FXニュース

楽天証券の評判や手数料は

楽天証券の評判や手数料は
ロボアドって最近聞くけど、これ意義あるのかな?
自分で選んだ銘柄にしたほうが損しても勉強になるからそのほうがいいと思うけど。 楽天証券、楽天カードで積立、NISAも使えるロボアド。「らくらく投資」 - Impress Watch https://t.co/SzSeatfRGJ @impress_watchより — orange_沖縄県民 (@Mt1Orange) June 8, 2021

国内株式のリスクと費用について

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 楽天証券の評判や手数料は 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 楽天証券の評判や手数料は 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

楽天証券のメリット・デメリットは?手数料の他社比較も

※楽天証券の場合、300万円以降100万円増加ごとに1,100円(税込)が追加。また、現物取引と信用取引の合算金額。
※SBI証券では200万円以降100万円増加ごとに440円(税込)が追加。
※松井証券では200万円以降100万円増加ごとに1,100円(税込)が追加
※GMOクリック証券では300万円以降100万円増加ごとに295円(税込)が追加。
※マネックス証券では600万円以降300万円増加ごとに2,楽天証券の評判や手数料は 750円(税込)が追加。

項目 楽天証券 SBI証券 松井証券 GMOクリック証券 マネックス証券
10万円まで 0円
30万円まで 0円
50万円まで 0円 0円 0円 0円
100万円まで 943円 524円 1,100円 0円 550円
200万円まで 2,200円 964円※ 2,200円※ 880円
300万円まで 3,300円※ 1,404円 3,300円 1,320円※ 2,750円
600万円まで 6,600円 2,724円 6,600円 2,640円 5,500円※

※すべて税込の金額
※楽天証券の場合、300万円以降100万円増加ごとに1,100円(税込)が追加。また、現物取引と信用取引の合算金額。
※SBI証券では200万円以降100万円増加ごとに440円(税込)が追加。
※松井証券では200万円以降100万円増加ごとに1,100円(税込)が追加
※GMOクリック証券では300万円以降100万円増加ごとに440円(税込)が追加。
※マネックス証券では600万円以降300万円増加ごとに2,750円(税込)が追加。

【実績公開】楽天証券の「らくらく投資」の評判・口コミは?手数料やデメリットを徹底解説!

今日から楽天証券でサービス開始となった、ロボアドの「らくらく投資」。
楽ラップより少し手数料は安くなりましたね(0.5%弱)。
クレカ積立もできるという事で、
それなりには売れるかもしれませんね🤔

お買い物パンダに画面着せ替えできるのはちょっと魅力🤣#楽天証券 pic.twitter.com/GQDEwlldNk

— まさ@投機はソシャゲ感覚 (楽天証券の評判や手数料は @OMasa930) June 20, 2021

やはり楽天ユーザーにとっては、楽天カードや楽天ポイントが使えるのは嬉しい声が目立っていますね。多少の投資経験がある方にとっては、NISA対応も嬉しい要素だと言えます。また、画面が楽天のマスコットキャラクターであるお買い物パンダ仕様にできる隠し要素もあるとのこと。

悪い口コミ

ロボアドって最近聞くけど、これ意義あるのかな?
自分で選んだ銘柄にしたほうが損しても勉強になるからそのほうがいいと思うけど。

楽天証券、楽天カードで積立、NISAも使えるロボアド。「らくらく投資」 - Impress Watch https://t.co/SzSeatfRGJ @impress_watchより

— orange_沖縄県民 (@Mt1Orange) June 8, 2021

とりあえず初めは静観に徹して、良さそうなら楽ラップからこの「らくらく投資」に移行するのもありか。ロボアド投資が最近流行っているけど、実力が全く分からん状態のインはかなり度胸がいるのよなぁ。しかし楽天証券だけでロボアド2つってのも不思議だし、今後楽ラップの扱いどうなるんだろ。

— 生ほうじ茶@インデックス (@f_nmtea) June 9, 2021

まだ始まったばかりで、実績がはっきりしないと利用も検討できないという声がありました。たしかに大事なお金を預ける以上、本当に実績が出るかは大切です。また、全てお任せするが故に、投資に関する知識が身に付きにくいはデメリットと考える方もいらっしゃいました。

6. らくらく投資の運用実績(利回り)を公開!

弊サイトも実際にらくらく投資に投資をしてみました。

2021年7月に投資を開始。毎月同金額を積立投資しています。

2022年5月現在5,000円の投資金額に対して-50円 の運用実績 です。

また、らくらく投資は2021年6月にスタートしたばかりで、公式サイトからはっきりとした運用実績は公開されていませんが、9つの質問に答えることで、おすすめされた運用コースのシミュレーションは可能です。

私が質問に回答しておすすめされたコースは「しっかりコース」で、つみたてNISAで毎月33,333円積立投資してみると、順調に運用できれば、20年後には1500万円の資産ができる可能性があります。

7. らくらく投資はどんな人にオススメ?

ズバリ!らくらく投資は、今まで資産運用をやったことがない楽天ユーザーにおすすめできるロボアドバイザーです。

初めて投資するとき「銘柄選びに失敗したらどうしよう…」という悩みがありますよね。らくらく投資なら、9つの簡単な質問に答えるだけであなたに最適な運用方法を提案してくれます。

楽天ユーザーの必須アイテムである楽天カードで積立投資をしながら楽天ポイントを貯め、そのポイントも投資することで、簡単かつ効率的に資産を築くことが可能です。とくに、すでに楽天証券口座をお持ちの方は、たった3分で運用を始められます。

一方、普段から楽天サービスを利用していない方は、メリットが少なくなってしまいます。ただしらくらく投資は、唯一つみたてNISA口座と併用できるロボアドバイザーです。ロボアドで簡単に資産運用しながら、得た利益を購入年から20年間非課税にできるのは、非楽天ユーザーでも魅力的ではないでしょうか。

8. 同じ楽天証券のロボアド「楽ラップ」との違いは?

実は、楽天証券には「楽ラップ」という、もう一つロボアドバイザーがあります。どちらも楽天ユーザーにおすすめのロボアドですが、らくらく投資は気軽に資産運用を始めたい人に向いており、楽ラップは市場の動き合わせて使いたい人に向いています。

  • 11銘柄の海外ETF
  • 楽天カード決済
  • 楽天ポイント投資
  • NISA対応
  • 手数料が割安
  • マーサー・インベストメンツから運用アドバイス
  • 18銘柄の投資信託
  • 下落ショック軽減機能
  • 2つの手数料コース

楽ラップは、世界有数の資産運用会社「マーサー・インベストメンツ」から運用アドバイスを受けている本格的なロボアドバイザーです。らくらく投資が海外ETFを運用するのに対して、楽ラップは投資信託を運用して世界に分散投資します。

独自の機能として、市場が下落傾向になった際にその影響を抑えてくれる「下落ショック機能」が付いています。また手数料は、一定の費用がかかる「固定報酬型」と、一定期間の運用成果に応じて費用を徴収する「成功報酬併用型」の2種類用意されています。

つまり、市場の動きを見ながら、下落ショック機能を活用したり手数料コース変更することで、コストを抑えつつ高い利益を狙うことが可能です。「自分で売買するのは大変だけど、ちょっとだけ投資家の気分を味わいたい」という方は、楽ラップを選んでみるといいでしょう。

9. 【3分で開始】らくらく投資の始め方3STEP

それでは最後に、らくらく投資の具体的な始め方を解説していきます。すでに楽天証券をお持ちの方は、たった3分で運用を始めることができますよ。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる