元トレーダーが解説

チャートで練習問題

チャートで練習問題
しつこいですが、黄色チャートを勉強する目的は「基本問題の解き方を理解して覚え、スラスラ解けるようにするため」ですよね。
なので、いくら問題を一度できるようになったとしても、解ける状態を維持しておかないと意味がありません。

Zチャートとファンチャート・・・・知識問題

Zチャートとファンチャートと呼ばれる2つのグラフは、業績の動向を比較し今後の経営判断にする資料として利用されています。
日商PC検定知識問題では、Zチャートやファンチャート自体の内容についての設問は、
現在のところ(2016年7月)出題されていませんが、問題文の選択肢には、掲載されています。
また実技問題では、今のところEXCELでどのようにしてこの2つのグラフを作成するかという
スキル的な問題は、出題されていませんが
できれば一度自分で例題を作成して実際にグラフを作成してみるとよく理解できると思います。
そして、大まかでも、2つのグラフの意味するところ、作成する目的は、しっかり押さえておきたい知識です。

Zチャート

グラフがZ形になるのでZチャートと呼ばれています。
下段のグラフでは、ショートケーキとミルフィーユの売り上げ推移をグラフ化しています。
青色のグラフは、今年1年間の月別の売上グラフです。
赤のグラフは、今年の月別の売上金額の累計、1月+2月+3月+・・・・と毎月の売り上げを足していった金額です。
緑のグラフは、前年の同月からの1年間の売上合計です。
例えば、7月なら前年の8月から1年間の売上累計になります。
要するに、今までの1年間と今年の1年間を比較できるグラフです。 チャートで練習問題
ショートケーキとミルフィーユでは、売上金額の軸桁が違うので数値的比較はしにくいのですが、
緑のグラフの1年間の売上累計の形がミルフィーユの方が上向きに上がっています。
反面、ショートケーキの方は徐々に下がっていきます。
このことは、ショートケーは、売り上げは大きいのですが、ミルフィーユの方が販売に勢いがあって好調であることを示しています。
このように数字だけの表では、分かりづらい数値の動向をビジュアルに表現してくれるのがZチャートです。

ファンチャート

下段の「売上高推移」と「伸び率」の2つの表から、それぞれ円グラフと折れ線グラフを作成します。
円グラフを見ると、ショートケーキ、プリン、モンブランの順に売上高が多く主力商品であることを示しています。
ミルフィーユの売り上げは、6%しかなく小さな水準です。
しかし、下段の折れ線グラフで示しました伸び率の推移では、
ミルフィーユの系列折れ線だけが上へ伸びています。
他の商品は、下向きです。
このことは、現在はミルフィーユが好調で人気があることを示しています。
すなわち
人気がある=ファンが多い
ということでファンチャートは、人気度を示すグラフと呼ばれています。

チャート式基礎からの数学ⅠAの効果的な使い方と勉強法

①解法パターンの理解型暗記をせよ
チャート式はインプット系の参考書である。これを初見で解ける人はそういない。
問題を解いていて、「先生みたいに、答えがひらめかない!」と言う生徒がよくいるが。そのような人にまず言わせてもらうと、数学は決して「ひらめき」ではない!ということ。
数学が出来る人と言うのは過去に経験したことのある解法パターンを組み合わせて解いているだけである。それこそ覚えているものを引っ張ってきているだけなのである。

ひらめきというのは、想像を絶するほどに勉学に時間を割き、そして公式を生み出したり、偉大なことを成し遂げるような天才だけに振ってくるものであり受験においてはそのようなひらめきは全く必要でない。
受験生に必要な数学力は簡単にいうと「解法パターンの暗記⇒解法パターンの組み合わせの練習」で身につく。

このチャート式では、第一段階である「解法パターンの暗記」に励むのだ。
その際、ただただ解法を丸覚えするのでなく、「なぜ」に着目した暗記をしてほしい。なぜその式変形が必要なのか、なぜそこに補助線をひくのか等々、答えの暗記でなく答えに至るまでの過程を理解し暗記せよ。

②例題だけを解け
理由は「周回スピードを速くするため」である。
このチャート式は問題掲載数が1000問以上あり、一周するのに膨大な時間を要する。 しかし、例題だけに絞るとその量は200問~300問程度に絞られるので、単純に一周に要する時間が大幅に減ることが分かるだろう。

練習問題や演習問題は所詮は例題の類似問題である。
数学に限らず、どの教科にも言えることだが、まずは「全体像を把握すること」が大事であり、単元ごとに基礎から発展までやるのでなく、まずは基礎レベルで全体を通してみる。そして周回するごとに少しずつ深く深く内容を掘っていくのだ。

だから練習問題や演習問題に取り組むのは最後でいい。まずは例題だけを何周もしていくことを勧める。

③ひたすら周回せよ
上の②でも述べたが、周回することが暗記においては最重要である。特にチャート式のように一周に時間のかかるものは、とにかくスピードを上げて先へ先へと進むこと。
一周目ですべてを理解・暗記する必要は全くない。

3周目4周目になってようやく「あ、そういうことか!」となることも多々ある。さらに周回数を重ねるごとにスピードは上がってくるので、1周目より2周目、2周目より3周目、と1周にかかる時間が短くなっていくだろう。
関連:他の受験生と差をつける最も効率的な暗記・復習方法

【使用時の注意点】

それは1問にこだわりすぎないこと。使い方でも述べたが、チャート式は暗記でありスピードが命である。
1問に20分、30分も考え込むのでなく、問題を見て解法が浮かばない場合はすぐに答えを見る。
これくらいの意識で取り組んで欲しい。

心構えとしては1周目、2周目は「数学に慣れよう・数学の全体を見てみよう」という気持ちで構わない。
はじめは全く解けなくて辛いだろうが、周回数を重ねるごとに数学が出来る実感が湧いてくるはずだ。
関連:難関私大を攻略する数学の勉強法はコチラ!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる