初心者でもめざせ

投資ブローカーとは何ですか

投資ブローカーとは何ですか
モバイルウォレット:モバイルオペレーティングシステムの台頭により、モバイルウォレットが人気を博し、広く使用されるようになりました。多くの暗号トレーダーは、その便利さのためにこれを頻繁に使用します。ただし、ガジェットの紛失やログイン資格情報の盗難は、ここで取り組むべき問題です。モバイル互換性のあるビットコインウォレットは市場で入手可能であり、Cryptonexのような他のコインをサポートする設計のマルチコインストレージでもあります。主要なCryptonexウォレットは、MAC OS、Android、およびiOSのダウンロードで利用できるネイティブデザインのCNXアプリです。 Coinomiウォレットもモバイルプラットフォームと互換性があるように設計されています。

【投資銀行部門別解説シリーズ2】債券部・株式部がやっていること【23卒必見】

このように書くと簡単に見えるかもしれませんが、資産運用会社などの大口注文をする投資家は、様々な注文方法を利用します(個人投資家が株式の売買の際に利用する方法は、成行・指値・逆指値の3種類です)。債券と異なり、株式においては複雑な注文手法の場合はトレーダーのスキルによって売買の金額が変わります(指値や逆指値の場合は変わりません)。当たり前のことですが、投資家が自分でトレーディングせずに証券会社のトレーダーに依頼するのは、自分たちよりも高いトレーディング技術を持っていると期待しているからです。
このため投資家からの注文はトレーディングスキルの高いトレーダーに集中し、安く買えたり高く売れたりしないと他の投資銀行のトレーダーに顧客を奪われることになります

株式セールス:アナリストの情報をもとに株式売買を引き出す

株式部のセールスは、投資家とコミュニケーションをとって株式の売買を促す仕事です

各業界のアナリストの情報を集約して投資家に伝える

このため株式部のセールスには、自社のアナリストたちと密にコミュニケーションをとり各セクターの情報を総合的に判断したうえで、どの業界のどういった企業に投資するのが良いのかを投資家に伝えることが求められます

セールス・トレーダー:セールスとトレーダーのハイブリッド

セールス・トレーダーは、アナリストから獲得した情報をもとに資産運用会社などに電話をかけて株式の売買を促しますが、もし発注があれば自ら売買を執行します。簡単に言えばセールスとトレーダーを兼ねている職業です。

アナリスト:緻密な分析に基づいて投資のアイディアを提供する

株式部のアナリストは、株式アナリストまたはファンダメンタル・アナリストと呼ばれます。株式アナリストは、クライアントである投資家に対して投資のアイディアを提供して、トレーディングを促す役割を担っています

アナリストの収益源は自分が書いたレポートです。具体的には、担当企業を取材して投資判断のためのレポートを書き、それを投資家に買ってもらうことで収益を上げます

また、これらの企業の業績や株価の変化についての意見を投資家に提供したうえで、顧客が投資判断を行う際のディスカッション相手にもなります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる