアな取引環境を実現する新たな「kabu.com API」のリリースにより、オープンイノベーションのさらなる推進を図ってまいります。

金融サービスのオープンイノベーションの
推進基盤としての『kabu.com API』

当社は、世界的な金融サービスの構造変化・Fintechの進展の流れに先駆け、2012年から株式・先物・オプション取引に対応したAPI(Application Programming Interface)環境として『kabu.com API』を提供しております。『kabu.com API』は、発注系、注文照会、残高照会、リアルタイム時価情報など、従来は証券会社ツールを介さなければ得られなかった情報をAPIとして提供することにより、リリース以降、プロップファーム、投資助言事業者、取引ツール開発業者、ロボアドバイザー運営業者、ゲーム開発業者までさまざまな業態の事業者様に活用いただいております。

証券基幹システムとフロントレイヤーの
アンバンドリング化によりスピーディな協業を実現

『kabu.com API』は従来の証券会社が担っていた機能・サービスの提供主体をアンバンドリング化※することにより、証券サービス全体の高付加価値化を目指す取組みです。『kabu.com API』を活用することにより、サードパーティは、証券基幹システムに属する部分(複雑な金融法令諸規則に基づく顧客プロパティ管理、勘定系の余力計算、銘柄管理、情報配信基盤、有価証券と金銭の受渡処理等)については当社の基盤を利用しつつ、UX(ユーザーエクスペリエンス)等のフロントレイヤー部分については事業者様の技術・サービスアイデアの実装にリソースを集中することが出来るため、高度な金融サービスをスピーディに開発・提供していくことが可能となります。

『kabu.com API』のイメージ

通常の取引

通常の取引

『kabu.com API』を使った取引

『kabu.com API』を使った取引

『kabu.com API』の特長

『kabu.com API』は個人投資家でも使えるの?

『kabu.com API』の提供が認められた
サードパーティの取引ツールを利用することで、
個人投資家の方でも『kabu.com API』を使うことができます。

『kabu.com API』との接続契約には、auカブコム証券の法人口座が必要となります。個人のお客さま(個人口座)は、申し込むことができません。
個人のお客さまは、『kabu.com API』との接続が認められたサードパーティの取引ツールに申し込み、サードパーティが提供する取引ツールを使って『kabu.com API』を利用しトレードすることが可能です。
「kabu.com API」を活用したサードパーティ事業者が提供するサービスの一の一覧はログイン後画面でご確認ください。
マイページ→設定・申込→電子契約→kabu.com API利用設定(兼 自然界の数を使ったfxのトレード手法 APIパスワード設定)

【FXブログ】よく当たるFX為替レート予想

フィボナッチはインチキ

√5は「2.2360679 (富士さんろくオウム鳴く)」
3.2360679÷2
1.61803395.

<二次方程式 x 2 − x − 1 = 0 の解>
x 2 -x-1=0

よく見るとそれほど合っていないフィボナッチ

フィボナッチ比率への疑問

みなさんも、試しにチャートへフィボナッチを描画してみてください。 他人に説明すると想定してチャートを探してみると、おそらくかなり時間がかかる とはずです。

実は例外だらけで神秘性はない

【暴露】フィボナッチ数列になっていない花びら

アブラナ・サフランとフィボナッチ数列

何でもありで信頼性に欠ける

冒頭で、花びらの枚数がフィボナッチ数列に従っているという話をしましたが、実は例外がたくさんあります。アブラナの花びらは4枚、サフランは6枚だったり、7枚や11枚、18枚の花などの例外も多くあります

要は、こじつけで何でも強引にフィボナッチになっています

  1. アブラナの花びらは4枚、サフランは6枚
  2. 7枚や11枚、18枚の花などの例外も多く存在
  3. ひまわりの螺旋はフィボナッチ数列ではない
  4. 例外だらけで何でもあり、神秘性のかけらもない
  5. チャート上のフィボナッチは後付け
  6. チャートが動くと異なるフィボナッチが描画できる
  7. 人によってフィボナッチの描画方法が様々
  8. チャート上に黄金比1.618を見つけるのは困難
  9. よく見るとチャート上のフィボナッチはズレている

【暴露】Wikipediaのひまわり螺旋の数

フィボナッチとひまわりの螺旋数

【動画】フィボナッチ&エリオット波動は嘘

【動画】FXのフィボナッチはインチキ

管理人著書・雑誌紹介

書籍・DVD

・書籍『10万円からはじめるマナブ式FXスキャルピング・デイトレ入門』(成美堂出版)
・書籍『50万円を6900万円に増やした!マナブ式FX』 (成美堂出版)
・書籍『FXシステムトレード超入門』(成美堂出版)
・書籍『マナブ式FX トラッキングトレード入門』(実業之日本社)
・書籍『マナブ式FX必勝チャート』 (扶桑社)
・書籍『マナブ式FX』 (扶桑社)
・DVD「マナブ式FX 音と色でわかる売買チャンス!」(パン・ローリング)
・DVD「マナブ式FX ポジった瞬間 自然界の数を使ったfxのトレード手法 逆に行 ってしまうことをなくすハナシ」(パン・ローリング)
・DVD「テクニカルとファンダメンタルズを組み合わせたFXトレード」(パン・ローリング)
・メールマガジン 【勝率8割以上!?】毎日更新、よく当たるFX為替レート予想配信

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる