弱気相場での取引

通貨バスケット制度

通貨バスケット制度
そのような背景の中、経済産業研究所の研究プロジェクトとして伊藤隆敏経済産業研究所ファカルティ・フェローが主査となり、2004年秋に「東アジアの金融協力と最適為替バスケットの研究」に関する研究プロジェクトが立ち上げられ、通貨バスケットに関する研究が続けられている。当研究プロジェクトでは、将来的には共通通貨バスケットを長期的に望ましい選択肢と位置づけ、共通通貨バスケットに移行するまでの金融為替政策運営、そして、望ましい共通通貨バスケット制の形態を探るという、政策に直結する研究を行っている。研究プロジェクト遂行の過程において、ASEAN+3(日中韓)の通貨バスケットであるアジア通貨単位(Asian Monetary Unit, AMU)および構成通貨のAMUからの乖離を示すAMU乖離指標のデータが作成され、2005年9月よりRIETIのウェブサイトに公表され、毎週データ更新が行われている。

通貨バスケット制度

シンガポールドルは通貨バスケット制により管理されている。 例文帳に追加

中国の為替度において、参照される通貨バスケットの構成は明確にされてはいないものの、これまでの中国通貨当局の発表によれば、ドル、ユーロ、円、ウォンが主要な構成通貨であり、バスケットに占めるドルのウエイトは50%をはるかに下回るとされている。 例文帳に追加

すなわち中国通貨当局の発表とその後の人民元の対ドルレートの動向及び主要4通貨により推測される為替バスケットの構成を比較すれば、中国為替度における通貨バスケットへの参照の度合いは小さいことが考えられる。 例文帳に追加

2005年7月21日に通貨バスケットを参照する為替度への移行後も、対ドルレートは安定して推移している。 例文帳に追加

いくつかの新興市場国は、緊密な貿易及び投資関係のある国(多くの場合同一地域内)の単一通貨又は通貨バスケットへのペッグ度を採用することによって、為替相場の安定を図ってきた。 例文帳に追加

固定相場度については、単一の通貨への固定だけでなく、貿易、投資の相手が分散している場合には、これを考慮した複数の通貨バスケットに対して為替レートを固定する、という選択がありえます。 例文帳に追加

域内における為替リスクへの対応について、①完全に無くす手段としての共通通貨の導入、②為替リスクを相対的に低減させる手段としてのEMS(欧州通貨度:European Monetary System)で用いられたようなERM(為替メカニズム:Exchange Rate Mechanism、共通通貨バスケットへのペッグ)、が議論されている。 例文帳に追加

「通貨バスケット制」の部分一致の例文検索結果

該当件数 : 14

一般的な為替リスクヘッジ手段としては、先物予約や、通貨スワップ、通貨オプションなどのデリバティブ取引があるが、そもそも我が国企業の域内の為替リスクを低減させる手段としては、第3章第1節で見た、①共通通貨・共通通貨バスケットの導入、②円の国際化、③各国毎の通貨バスケット導入、が考えられるが、まず①の共通通貨・共通通貨バスケットの導入については域内経済格差の存在、景気連動の同期性が少ないこと、域内の労働、資本の移動の約の存在から現時点ではあまりに時期尚早31である。②の円の国際化については、現実的には円の国際化は進んでいるとは言い難い。 例文帳に追加

また、マレーシアでも中国と同日、それまでのドルペッグから貿易額でウエイト付けされた通貨バスケットに連動した管理変動相場度に移行することを発表した。 例文帳に追加

他方、バスケット度移行後の人民元の対ドルレートを見ると、対円、対ユーロレートと比べて安定して推移しており、主要4通貨の為替バスケットのウエイトの推計では、2005年7月22日から12月30日まではドルのウエイトは100%を超え、2006年1月2日から3月末までのウエイトは約90%となっている。 例文帳に追加

自由な国際資本移動が認められている中、共通通貨バスケットへのペッグを維持するためには、金融政策の放棄とまではいかなくても、参加国間の金融政策の協調(固定相場度を維持する政策的コミットメント)が必要となる。 例文帳に追加

こうした米国を中心とする海外からの切り上げ圧力が高まっている中で、中国では、2005年7月21日に、通貨バスケットを参照した管理変動相場度に移行することを発表し、同時に1ドル8.28元から1ドル8.11元まで、2.1%の切り上げを行った。 例文帳に追加

如何なる国も、すべての経済政策の基盤となる為替相場度につき、選択の誤りに耐えることはできません。一般的に言えば、新興市場国ないし発展途上国にとっては、その通貨を最も緊密な貿易及び投資の相互依存関係にある先進国の通貨あるいはいくつかの通貨バスケットにペグし、実質実効為替レート、ユニット・プライス、及び経常収支・資本収支のバランスの動向に応じて定期的にペグを調整することが適切であると言えるでしょう。 例文帳に追加

2005年5月のASEAN+3蔵相会議では、これらの進捗を踏まえ、債券市場の更なる発展に向け、各国の定期的な自己審査、情報の一元的管理のための体整備、バスケット通貨建て債券の研究の開始や、将来のアジアにおける国際債券市場の発展に向けた検討を開始することで合意がなされた。 例文帳に追加

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる