FXニュース

無料アプリの儲けの仕組み

無料アプリの儲けの仕組み
引用:インスタグラム

【2022年最新版】TikTokって儲かるの!?儲ける仕組みを徹底解説!

引用:インスタグラム

インスタグラムに誘導する大きな理由は、企業案件がSNSの中で1番多いからです。

報酬金額は平均1フォロワー当たり3円が相場です。

今後追加される予定の機能

17LiveやYouTubeで今流行ってる投げ銭システムがTikTokでも導入されるだろう。

現にアプリ内に「ポケット」機能と呼ばれる投げ銭の様なシステムも導入されています。

アフィリエイトサービス

最後に紹介するのは、アフィリエイトサービスを利用することで収益化するという方法です。

正直この方法が一番簡単で確実に収益化へ近づきます。

アフィリエイトとは、 成果報酬型の広告のことで、商品を紹介することで一定の割合の報酬を受け取ることができるサービス です。

【収益化】SNSアカウントでも登録可能なASPはここだ!SNSで稼ぐ方法を徹底解説! SNSアカウントで収益化するにはどうしたらいいんだろう? そう思った方は多いんではないでしょうか? インスタグラムなどではフ.

稼ぐためには

・フォロワーを作る(ファンを作る)
・SNS関連誘導の設定方法

フォロワーを作る(ファンを作る)

絶対に知っておきたいフォロワーの増やし方!

・簡単な口ぱく動画から!
・毎日時間を決めて投稿する。質より数が大切!
・流行りの音楽やダンスは素早く取り入れる!
・ハートをつけあう仲間を増やす!
・専門性をもたらした動画をあげる!

簡単な口ぱく動画から

TikTok動画の王道と言えば、口パク動画です。

毎日時間を決めて投稿する。質より数が大切!

例えば、主婦がターゲットであれば、13時〜16時が狙い目です!

若者や学生であれば22時〜24時が狙い目です。

流行りの音楽やダンスは素早く取り入れる!

おすすめ欄にある音楽を基本的に意識して使いましょう。

再生回数、フォロワー獲得に繋がります。

ハートをつけあう仲間を増やす!

より多くのおすすめに載るには、短時間でのハートは欠かせません

人の動画に積極的にハートを押しに行ったりして、ハートを押し合うグループに入るのもおすすめです。

専門性をもたらした動画をあげる!

さらに、動画再生時間も必然的に伸びるため、より多くの人のおすすめに載るます。

SNS関連誘導の設定方法

TikTokには他のSNSへ飛ばすことが出来る機能があります。

まずTikTokを開き、右下の「マイページ」をタップします。

次に、フォロワー数などが表示されているゾーンの下にある「プロフィールを編集」をタップします。
ここでSNSを連携していきます。

TikTokは記事作成時点でTwitter、YouTube、Instagramと連携することが出来ます。

SNSで実際にどのようなことをしているかを書くと、見に来てくれる確率が高くなります。

1日に3〜5万円だったアプリ収益が「プロモーションで大化け」数百万円を稼げるように。AppLovinが語る「ハイパーカジュアル」の可能性と成功のコツ。

無料アプリの儲けの仕組み
※AppLovin株式会社 坂本達夫さん(写真左)、萬野有生さん(写真右)

AppLovinさんからみて、最近は「どういうアプリ」が上手くいっていますか。

坂本:
最近はグローバルで見たときに、いくつかの条件を満たしたカジュアルゲームが、ビジネス的にうまくいっている事例が多く出てきています。

萬野:
世界では「月に1億円儲かっているカジュアルゲーム」って珍しくない んですよね。ひとつのアプリで5億円くらい稼ぐものもあります。

うまくいっている「カジュアルゲーム」にはどういう特徴があるのでしょう。

坂本:
簡単にいうと、 誰もが楽しめるアプリを、世界をターゲットにつくって、プロモーションでユーザー獲得して広告で収益化する 、という特徴があります。

ハイパーカジュアルをつくるときに「ココをみるべき」という数字はありますか。

坂本:
やっておくと良いのは「アプリの継続率」をチェックすることですね。

継続率の目安は「1週間後で30%」あるとかなり優秀 です。経験上では少なくとも「1週間後で20%」はあると良いかなと感じます。

継続率について、 個人的にバロメーターにしているのは、息子にあそばせてみて「翌日もやるかどうか」を観察してみること です。

広告の収益性を上げるために「気をつけるべきポイント」はありますか?

坂本: 無料アプリの儲けの仕組み
ハイパーカジュアルって、とくに「インタースティシャル広告」との相性が良いんですよ。なので、そこの表示頻度は上げたほうがいいです。

たとえば 「Dune!」というアプリは、広告収益の90%を「インタースティシャル」が稼いでいます。動画リワードは10%しかない んです。


※公開からずっとランキング上位をキープしているアプリ

坂本: 無料アプリの儲けの仕組み
広告の実装については、ある程度「パターン化」されているので、かなり再現はしやすいですね。

インタースティシャルの比率を上げるのと、動画リワードを「リトライ」のところに入れるのは、鉄板なのでやっておいた方がいい と思います。

萬野:
それから、いくつかゲームモードを入れたり、アチーブメントを充実させて「1プレイで何かが得られる設計」にしておくといいですよね。

うまくいっているアプリは「プロモーションのコスト」をどう回収していますか?

坂本:
流れとしては、動画広告から「質の高いユーザー」を獲得して、ランキングの高い位置をキープして、自然流入を含めてコストを回収しています。

萬野:
PuzzledomやBowmastersなどは、 もともと「1日に3〜5万円」の収益だったのですが、プロモーションした結果「1日に数百万円〜1,000万円」まで収益が伸びた んですよ。

それを「小さく試してみたい」という場合、どんな手順で進めれば良いですか?

坂本:
オススメしているのは、まず アメリカなどの国で「1インストール100円、1日数万円の予算」で、どれくらい反応があるのか検証してみる こと。

なるほど。そこの段階で「うまくいかないケース」ってどんなパターンがありますか?

坂本:
ひとつは、スケールがでない。たとえば、 日本っぽい「萌えや乙女ゲー」に寄せたアプリだと、客層が限られてしまってスケールしにくい

萬野:
ちなみに、 日本っぽくても「ドット絵のゲーム」だと、アメリカに濃いファンがいるため、1インストール80円で獲得できたりする こともあります。

ざっくり「どれくらいの予算」があれば良いんですか?

坂本:
動画制作とプロモーションを合わせて、予算が50万〜100万円くらいあると、AppLovinに出稿してポテンシャルが測れるかなと思います。

ちなみに、 プロモーション予算に関しては、動画系アドネットワーク、Facebook広告、Googleのユニバーサルアプリキャンペーンに寄せている ところが多いですね。

新作アプリじゃないと「プロモーション」って成立しないんですか。

坂本:
いえ、新作じゃなくても成立しますね。むしろ「眠っているアプリ」というのも結構ある気がします。

ほかにも、有料だった 「Slash/Dots」というアプリは、無料広告モデルにつくり直してプロモーションしたら、かなり米国での感触がよかった んですよ。

どうして「ハイパーカジュアル」って成立するようになったんですか?

坂本:
ひとつ大きいのは、動画広告が「面」として広がってきたこと。ハイパーカジュアルって静止画の広告だと「どんなゲームか」がわかりにくかった。

萬野:
逆もそうですよね。カジュアルゲームって、動画広告が出てきてから「同じユーザー数」でも、10倍くらい収益があげやすくなった。

数年前に、 Flappy Birdがバナー広告だけで1日500万円を稼いでいたけど、いまの環境でマネタイズしたら、数倍から10倍の収益になるはず です。

AppLovinさんからみて、ほかに「これから来そうなトレンド」って何かありますか。

坂本:
広告フォーマットの話だと、うまくいきはじめているのは「プレイアブル広告」です。これはカジュルゲームとの相性もめちゃくちゃよくて。

おもしろいのは、 プレイアブル広告を経由してインストールしたユーザーは「アプリの継続率が高くなる」という傾向がデータとして出ている こと。

最後にメッセージなどあればお願いします。

坂本:
いま、日本のカジュアルゲームって、作り手のアーティスティックな部分を、前面に押し出していく方向にいっている気がするんです。

僕は 日本のゲームデベロッパーさんがつくるゲームって、クオリティでいうと「世界一のポテンシャル」を持っている なとすごく思っていて。

萬野:
僕はもともと、ソーシャルゲームの会社にいたのですが、ソーシャルゲームだと「1本数億円でつくって、プロモーションに数億円かける」って当たり前なんですよね。

米国で人気の投資アプリ「ロビンフッド」とは?日本でも米国株投資家が急増中

米国で人気の投資アプリ「ロビンフッド」とは?日本でも米国株投資家が急増中

米国の株式取引投資アプリ「ロビンフッド」が手数料無料という画期的なサービスを打ち出し、若年層を中心に利用者数が急増しています。
新型コロナの感染が拡大した春以降に約3ヶ月で約300万人の新規利用者数を獲得、コロナ禍で家にいる時間を利用して投資を始める若者を中心に支持を拡大し、 ユーザー数は1000万人 を超えました。
日本でもコロナ禍でネット証券会社の口座開設数が急増しましたが、アメリカのロビンフッドが注目された理由は「手軽さ」「手数料無料」という型破りなサービスです。 「ロビンフッド」の取引方法はいたってシンプルです。

「コロナショック」により2月末から約1ヶ月でアメリカの株式市場の動向を示す 「S&P500指数」は約35%マイナス となりましたが、8月には元の水準を取り戻しています。 株価回復の背景には「ロビンフッド」の台頭が一因と言われていますが、日本ではネット証券を通じ米国株を購入する投資家が急増しています。

日本でも米国株投資が人気

米国で投資アプリ「ロビンフッド」で気軽に株取引を行う若年層の投資家が急増する中、日本でも若者を中心に米国株が人気を集めています。 無料アプリの儲けの仕組み
ネット証券会社の中には6月に米国株取引数が17倍になったという企業があり、GAFA(Google Apple Facebook Amazon)と呼ばれる米国経済の成長をけん引している4社を中心に米株市場が活況しました。
若年層は生活の中で上記4社に慣れ親しんでいる上に、人気投資ブロガーの情報発信やスマホアプリが米国株対応になった事等で取引者数が増えたと言われています。

日本、アメリカ共に若年層に人気がある米国株ですが、NYダウの平均株価は30年で約10倍と市場も成長を続けています。年間の平均リターンは日経平均が1%であるのに対し9.2%と大きく上回っています。
日本よりも高配当株が多いのも魅力の一つで、例えば日本マクドナルドホールディングスが2001年から17年間増配が無く、2018年に3円増配したのに対し、アメリカのマクドナルドは毎年増配を続けています。医薬品・日用品の大手ジョンソン・エンド・ジョンソンは57年連続増配、日本でも人気の大型スーパーコストコ・ホールディングスは15年連続増配と株主還元意識が高く、長期投資に向いています。
一方で「ロビンフッド」には問題点が、米国株にはリスクが存在します。

投資アプリ「ロビンフッド」の問題点と米国株のリスク

ロビンフッド

2つ目はロビンフッドのシステムにあります。
ロビンフッドは顧客の注文を超高速取引業者(HFT)に回し、HFTから受け取るリベートを収入源としています。手数料を無料にし、取引を大量に行う事でHFTが利ざやを利用して儲ける「裁定取引」を行い、収益の一部がロビンフッドに流れています。
受け渡された注文量が多ければ多いほど、ロビンフッドに流れるリベートも多くなります。ただし高頻度の取引を行うと損失のリスクは高くなり、結果的にユーザーは手数料無料と引き換えに大きな代償を負ってしまっているというカラクリです。
ロビンフッドが顧客の注文をHFTに送っているという情報の開示を怠っていたとして、米証券取引委員会(SEC)の調査を受けました。ロビンフッドは2018年まで仕組みを開示していませんでした。
米国ではロビンフッドを通して健全な取引が出来るか不安視されており、今後の動向が注目されています。

米国株のリスク
日本でも若年層を中心に人気を集める米国株ですが、日本と違い一日の取引値幅に制限が無いというリスクがあります。東京証券取引所では、一日の売買における値動きの幅を価格水準に応じて制限しているため、「ストップ高」や「ストップ安」である程度のリスクは抑えられます。
値幅制限のない米国市場では、不祥事やコロナショック等の悪材料が出ると1日で株価が半値になってしまう事があります。

また、円高・円安により日本円と米ドルを換算する時に生じる為替差益で損をしてしまう、可能性があります。(為替リスク) 時差があるためリアルタイムで市場での値動きに対応しづらいという点もネックです。
上記のようなリスクはありますが、米国株は日本株より高リスクである代わりに高リターンで、スターバックスやアップル、グーグル等私たちの生活に身近な株を大規模な市場で売買できるという魅力があります。 米国株のような値動きの幅が激しい金融商品には、「積立投資」が向いています。
積立投資は毎月決められた金額を購入する「ドルコスト平均法」と呼ばれる手法により、リスクを平準化できます。
ただし、金融商品の価格が下落し続けた場合には損失を被る可能性がありますので、定期的に値動きをチェックしましょう。

米国株市場の動向はどうなる?

NYダウは9月4日にアップル株が8%安となり、一時1000ドル超安とまだ安定しているとは言えない状況です。 米国株は先に書いた通り積立投資がおすすめです。積立投資は一定額を一定期間で購入しますので、リスクが少なく投資初心者の方でも安心して行う事が出来ます。
既に株式投資や不動産投資を行っている方も、資本を分散させるために株式会社クレドで取り扱っている米ドルの積立商品はいかがでしょうか?


\ファイナンシャルプランナーとの無料相談受付中!/

ライフシミュレーションの作成はご好評をいただいております。

\クレドは資産運用セミナーをオンラインでも開催中/

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる